--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01.19

なんとなく幸せ



一年を振り返れば
すごく嬉しいことや
すごく幸せなことは
それなりにあるのですが、

その日一日を振り返った時
すごく嬉しいことや
すごく幸せなことは
そうそうあるものじゃありません。

けれども、

なんとなく嬉しいことや
なんとなく幸せことなら
いくらでも味わうことができます。

例えば、ルンルンルン♪と
好きなメロディーを口づさむだけで
なんだか心がほんわかしてきます。

なんとなく幸せ

最近の私は人と話をする時、
目元を緩ませるように心がけています。

そしたら、相手の表情も
自然と柔らかくなってゆきます。

自分の人生は、自分が幸せになるために
存在しているのです。

だから私たちは、この人生の中で
少しでも幸せになる工夫をした方が良いのです。

なぜかって?
自分がトクするからです。

神様はこの人生を、
私たちが幸せになるために
与えてえて下さったのに、

どうして私たちは、
不幸な方、つらい方、不愉快な方に
意識を向けてしまうのでしょうか?

モノごとをどうとらえるか、
その選択はその人の自由なのに、

どうして、自分が損する選択ばかりを
してしまうのでしょうか?

実に勿体ないことです。
私はこれから、自分がトクする選択を
してゆくクセをつけてゆくつもりです。



トランプゲームならば、
「ババ」を引いたら負けとなりますが、

モノごとの解釈の選択ならば、
何度でも選択し直すことができます。


「ババ」を引いたら、
また選び直せば良いだけ
です。

日々、大小いろんなことが起こりますが、
それらの状況のなかで、
どれだけ楽しい気分で過ごせるか?

それを「幸せの修行」と捉えて
チャレンジすることにしました。

それは無理やりのプラス思考ではありません。
不快な気分に心を支配させないという修行です。



鼻呼吸をして新鮮な空気で吸いこんで
熱くなりそうな脳を冷やしながら

「イヤな感情出て行け!」と、
口からふーと吐き出すクセをつける
のです。

その後で、

「この程度のイヤなこと、大したことない!」
「全然、大丈夫!」「取るに足らないよ」と
言葉に出していうのです。

要するに、不快な感情を
増幅させないことがコツなのです。

感情は思考の中から生まれます。
「大したことない」と解釈すれば、
「大したこと」ではなくなります。


その訓練をし始めました。

本日のブログでは、
幸せな気分になるためのコツを
調べてご紹介しようと思います。


▲https://happylifestyle.com

幸せは、誰かに決めてもらうものではありません。
自分の幸せは、自分で決めるものです。

人生の主役は自分ですから、
幸せの価値観も、自分が決めます。

世界でも、自分しか決められません。
答えは、自分の中にあります。

周りから「つまらない」と言われても、
自分は「楽しい」と感じるかもしれません。

周りから「不幸に見える」と言われても、
本人が喜んでいるのなら、

誰かが幸せだと思うことを、
追い求めるのではありません。

自分が幸せだと思うことを、
追い求めましょう。

自分にとって、
心が満ち足りる瞬間を探すのです。

どんなことに、
楽しみや喜びを感じるのかです。

それが見つかったら、深めましょう。
どんどん深めるほどに幸せになれます。

自分が幸せだと思うのなら、
間違いなく、幸せになれます。


▲https://happylifestyle.com

この世に、悩みのない人なんていません。
「私に悩みなんてありません」
という人がいれば、嘘つきです。

もし本当に悩みのない人がいれば、
すでに死んでいます。
死後の世界は、悩みのない世界です。

生きているかぎり、すべての人に
何らかの悩みがあります。

世界一の大金持ちでも、何かに苦悩しています。
「悩みがあるから不幸」と思うのは、思い違いです。

悩みがあるから、幸せです。
悩みとは、幸せのタネです。
タネがあるから、芽が出て育ち、収穫が得られます。

苦しいかもしれませんが、
乗り越えると大きな幸せが育ちます。
その後、大きなことが得られるのです。

悩みがあるから、進化や成長ができます。
苦しいと思うから、苦しくなります。
楽しいと思えば、楽しくなります。

今、どんな悩みを抱えていますか。
悩みを楽しんでみましょう。

悩みに囲まれているあなたは、
今、幸せ者です。

悩みを乗り越えたとき、
新しい自分に出会えるからです。
それは成長して、強くなった自分です。

成長していく自分を想像しながら
悩みを乗り越えていけば、
生きているのが楽しくなります。

人生は、悩んでは乗り越える繰り返しです。
常に悩むということは、
死ぬまで成長できるということです。

だから、人生は素晴らしいのです。


happylifestyle.com/12318

「今日も平凡な1日だったな」と、
ときどき、ため息をつきながら、
そんなことを考えていませんか?

大きな変化も刺激もなく、
無駄な1日のように感じますが、
それは大きな間違いです。

平凡な一日と言いますが、
実は奇跡の一日だったのです。

交通事故に遭わずに済みました。
仕事で大失敗せずに済みました。
突然の下痢に襲われずに済みました。
置き引きやスリに遭わずに済みました。
鳩に糞を落とされずに済みました。
人と喧嘩をせずに済みました。
大切な家族や友人を失わずに済みました。
家が火事にならずに済みました。


まだまだたくさんあります。
書いていると、1冊の本ができそうです。

平凡な一日と言いますが、
「あらゆる災いをすべて避けることができた一日」
言い換えることができるのです。本当にそうです。

だから、奇跡の1日です。
災いがなかった幸せを、素直に喜ぶことです。

だから、今日は幸せなのです。


▲https://happylifestyle.com

「人生は楽が一番」という人がいます。
たしかに、楽な人生を送ることができれば、
快適な毎日を過ごすことができるでしょう。

悩みがなく、仕事もしなくていい楽な人生は、
理想的であるように思えます。

しかし、なんでも楽を求めようとする姿勢は、
よくありません。

本当に楽な人生になると、一日中、
ぼうっとして過ごすことになります。

ぼうっと生きている楽な人生は、
理想的な人生ではありません。

生きている実感が湧かないからです。

生きている実感がなければ、
生きていても、死んでいるようなものです。

楽をして生きるのではありません。
本当に理想的な人生は、有意義に生きることです。

価値のある時間を送り、
自分の人生に重みを作ることが大切です。

苦しくてもいいのです。

苦しくても、自分の夢につながる努力であれば、
乗り越えたときに達成感が得られます。

悩みがあってもいいのです。

悩んでも、自分のやりたいことに
関係していれば、楽しく悩めます。

仕事が大変でもいいのです。

自分の仕事によって、誰かが助かり
「ありがとう」と感謝される仕事は気持ちいいです。

苦しんだり悩んだり大変だったりしても、
有意義であれば、生きている実感が得られます。

生きている実感があってこそ人生です。


▲https://happylifestyle.com

最高の出会いとは、
居心地のいい状況にはありません。

居心地のいい状況とは、
何も問題のない状況です。
すでに満足しています。

満足しているときに出会う人とは、
求め合う意識が小さくなります。

もちろん仲良くなれますが、
最高の出会いにはなりにくいです。

「どうしてもいてくれないと困る」
という状況ではないからです。

最高の出会いとは、
最悪の状況で出会えるものです。

命が関わるような最悪の状況では、
誰かを必死に求めます。

たとえば、災難です。

災難が襲ってきたときは、
お互いが苦労します。

そんなときに、
お互いが協力し合うことで絆が結ばれます。
絆は、いきなりできるものではありません。
絆を作るためには、災難が必要です。

最悪の状況ほど、助け合えば、
強い絆を結ぶきっかけになります。
お互いが、人生の恩人になるのです。

命を救ってくれた人は、
命の恩人です。

大きなトラブルから
救ってくれた人は人生の恩人です。

最高の出会いとは、
最悪の場所で出会えるものです。

運命の出会いは、
運命が左右しているときに、出会えるものです。
困難に直面しているときに、目の前に現れます。

今が最悪の状況だと思うのなら、
最高の出会いをしやすいチャンスなのです。


▲https://happylifestyle.com

横断歩道を渡るときには、
まず左右の確認です。



右側だけ確認では、不十分です。
左側から車が来ているかもしれません。

左側だけ確認でも、不十分です。
右側から車が来ているかもしれません。

一方向では不十分です。

左右を確認して、初めて
横断歩道を安全に渡ることができます。

これは、人生でも同じです。

何かを決断して、前に進むときには、
左右をよく確認しましょう。
人生では、2面性が大切です。

自分のことばかりではなく、
相手のことも考えます。

メリットばかり見るのではなく、
デメリットも見ます。

問題がないことを確かめてから、
前に進みましょう。

左右をよく見ることで初めて
人生を安全に渡ることができるのです。


▲https://happylifestyle.com

恥をかくのは、恥ではありません。

自分の欠点や過失などに気づいて、
恥をかくことは誰にでもあるものです。



恥をかいても
「すみません。間違えました」
「うっかりしていました」と言えば、
許してもらえます。

過ちを素直に認めると、
許してくれるものです。

完璧な人はいません。

恥をかいた人を見たとき、
相手にも心当たりがあるため
「まあ、そういうこともあるよね」と
寛大になれます。

自分にも同じ経験があると、
良心が痛み、あまり強く言えません。

少し笑われるかもしれませんが、
すぐ笑いが止まります。

自分が思うほど、恥は恥にはなりません。

見方を変えれば
「勉強になった」「いい経験になった」とも言えます。

本当の恥は、恥を隠すことです。

ごまかしたり、曖昧にしたりして隠そうとすると、
かっこ悪い姿に見えます。

恥を隠そうとするのは、見れば分かります。
不自然な言葉や態度は、すぐ表に出るものです。
よく知らないので、物事の進め方が不自然です。

自分ではスムーズにやっているつもりが、
たどたどしく映るのは、滑稽です。

知らないのを恥だと思い、
知ったかぶりして使い方を間違えるほうが、
一番かっこ悪いです。

恥は、隠すより見せたほうが、楽なのです。


▲https://happylifestyle.com

日常では、イライラする出来事があります。

思い通りにならないことがあると、
怒りがこみ上げてきますね。

つい、怒鳴りつけてしまいそうになります。
人や物に、八つ当たりするのはよくありません。

イライラする出来事が突然起こったのは、
理由があります。

人生からの抜き打ちテストなのです。
人生は、抜き打ちテストが大好きです。

きちんとあなたが人として
成長できているかを確かめるため、
予告なしにテストをします。

それが「イライラする出来事」です。

あなたが、どれだけ人生に
真面目でひたむきであるかを確かめています。

さあ、人生から抜き打ちテストが始まれば、
次はあなたの出番です。

人生の困難を、乗り越えてやりましょう。

喧嘩をすれば、仲直りします。
問題があれば、解決策を探ります。

イライラせずに平常心を保っていれば、
きっとうまく乗り越えられます。


▲https://happylifestyle.com

最近起こった出来事を思い出しましょう。

朝食を食べたこと、
友達と話をしたこと。

平凡な日常ばかりではありません。
悪い出来事もあるでしょう。

仕事でミスをしたり、
友人と口論をしたりなどです。

人生のあらゆる出来事は
「人生からのプレゼント」と言い換えられます。

出来事が発生したというより、
与えられました。

無料で、素晴らしいプレゼントを
いただいています。

悲しいことや苦しいことは、
悪いプレゼントに思えますが、そうではありません。

仕事でミスがあれば、改善しましょう。
成功のタネというプレゼントに変わります。

友人と口論すれば、仲直りしましょう。
以前より深い絆に変わります。

悪い出来事に思えるのは、
プレゼントの包装紙が少し汚れているだけです。

包装紙を剥がせば、
箱の中から素晴らしいプレゼントが現れます。

どんな出来事も、乗り越えれば、
素晴らしい未来に変わります。

そういう意味で、
悲しいことや苦しいこともプレゼントです。

すべての出来事は、人生からのプレゼントと思い、
ありがたく楽しみましょう。

体験しているのではなく、
体験させてもらっています。

「ありがたい」という気持ちがあれば、
平凡な日常でも、明るい気持ちで生きられます。


▲https://happylifestyle.com

「人生はつまらない」という人がいます。

お金がなかったり、
育ちの環境が悪かったりすると、
自然とそう思えてきます。

「生きる希望がない」
「生きている意味がない」
「死んだほうがましだ」と嘆き、
考え方がネガティブになります。

しかし、いけないのは人生ではありません。
人生は、悪くありません。
悪いのは、本人の考え方です。

人生を楽しんでいるかどうかは、
気持ちの問題です。

つまらないと思えば、
本当に人生がつまらなくなります。

つまらないと思うから、
短所やデメリットばかりに目が向けられます。

何事においても、悪い点だけ見ようとするため、
本当につまらなくなってしまうのです。

しかし、楽しいと思えば、
楽しいと思えてきます。

楽しいと思うと、
物事の長所やメリットに目を向けるようになり、
本当に楽しめるようになります。

どんなことにも、楽しめる点はあります。

たとえば、お金がない状態でも
「楽しもう」と思ってみましょう。

「金銭感覚が身につくなあ」
「今がどん底なら、これから上がる一方だ」と
思えてきます。

ジグソーパズルに興味がなくても
「楽しもう」と思ってみましょう。

「指の体操になるなあ」
「頭の運動になるなあ」
「わくわくする時間が過ごせるなあ」

思えてきます。

見方が変わることで、
長所やメリットが見えてきますね。

「楽しもう」と思うことで、
楽しみを見いだすセンサーが敏感になります。

何事においても、
楽しもうと思えば、楽しめてきます。

「人生はつまらない」と思うと、
本当に人生がつまらなくなります。

「人生を楽しもう」と思うと、
本当に人生が楽しくなります。


それだけのことです。

人生は悪くありません。
自分が、どう思うかなのです。

つまらない人生になるのは
「つまらない」という口癖のせいです。


心がときめくようなことがないと
「面白くないな」と感じて当然です。

つまらない人生になるのは、
何が悪いのでしょうか。

「自分の育ちや環境などが悪いのではないか」
と思う人もいるでしょう。

人生に悪い問題があるからでしょうか。
いいえ、人生に問題があるのではありません。

自分に原因があるのです。

本当の原因は、
自分が口にする「つまらない」という口癖です。

「つまらない人生だ」と言うと、
つまらないことに意識が向くようになります。


その結果、

つまらないことばかりが見つかり、
人生もつまらなく感じるようになるのです。


つまらない考え、
冗談、話題などがより強調されます。

意識を、別のことに向けましょう。

嘘でもいいから
「楽しい人生」と言ってみるのです。

最初はまったく楽しい気分には、
なれませんが、諦めずに
「楽しい人生」と何度も言い続けましょう。

「くだらない」と思うかもしれませんが、
その考えこそ、つまらない人生を作る原因です。

心が変わらなければ、現実も変わりません。

言葉でも心の中でも言い続けると、
そのうち、楽しいことに意識が向くようになります。

時間はかかりますが、確実に意識は変わります。
その結果、人生が本当に楽しくなってくるのです。


▲https://happylifestyle.com

歩いているとき、
道端に目を向けてみましょう。
道端の草花に、目を向けます。

どんなに都会でも、道端を探せば、
1つや2つの草花があります。

アスファルトで埋め尽くされた道端でも、
草花は必ずあります。

よく見てみると、アスファルトの
ひび割れた隙間から、こっそり咲いているのです。

小さな草花でもいいですから、目を向けましょう。
草花を見て、癒されるのです。

疲れが取れない毎日は、
癒されるものを見落としているだけです。



通勤通学の途中にある草花は、
あなたのサポーターです。

あなたを癒すために、
今日も頑張って咲いています。

草花に感謝です。

きちんと目を向けて、癒されましょう。
色鮮やかな草花をよく見るほど、疲れが取れます。

生き生きした草花の様子を見ているうちに
「自分も頑張ろう!」という元気が出てきます。



たっぷり見るほど、草花も喜びます。
見られると気持ちいいのは、草花も同じです。

見られる期待に応えるように、
草花はどんどん大きくなるでしょう。

草花も人も、お互い元気になれるのです。


▲https://happylifestyle.com/3917

落ち込んだときには、歌ってみましょう。
一人カラオケもたまには良いものです。

思うがままに歌うことは
精神的な健康にとても有効です。

大きな声で歌っているうちに、
元気になったという不思議な経験はありませんか。

歌うことは声を出すこと。

声を出すことは、
心のごみを吐き出すことだからです。

落ち込んでいるときには、
愚痴や不満、たまったストレス、不安が
たくさん心に詰まっている状態です。

たくさんのごみがたまっているから、
心は重くなり、落ち込みます。

もちろんそんな心のごみを
簡単に出せればいいのですが、

友人にストレスをぶつけるのは、
おすすめできる方法ではありません。

では、どうすればいいのかというと歌うのです。
歌を歌うことは、誰にでもできる簡単な吐き出し方です。

わざわざカラオケ店に行く必要はありません。
日常の中でも歌は歌えます。

それは「ハミング」です。

歌詞やメロディーに乗せて、
不安、不満、ストレスを
歌いながら吐き出します。

歌えば、声を出すことになりますから、
心のごみも自然と吐き出せてしまいます。

たまったストレスがある分、歌にも気持ちが入り、
うまく歌えてしまうという不思議さ。

歌うことは、健康的なストレス発散法なのです。

ルンルンルン♪
ランランラン♪

歩きながらハミング♪
お掃除しながらハミング♪
お風呂の中でもハミング♪

ケンカの後でもハミング♪





遠い記憶の中で、私の母は家事をする時、
いつも楽しそうにハミングをしている。

ハミングすると楽しくなるのよ♪やってごらん。



ハミング (humming)

①口を閉じた状態で、声を鼻から抜くようにして
 メロディーを歌うこと。
②気分の良い時に、小声で歌う鼻歌。



ハミングは良いことだらけ!
http://matome.naver.jp/odai/2139996614513273801

①身体の中からのマッサージ効果

ハミングをする時の振動によって、
体中の内臓や筋肉がほどよく刺激され、
副交感神経が活発になるそうです。

②ドーパミン(快楽ホルモン)が出る

口を閉じて声を出すことで、
腹式呼吸をした深呼吸の状態になり、

さらに好きな歌を歌うことで
ドーパミン(快楽ホルモン)が
出やすい状態になるそうです。

③効率の良い鼻呼吸ができる

ハミングは、口を閉じて
鼻から声を出すため鼻呼吸の習慣がつき、
いびきや睡眠時無呼吸症候群の予防改善に
つながるそうです。

④リラックス効果がある

ハミングは、鼻から息を吐くので
呼吸を促します。そしてたまに大きく深呼吸。
呼吸は自律神経とも連動しているので、

しっかり行うと、感情もコントロールしやすくなり
心にも良いそうです。



■ハミングはボケ防止にもなる

しゃべる、歌う、音読する…
声をだす行為はいろいろありますが、
頭蓋骨を一番振動させるのは、
口を閉じておこなうハミングなのです。

実際に、頭に手を当てながら
口を閉じてハミングしてみて下さい。
わずかに頭蓋骨が振動しているのが分かりますから。

ハミングは、脳の活性化にも役立ちます。
ハミングにより声帯を振動させながら
音を出すことで、骨伝導で脳内に振動が伝わり、
脳血流が増加するからです。

ボケ防止の一環としても習慣にしましょう!



自分の機嫌は自分でとりましょう!
手っ取り早く自分の機嫌を良くするには
陽気なメロディーのハミングが一番です。

機嫌が良いからハミングするのではないのです。
ハミングするから機嫌良くなるのです。

試しに、楽しくハミングしながら、
不快なことを思い出してみてください。
あまり不快になれませんから。

思考は、不快と快適を
同時に処理することは出来ないのです。

だから、不快な時は陽気なハミングが一番!
手っ取り早く「ごきげんちゃん」になれます。



気分が凹んだ時こそハミングするクセをつければ、
いつか自分が老いさらばえて寝たっきりになっても、
途方に暮れて自分を見失わずに済みます。
施設のベットの上で、自分の機嫌をとることができます。

自分の機嫌が良くなれば、
相手を気分よくさせる心のゆとりが生まれます。
 
ごきげんハミング♪


自分の下の世話をしてくれた人に
ああ、お陰さまで気持ちが良いよ♪

自分の車椅子を押してくれる人に
ああ、今日もあんたは"べっぴんさん"だね♪



-------------------------
小林正観さんの言葉
-------------------------
人を見る目の優しさ
出てくる言葉の温かさ
周りをなごませる笑顔のやわらかさ

-------------------------

寝たっきりになっても、機嫌のよい自分の口から、
相手が「ふふっ」と微笑む一言が、
笑顔でふんわり出るように、

そして、さらにいつか自分がボケ果てた時に、
403号室のあのボケじいさんは、
いつも鼻歌まじりで機嫌がいいね!」と
施設のスタッフさんからホメてもらえるように、

ごきげんハミング♪

今のうちから、習慣づけしておきたい。


▲https://happylifestyle.com

うまくいっているときは、
誰でも機嫌がよくなります。

誰でも、ニコニコしているものです。

うまくいっているときは、
人の言動に、あまり差が出ません。

差が出るのは、
苦境に立たされたときです。

余裕がなくなったとき、
人の本当の部分が、表に出てきます。

苦しい状態になると、
ストレスが急に増えます。

ある人は、

苦境に立たされたことに腹を立て、
自暴自棄になるでしょう。

イライラして、乱れた発言や
乱暴な行動に出ようとします。

しかし、そういう人ばかりとは限りません。

苦境に立たされたときこそ前に出て、
問題解決に励む人もいます。

「余裕のないときこそ落ち着きが大切だ」と思い、
冷静さを保ちながら心を引き締めて、
物事に当たろうとします。

自分は、どちらの人間であるかです。

苦境に立たされているときこそ、
自分の真価が問われるときです。

焦るのではなく、冷静になりましょう。

イライラするのではなく、にっこりしましょう。
暗いことより、明るいことを考えましょう。

苦境は、人生の分岐点です。

苦しいときの発言や行動によって、
これからが決まります。

苦境に立たされたときこそが
「頑張りどころ」です。

自分が、どう考えて行動するかです。

覚悟を決める!

迷っているときは、
立ち振る舞いが乱れます。

「やったほうがいいかもしれない」
「でも、やめたほうがいいかもしれない」

欲望や執着などの煩悩が思い浮かび、
決断ができない状態です。

曖昧な考えでは、はっきりした行動ができません。

はっきり考えが定まっていないと、
立ち振る舞いも曖昧になるのです。

どうすれば、立ち振る舞いが美しくなるのか。
覚悟を決めることです。

迷っていることをはっきりさせて
「この方向で進むぞ」という覚悟を決めます。

これだけで、人は変わります。

方向性が定まると同時に、
堂々とした立ち振る舞いになります。

やるべき方向性が分かるため、
態度もはっきりします。

美しい人には、覚悟があります。
たしかに覚悟を決めるのは、大変です。

しかし、それだけの価値はあります。
今、迷っていることはありますか。

今の自分が乱れているのは、
覚悟がないからではありませんか。

くよくよしている時こそ、
覚悟を決めましょう。


欲望や執着などを考える自分に
「はっきりしろ!」と問いただし、
ムチを打つことが大切です。

立ち振る舞いが美しくなるだけでなく、
新しい道も開けるのです。


▲https://happylifestyle.com

誰でも一度はやったことのある「じゃんけん」。

じゃんけんは、もともと
中国から伝わったものとされています。

じゃんけんは、完全に運だけが頼りです。
生まれや育ちは、関係ありません。

じゃんけんをすると、必ず、
次の3パターンの結果が分かります。

勝つか、負けるか、引き分けるかです。

実際にやってみないと、
結果が分からないのです。
人生も、いわば、じゃんけんです。

挑戦すると、3パターンの結果が返ってきます。
勝つか、負けるか、引き分けるかです。

人生では、実際にやってみないと
分からないことがあります。

うまくいくかもしれませんし、
うまくいかないかもしれませんし、
引き分けるかもしれません。

もしうまくいかなければ、
どうすればいいでしょうか。

もう一度、じゃんけんすればいいのです。
うまくいくまで、何度もじゃんけんです。

じゃんけん、
じゃんけん、
またじゃんけんです。

何度かやっていると、
たまたま勝てるときがあります。
それで、前に進めばいいだけです。

一発で決める必要なんてありません。

上手く行くまで
何回でもやり直せばよいだけです。

上手くいくまで諦めない!
その覚悟さえあれば、いつかはきっと
なんとかなります!

間違いなく!


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/398-2d68ab6e
トラックバック
コメント
日々、大小いろんなことが起こりますが、
それらの状況のなかで、
どれだけ楽しい気分で過ごせるか?

それを「幸せの修行」と捉えて
チャレンジすることにしました。

それは無理やりのプラス思考ではありません。
不快な気分に心を支配させないという修行です


ブタローさんの考え素晴らしいと思います。

考え方ひとつで嫌な気分からいい気分になれますよね。

私も、毎日をどれだけ自分がいい気分で過ごせるかを気を付けて生活しています。

毎日、歩きながらルンルン♪ランラン♪とハミングしながらウォーキングしています。それでも、嫌な気分になりますが、習慣づけでいい気分になるのに時間がかからないようになっています。

毎日ハミングウォーキング楽しみます。
伊藤 さやかdot 2016.01.19 10:24 | 編集
私も誰も周りにいない墓の道を下るときかなり歌ったりしながら降りていきますよ。
そんなときの脳はほかの悪いことは思い浮かびませんからね。伊藤さんのコメントうれしいですね。

この記事もうんうんと思いながら読み進みました。ではまた。
ローズコーンdot 2016.01.21 18:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。