スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふり返ればお陰さま!イヤな思い出を浄化する思考法

2011/11/26更新
「おかげさまで」は
幸せを招くキーワード!


日本には、世界に自慢できる言葉があります。
それは「おかげさまで」という言葉。

<"おかげさまで"の由来>

私たちは普段、
「おかげさまで」という言葉を何気なく使っていますが、
漢字に直すと、「お陰様で」となります。

実はこの言葉、実はものすごい
開運キーワードなのです。

これからは意識して使いましょう!

「お陰さまで」の語源・由来を調べてみると、

他人から受ける利益や恩恵を意味する「お陰」に
「さま」をつけて丁寧にした言葉とか。

古くから「陰」は、神仏などの偉大なものの陰で、
その庇護を受ける意味として使われてきました。

考えてみれば、
私たち人間は一人では生きては行けません。

親が産んでくれたから
この世に生まれて来れた訳ですし、

食べ物を与えてもらえたから
大きく育っても来れたのです。

さらに、さまざまな人達の支えがあって
社会生活が出来ています。

「お陰さまで」という言葉は、

いろんな方の助けがあったからこそ、
自分は今日まで生きて来れたと気づくことで、

心の底から湧き出てくる謙虚と
感謝の気持ちを表す言葉です。

私が最近ハマっている「引き寄せの法則」からも、
普段から、どんな言葉を意識して
使っているかがとても大切です。

なにせ、言葉は言霊(ことだま)とも
いわれているぐらいですから、

運・不運を引き寄せるパワーが
ハンパなく強いのです。


ヒューマンウェア研究所の
清水英雄さんという方が書いた

「ありがとう戦略」という著書には、
とても良いことが書いてあるので、ご紹介します。


言葉には、「明元素(めいげんそ)言葉」と
暗病反(あんびょうたん)言葉」という
2通りの言葉があるそうです。

明元素」とは、明るく元氣で素直で素敵という意味で、
「暗病反」とは、暗くて病的で反抗的という意味だそうです。

▲http://blogs.yahoo.co.jp

明元素言葉」を使っていると、
物事や状況に対する感謝の氣持ちが湧いてきます。

また、感謝の氣持ちを抱いていると、
「明元素言葉」が自然と口をついて出てくるようになります。

やはり、基本にあるのは
「ありがとう」の感謝の気持ちなのですね。

長びくこの不況で社会全体に何となく暗い雰囲気が蔓延し、
みんなが下を向いて湿っぽい気分で過ごしている毎日。

坂本九さんの「上を向いて歩こう♪」のように、
意識して「明元素言葉」を使って元気よく生きてゆきましょう。

清水英雄さんのサイト「ありがとうからのコミュニティ」を
覗いて元気をもらって下さい。


「引き寄せの法則」からすれば、
あなたの運気を上げるためには、

「明元素言葉」を意識的に使ってゆくのと同時に、
明るい表情=「笑顔」も大切です。

「楽しくもないのに、笑顔がつくれるか!」
という人もいるでしょうが、

「引き寄せの法則」では、まず形が大切なのです。

ものごとを引き寄せているのは、潜在意識の方ですから、

あなたの今の気分=顕在意識が、「別に楽しくない」状態でも、
鏡に映った自分や向かうあった人たちに、
ニコニコと明るい表情を心がけていると、

潜在意識が、「あれ?なんか楽しいのかな?」と、
もっと楽しいことを引き寄せ始めます。

しあわせだから感謝するのではない。
感謝をしているからしあわせなのだ。

と、なにかで読んでことがあります。

これは、「引き寄せの法則」に通じる秘訣です。
別に、ニコニコして損する訳ではなし、
疑わず試してみましょう!

「何も良いことが起こらない」ということ自体が、
悪いことが起こらなかったという意味で
ラッキーなのです。

良いこと=お金を拾う!出世する!など、

努力なしに儲かることばかりに
限定して判断していると、
あまり良いことは起こらないかもしれませんよ。

ご主人や子供たちが、交通事故にあわないで、
いつも通りに帰ってきたのも良いことだし、

実家から、元気なおばあちゃんが
電話をかけてきたのも、お陰さまなのです。

もっといえば、

今朝いつも通りに目が覚めたこと自体が、
とても有難い!ことだと思いませんか?

目覚めない人だって、現にいる訳ですから・・・

<笑顔が引き寄せる効用>


笑顔は、コミュニケーションの技術です。

笑顔は、水と同じぐらい大切な人間関係の潤滑油。
今なくてはならないと、誰もが気付きはじめているようです。

笑顔を通して、いろんな良いことがつながってきます。
笑いが嫌いな人はいません。

しかし、自分の心を開いて
笑顔を投げかける人は少ないです。
笑顔は大きなチカラをもっています。

例えば

・ 友だち関係がうまくいく
・ 営業成績が上がる
・ 心も身体も健康になる
・ 就職に有利になる
・ 人生が前向きになる などなど。

しかし、笑顔が大切だとわかっていても、
なかなかできないのも事実。

笑顔づくりは技術です。

技術ですから、誰でも訓練しだいで容易につくれます。

パソコンの前に、小さな手鏡を置いて、
練習を積むのも良いかもです。

自分の笑顔が好きになります。

なにより、ウチの中で
お母さん(またはお父さん)であるあなたが、
ニコニコしているだけで、子どもたちが安心します。

家庭自体が1000ワットほど
明るくなることは間違いありません。

鏡の前で、「はい、チーズ!」で
にっこり!が合言葉です。

ふり返ればお陰さま!
いやな思い出も浄化する思考法


40年~50年と生きていると、
思い返すと気分が暗くなるような

イヤな思い出のひとつやふたつ、
誰にでもあると思います。

たとえば、

・好きで好きで、
やっとプロポーズしたのに断りやがったアイツ!

・自分にばかり、キツイ仕事を回してくるあの上司!

・リストラされて、再就職先で苦労したこと!

イヤな思い出は、こんなモンではないでしょう。

人によっては、 10も20も
あげ連ねる人だっていると思います。

しかし、その時はイヤな奴でも、
つらいことでも、その結果、

・出会えた人
・上手になったこと
・身についたこと

などはいっぱいあります。

これはまさに「お陰さま」なのです。

よくぞ、あの時、
私をフッてくれてありがとう!です。

あの時、私にキツイ仕事を与え、
耐え抜く力を養わせてくれてありがとう!

再就職先で素晴らしい会社に出会い、
今度は部門長に!

リストラありがとう!

そう、今あるのは、
これまで経てきた人生の結果とみれば、

その時はつらい思いをしても、
そのきっかけを与えてくれた、

アイツやあの上司やあの会社は、
有難い存在だったと気づけます。

その時に受けた、 キツイ言葉や仕打ちを
呪っていても何も変わりません。

着眼点を少しズラして見直してみると、

あと時、嫌われ役を演じてくれた方々は、
「お陰さま」だったと思うことができる気がします。

そうした「お陰さまで」の視点でふり返ってみれば、
過去のイヤな思い出も浄化できるものです。

「幸せを招くための思考法」とは、
このように着眼点や考え方を
少し変えてみることで、
幸せな気分に浸れる有難い人生術です。
スポンサーサイト

あなたが変わる「口ぐせ」の魔術



2011年12月18日更新



驚きの「口ぐせ」の威力

最近、「あなたが変わる『口ぐせ』の魔術」という
本を読みました。

この本は、生き方健康学者の佐藤富雄氏の著書です。

「口ぐせ」ひとつで人生が変わる!

そう聞いてあなたはどう感じますか?
なかには、半信半疑の方もいるでしょう。

しかし、これは科学的な裏付けのある事実です。

何気なく使っているいつもの言葉を
ちょっとだけ意識して変えていくことで、

思い描く夢や望み、人生における目的を
本当に実現していけるようになるそうです。

そうした脳神経系システムが、 私たちのうちに
組み込まれているからだというのです。

これが事実なら、捨て置けぬ
由々しき問題ですぞ!

もしかしたら、

良くない「口ぐせ」を何気なく連発していることで
損をしているかもしれないからです。

早速、この本の解説文を読んでみましょう。



★Dr.佐藤富雄のブログ
★脳の使い方:口グセでハッピーライフ!



誰にでも、口ぐせや
よく使うフレーズがあります。

私たちは、何気なく口ぐせを言いますが、

その言葉には、言葉どおりの状況を
招く力があるのです。


「一度口にした言葉には
不思議な力が宿る(言霊)」と
古くから信じられてきましたが、


それは、あながち迷信とは言えないのです。

その証拠に、使う言葉によって、
人間の体内で分泌されるホルモンが
違うことが解明されてきています。


人間が他の動物と違う点は、
人間の脳が「想像する」機能を備えていることです。


この働きは、ものを考えたり判断したりする、
進化した新しい脳(大脳新皮質)で行われます。



それに対し、 古い脳(大脳辺縁系)は、
いわゆる「自律神経」と呼ばれ、

呼吸や心拍、消化・吸収など、
無意識のうちに行われる働きを
つかさどっています。


そして、新しい脳の作るイメージに反応し、
体の諸器官に指令を出します。


誰かに怒ったり陰口を言ったりすると、
口に出した言葉は脳に届き、
それにふさわしい、良くないイメージを生みます。


すると、脳内には「アドレナリン」という
強い興奮をもたらすホルモンが分泌されます。


これはストレスを感じたときに出るホルモンで、
免疫力を下げ、老化を促進し、
生活習慣病の引き金にもなります。


逆に、良いイメージを生む言葉を使えば、
脳内に「β-エンドルフィン」というホルモンが
分泌されます。


これは爽快感を強めることから
「快楽ホルモン」とも呼ばれ、
物事に取り組む意欲が湧くように仕向けます。


また、免疫力を高め、皮膚の色つやを良くし、
老化を防止するすばらしい働きをします。

このように、

使う言葉によって分泌されるホルモンが異なり、
その働きによって行動が前向きになるか、
後ろ向きになるかが変わる訳です。


私たちは、物事を考えたり社会生活を行う時に、
常に言葉を使います。


そして、毎日、

自分が話す言葉を一言も漏らさず、
誰よりもよく聞いているのは、
実は「自分自身」なのです。


ですから、

普段から美しい言葉、
おおらかさや愛にあふれた言葉を
使う習慣をつけ、 脳を良いイメージで
満たすようにしましょう。


その良いイメージは、 あなたの心に
慈愛や活気をはぐくむ糧となるのです。



どうですか?

これだけ読んだだけでも、

感情まかせのマイナス思考な口ぐせが

自分の行動や健康、しいては、
招き寄せる運命にまで影響を及ぼしていることが
理解できるでしょう。

「口ぐせ」の威力に興味を持ったので
ネット検索をしているうちに、

下記のようなページを見つけました。
面白いので掲載します。



「べつに」を多用する人

マイペース型で協調性に欠けるタイプ。
理屈っぽく、自分に自信を持っているので
プライドが高い。 おだてに弱いタイプ。


「なるほど」を多用する人


人の話を良く聞き、理解力のあるタイプ。
但し、そう見せているだけの
場合もあるので要注意。

「とにかく」を多用する人


自己防衛本能が強いタイプ。
このタイプの人に反論をするのは注意が必要。

相手の意見を肯定してから、
やわらかく反論する必要がある。  

「ちょっと」を多用する人


思考のテンポが遅いタイプ。
相手のペースに合わせることが必要。 

「絶対」を多用する人

衝動的・感情的なタイプ。 意固地なところがあるので、
無理に意見を通そうとはしないこと。 

「一応」を多用する人

頑固なタイプ。 自分の考えを曲げない性格なので、
指示されたり人に物事を任せることを嫌う。


「なんか」を多用する人

自分の強い意志を持っていないタイプ。
人の意見に左右されやすい。

「みんな」を多用する人

自分の強い意志を持っていないタイプ。
「なんか」を多用する人同様、
周りの意見に左右されやすい。

「何しろ」を多用する人

理屈っぽいタイプ。
他人の意見に耳を貸さないことが多い。
合理的に話をすることが必要。

「どうせ」を多用する人

自己中、負けず嫌いタイプ。
感情的になりやすいので、
冷静に話をすることが必要。

「わりと」を多用する人

ライバル心が強いタイプ。
また、親分肌、義理人情に厚いので、
下手に出たほうが無難。
仲良くなると、強い味方になってくれる。


※引用先:「サラコミュ!」から引用



どうでしたか?

「当たらずといえども遠からず」で
あなたの周りにも、こんな口ぐせの方が
結構おられるのでは?

該当するその人の顔が思い浮かんで
笑ってしまいますが、

私の口ぐせも入っていたので
ちょっとショックでした。

あなたは、どうでしたか?



明るい口ぐせが、
あなたも他人も幸せにする!


人生をより豊かに実りあるものにしていくために、
具体的に、どんな口ぐせが効果的なのか。

さっそく、ネットで調べてみましたので、
下記にご紹介します。

どうぞ、それらを少しずつでも
毎日の生活に取り入れ、実践していって欲しいと
思います。

あなたの人生が驚くほど
より良い方向へと行くかも…です。

もう、私は始めましたよ。



★プラスの口ぐせを習慣づける

「元気になりたい」「積極的に行動したい」と思っても、
考え方や性格を変えることは容易なことではありません。

意志の力で変えようとしても限界があるからです。

ところが元気な言葉には、脳を刺激するだけの力があります。
繰り返し使えば使っただけの元気が湧いてくるものです。

これがプラスの口ぐせをお勧めする理由なのです。

「でも、今まで使ってきた口ぐせを
そう簡単に直すことができるのかしら?」と
危惧する人もいるかもしれません。

でも、ご心配なく!

初めのうちは、気づいたときに
意識的に使うようにすればいいのです。

使い続けるうちに、
必ず自然に身につくようになるはずです。

マイナスの口ぐせを改めて、
プラスの言葉を習慣付けることができた時、

心身の状態が劇的に好転した自分に気づくはず。

*******************************************************

1)自分を信じて元気づける口ぐせ

誰にでも欠点はあります。

しかし、その欠点を直すには、非常に時間がかかる上
その間にずっと足りない自分を反省しなければなりません。

これは大きなプレッシャーです。

それよりも自分の長所に目を向けて、
思い切り褒め言葉をかけてあげましょう。

「なかなかやれるな。」「私にはできる!」と
自分を認めてあげれば、長所を伸ばし、

また、眠っていた才能を開花させる
きっかけにもなるでしょう。

2)過去の失敗を断ち切る口ぐせ

過去に犯した過ちをいつまでも後悔して、
「自分はダメだ」と思い込みにとらわれては、
前に一歩も踏み出せません。

後悔や自責の念によって心が萎縮してしまい、
また同じような失敗を生んでしまうからです。

明るく元気に前進したいなら、
過去の失敗など断ち切ってしまうことが大切です。

「過去のことは過去のこと」と
自分に言い聞かせれば心は軽くなり
今後の自分に自身を持てるようなります。

3)未来に希望を見出す口ぐせ

「もし失敗してしまったらどうしよう」という
取り越し苦労をしていませんか?

まだ起きてもない事態を恐れ、不安を膨らませることは
自ら不幸を呼び寄せているようなものです。

恐怖や不安は心の弱気にさせ、
決断力を鈍らせ、さらに行動範囲を狭めます。

困ったことなど起こるはずがないと信じ、
「どんなイイコトが待っているだろう」と
希望を持つことが心や表現を輝かせえくれるはずです。

4)喜びや感動を表す口ぐせ

感情を抑え、クールに振舞うことがカッコイイと
勘違いしている人は意外に多いのです。

良いことがあったときに

「嬉しい!」「幸せ!」と口に出せる人や、
「ありがとう」を笑顔で言える人を目にした時、

こちらも思わず幸せな気持ちになりませんか?

プラスの言葉は、自分が元気になるだけでなく、
人を幸せにする力も持っているのです。

喜びの言葉、感動の言葉は、
躊躇することなく、積極的に使いたいものです。



「口ぐせ」とは、ちょっと違うかも知れませんが、

この数年で支持率急上昇の
斉藤一人さんの著書の中にも

唱えるだけで運気があがる「天国言葉」
という本がありました。

すごい勢いで斉藤一人ファンが増えているようです。

まだ、ご存じない方は、本屋さんで
立ち読みでもしてみて下さい。

元気がでる【斉藤一人 名言集】



★使っていたら改めたい!「ダメな口ぐせ」

卑屈型 「どうせ」「だから」

放棄型 「なにやってもダメ」

消費型 「無理です」「いやです」

言い訳型 「私だけじゃありません」「みんなやってます」 

無責任型 「関係ない」「放っといて」

開き直り型 「私はそれでいいんです」「これが私の主義ですから」

がんこ型 「古い」「これは私の個性だから」

ブレーキ型 「だって」「でも」「そんなことない」

ひねり型 「どちらでもいいです」

自己抑制型 「できっこない」「とてもだめです」

拒否型 「むかつく」「頭きた」

無関心型 「ヘェー」「ああそう」「仕方ない」



口ぐせの改善とは、つまるところ
「プラスの自己暗示」です。

言葉の表現に気をつけて
肯定的・楽観的にものを言うことで、

「このように言うのは、こう思っているからだ」という
方向に脳が認識します。

やがて、無意識的な思考までが
肯定的・楽観的になってくるわけです。

不思議な話ですが、
そのようにできているようです。

さあ、肯定的に、楽観的に、夢を口にしましょう。

「そんなもん、ウソに決まってる!」と言われようと、
口にし続けてみようではありませんか?

「ウソも100回くり返せば、真実になる」
そんな例えもあるぐらいですから。

「幸せの思考法」タイトル集へ戻る


本日はここまで。
よろしかったら1クリックを!
 ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↓↓↓
 

プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集
熱烈歓迎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。