昨日のブログでは、斉藤ひとりさんの
「苦しい時に心を救うお守り言葉」をご紹介しました。

私は今、一人起業をやっていますが、
なかなか、なかなか、なかなか、なかなか
思うようには行きません。

「こうやれば、こうなるだろう」という思惑が
ほとんどまったく通じない。

それはなぜかというと
「こうなるだろう」と思うのは

自分の都合だからです。
お客様の都合ではないのです。

起業して3ヶ月目、のたうちまくって、
やっと、そのことに気づきました。

バカですね。

61年も人間やっているのに
そんな初歩的なことすら、わかっていないままに
起業しちゃったのですから(苦笑)

毎日が苦しくて苦しくて…、

だから、昨日のブログで
「苦しい時に心を救うお守り言葉」を紹介しました。

実は自分に紹介したのです。

それで本日、朝から夕方まで、この言葉を
たぶん300回ぐらい唱えたと思います。



それでどうなったか?

効き目がありました。
このお守り言葉は本物です!

苦しいときほど、ご利益があります。

だけど、但し書きが2つあります。

1)「これで自分も助かるかも!」
確信を持てるまで何100回も唱えること。


2)「こうしたら良いよ」と言うご示唆が
ふっと浮かぶまで、かなり時間差があること。


この2点は、本日の体験から分かったことです。

「苦しい」「つらい」「もうダメだ…」
こうした状況に置かれた人間は、
マイナスの波動を発していますから、

引き寄せる出来事も、自分にとって
さらに都合の悪いことばかりです。

それで、

「なんだ、このお守り言葉は効かないじゃん」と
やめてはイケマセン。

天之御中主神様や内神様のお力を信じて
「うむ、これで自分も救われるかも!」

苦しい状況が解消されたときに
「ああ、有難い。ああ、うれしいなぁ!」という

晴れやかな気分を前倒しでこみ上げてくるまで
100回でも200回でも唱え続ける必要があります。



天之御中主神様
(アメノミナカヌシサマ)

お助けいただきまして、
ありがとうございます。




このフレーズを唱えるのに、10秒もかかりません。
あなたが本当に苦しいときに、ひとけのない場所で、

上述した解消イメージを思い描けるまで
繰り返し唱え続ける必要があります。

「溺れる者は藁をも掴む」

これは、人が困窮して万策尽きたとき
まったく頼りにならないものにまで
必死にすがろうとするという心情を表したことわざです。

そんな状況に陥ったときは、
その人が発する波動(周波数)が低くなっているために、

超波動が高い神様にまでその想いが届くまで
時間がかかるからではないでしょうか。


苦しい時は波動が落ちているので
ご示唆が来るまでにタイムラグがある


ですから、苦しいとき時にこそ、
「これで自分も助かるかも!」という気になるまで

ウキウキした気分が沸いてくるまで
何100回もこの言葉を唱え続けると良いと思います。



天之御中主神様
(アメノミナカヌシサマ)

お助けいただきまして、
ありがとうございます。



その結果、どんな解決策を授かるのか

天之御中主神様のご示唆には、
「内示」と「外示」があります。

「内示」とは、ふっとそう思う
「ひらめき」のことですが、

「外示」とは、接する人の何気ない言葉や
立ち寄った書店で目にした本のタイトルなど
「ひらめき」以外で授かるヒントのことです。

本日、私の場合は「外示」でした。

愛する奥さんとの何気ない会話の中で
彼女が言ったセリフの中にそれはありました。

まさに「ピン!」と来るセリフです。
そのセリフで心の中のモヤが晴れてゆく思いがしました。

もちろん、奥さんはそんなことは知りません。
なにげなく普通に言ったセリフに過ぎません。

だけど、解決策が見えない者にとっては、
その一言があけられないドアを開くカギとなって
パッと視界が開ける感じになります。

だから、苦しい時ほど
天之御中主神様や内神様のお働き(ご手配)を信じて
何度も何度も、このお守り言葉を唱え続ける価値はあります。

精一杯やっても、打つ手が見えないときは
自分の手に負えない状況なのですから、
素直に神様におすがりしてみるもの良いかもです。

私はこのお守り言葉は本物だと確信しています。

それを教えてくれた斉藤一人さんに感謝して
本日は、別の動画話を紹介します。

興味がある方は、お聞きになってみてください。



スポンサーサイト
 
ご存知の方もおられるかと思いますが、
私は昨夜、彼女の歌声を初めて聴きました。



素人の歌唱コンクールに登場した彼女の名前は
『スーザン・ボイル』

47歳の見てくれの悪い太ったおばちゃんです。

観客の失笑の中で、彼女が歌い始めると…

私は、うかつにも感極まって泣いてしまいました。

    ↓↓↓
    
スーザン・ボイル 〜夢をつかんだ奇跡の歌声〜
https://www.youtube.com/watch?v=RfzAAATAyCA

涙腺の弱い方はボロ泣きするかも!

※スピーカーON、またはイヤフォンでお聴き下さい.











今年もご愛読 有難うなっしー!
良いお年をお迎え下さいませ。




最近、気分が良い時に
気がつくと「私の青空」という歌を
口ずさんでいます。

この歌、ご存知でしょうか?

1928年頃に流行った歌ということですが、
エノケンさんと言えば、思い出す方もおられると思います。



正確には、1928年(昭和3年)に
堀内敬三の歌詞を浅草オペラの二村定一さんが歌って
紹介されました。

二村定一さんは、浅草オペラのコーラスボーイだった
エノケンこと、榎本健一とともに、
軽演劇団「カジノ・フォーリー」を作った人です。

二村定一さんが明るく歌う「私の青空」は、
日本人の庶民感覚とマッチして、
当時、多くの方に愛された歌のひとつです。

歌詞は次の通り。

--------------------------------

夕暮れに仰ぎ見る 輝く青空
日暮れて辿(たど)るは わが家の細道
 
せまいながらも 楽しい我が家
愛の灯影(ほかげ)の さすところ
恋しい家こそ 私の青空

------------------------------------------

You-Tubeより
映画うた魂♪ 私の青空  
      ↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=EK4Jw_DBm_E

私の最近の贅沢は、『深い眠り』です。



以前もブログで書きましたが、
私はとにかく寝付きが悪くて、長い間の悩みの種でした。

ウトウトとしても、サッと意識が戻るというか
なかなか眠り込めない繰り返し。

それでイラッと来たら、もう最悪!
意識がシャキッとして、1~2時間は眠れなくなります。



寝付きに良いとされる
ストレッチや丹田腹式呼吸も試しましたが、
私には、あまり効果がありません。

医学的に見ると、うまく寝つくためには、

就寝前に体をリラックスさせ、交感神経の働きを鎮めて
副交感神経へシフトしてゆくと、自然に眠り込めるようですが、

このようなことがうまくいかないために
寝付きの悪さにつながるようです。

その原因は、多くの場合ストレス。

ストレスがあるために
体をリラックスさせることができず、

その結果、交感神経の働きを抑えることが
できなくなるそうです。

ここでいうストレスというのは、
具体的には以下のようなものです。

・仕事や勉強から頭を切り換えられない。
・不安や悩み事で頭がいっぱい。
・翌日の仕事のことが気になる。
・何かに対して怒っている。イライラしている。
・すごく興奮している。  等々...

私の場合、生死にかかわるような大きな悩みはないのですが、
つい、いろんなことが気になって寝付けないのです。

そこで、お医者さんに相談しました。
お医者さんいわく、

「睡眠誘導剤を試してみませんか」
「もちろん、副作用が出ないことが前提ですが、
 毎日寝不足で体に負担をかけるよりはマシといえるのです」

そう言われれば、なるほどとも思います。
不眠で苦しむ者には、眠れることが最重要です。

睡眠薬による睡眠を否定する前に
試してみようという気になりました。

病院でもらったのは「マイスリー」



早速、その日の夜に服用してみたところ、
とてもリラックスして気持ち良く眠れたのです。

本来の睡眠を促進してくれるような感覚です。
即効性を求められる睡眠導入剤として最適です。

久しぶりにぐっすり眠れました。
今では、夜寝るのが楽しみにさえなりました。

ネットで調べると、「マイスリー」は、
比較的短期間(2週~6週程度)の不眠症に処方されるそう。

※但し、統合失調症及び躁うつ病に伴う不眠症には処方されません。
マイスリーの適応する不眠症は、神経症等の不安等による入眠困難等です。

ある種の不眠、例えば、早朝覚醒、夜中に何度も目が覚める等には、
処方されません。 これらの種類の不眠は、ベンゾジアゼピン系等の、
中間作用型薬が処方されます。(例:フルニトラゼパム)
 


※不眠に悩む方は、いきなり市販の睡眠誘導剤ではなく、
 まずはお医者さんに相談してから、お試しなさると良いと思います。

| ホーム |


 ホーム  »次のページ