ひさしぶりの更新です。
風邪にやられて寝込んでおりました。

悪寒ぞくぞく、鼻水ズルズル、
えらい目にあいました。

しかし、哀れな私を救ってくれたのは
家内がつくってくれた愛情いっぱいの生姜湯!

生姜湯って風邪に効きますね。

風邪をひきやすい時期なので
今回は、「風邪に効く生姜パワー」について
調べてみました。

 

生姜といえば、
豚の生姜焼きやお寿司のガリなんかが浮かび、
料理の脇役という印象が強いのですが、

生姜の効果は、食欲増進だけではありません。

生姜に含まれる辛み成分には、
代謝を活発にして血行をよくし、発汗を促す作用があるのです。

軽い風邪を引いているときには解熱効果も期待できます。

さらに、体内に蓄積した有害な活性酸素を除去したり、
せきを抑えるといった効果まであるというのですから驚きです。

【生姜の効能】

生姜はもともと熱帯アジア原産で、
中国では古くから漢方薬として使われてきたそうです。

「葛根湯(かっこんとう)」など、
風邪に有効とされる漢方薬には、
必ず生姜が入っていると言ってもよいくらいです。

生姜に含まれる辛みの主成分である「ジンゲロール」は
加熱すると、「生姜オール」という物質に変化します。

ジンゲロールは、味覚を刺激して自律神経系の交感神経を活性化させ、
脂肪を盛んに燃焼させます。

こうして、体を温めたり、血行をよくしたり、
熱を下げるといった、引き始めの風邪への効果を発揮するとのことです。

★ダイエットにも効く「生姜パワー」



「生姜ダイエット」というのをご存じですか?

生姜には体の脂肪を燃焼させる効果や、
血行の流れを良くしてくれる効果などがあり、

運動前に生姜を食べると、
通常よりも多くの脂肪を燃焼してくれるので、
ダイエットには効果的な食材とされています。

 
また普段から生姜を食べていると、
痩せやすい体質にも変化するので、

通常の行動でも脂肪が燃焼しやすく、
太りにくい体を作ることも可能です。

他にも冷えなどはダイエットの天敵とされているのですが、
生姜を食べる事により冷え性も改善できますし、

汗を多く出す効果もあるので、体内の毒素も出す事が出来るなど、
ダイエットに向いている要素がたくさん含まれています。

家内は、生姜ダイエット法で
体脂肪などを減らすことが出来ました。

これは、摩り下ろした生姜を
お湯と蜂蜜で合わせて毎食飲む方法です。

蜂蜜にもダイエット効果があるので、
一緒に合わせて飲むことでダイエット効果を上げる事が出来ます。
 
飲み終わって数十分経つと
体がポカポカしてきます。

毎日体重計にのっていると、
体脂肪が少しずつ減ってゆきますので

私のように、おデブでお悩みの方は
一度お試しくださいませ。



以下、転用先:こだわりの果物屋 紅光HPから

★風邪をひいてしまったら

運悪く風邪をひいてしまったら、
体を温め発汗を促してくれるネギや生姜をたくさん食べ、

水分をたっぷり補給しましょう。
また、免疫を高めるビタミンCを忘れずに!

1)風邪のひき始め、のどの痛みやせきに「大根あめ

角切りにした大根をビンに入れ、
ひたひたに漬かる程度のはちみつを注ぎ一晩置くと、
大根のエキスが出ます。それに熱湯を注いで飲みます。

※1日3回程度飲み、冷蔵庫で保存。
大根中のビタミンがはちみつに溶け出て、
のどの粘膜を保護し、咳を止め、扁桃腺の炎症を抑える効果があります。


2)せき・たん・寒気に「生姜湯

おろし生姜1片分に、はちみつ大さじ1を加え、
熱湯を適量注いで飲みます。

飲みづらく感じるときは、
ミルクティーに生姜の絞り汁とはちみつを加えて飲んでもOK。

※生姜には呼吸機能を高める作用の他、
発汗作用もありますので、解熱剤としての効果があります。

3)身体がだるい、微熱や寒気に「ネギ・にんにく湯

長ネギみじん切り1/4本分、にんにくのすり下ろし1片に
塩・胡椒を少々して、好みの味付けにし、熱湯を注いで飲みます。

※ネギやにんにくに含まれる塩化アリルには
ビタミンB1の吸収を促進する働きがあり
滋養強壮につながります。


4)「こりゃ風邪だ!」と思ったら「味噌がゆ

干しシイタケと昆布でだしを取り(顆粒だしでもOK、
かぼちゃ、人参、小松菜、大根、長ネギを
1口大に切ったものと、冷や御飯を加え弱火で煮る。

野菜が柔らかくなったら味噌を加え味を調えてできあがり。

5)寒気がして食欲がない時は「ネギとしょうがの卵雑炊

ネギ--20g
生姜--10g
卵--1個 
顆粒和風だし--小さじ2/3
醤油--小さじ1/2
ごはん--1/2膳
梅干し--20g

お水300ccに顆粒だしとしょう油を入れ、
ごはんを加えて沸騰させる。

沸騰したら弱火にして、5分煮る。

溶き卵を入れ、ふたをして火を止める。
最後にみじん切りにしたネギ、生姜を加えできあがり。
梅干しは小皿に添えて。

6)熱が高く、のどの痛みがひどい時は「くず湯

水1/2カップを沸騰させ、黒砂糖を溶かして弱火にし、
砕いて水を溶いたくず10gを加えて、
透明になるまでかき混ぜてできあがり。

生姜の効能ナビ
  ↑↑↑
食べ物としても身近な生姜について
もっと知りたい方はこちらへどうぞ。


本日はここまで。
よろしかったら1クリックを!
 ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↓↓↓
 

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  »次のページ