2012
05.30

見切り千両

Category: 雑記つれづれ





古い友人のN君が「お金を貸してくれ」と言ってきました。
私と同じくらいの中年オヤジです。


いつも飲み屋では、割り勘に徹するほどお金にキレイな彼が
よほどの事情があるに違いありません。


実はね、長年勤めてきた会社の経営が苦しいらしくて
「解雇か非常勤社員かを選んで欲しい」と通告されたんだ。


というのです。
もちろん、社員全員にです。


非常勤社員になれば、なんの保障もなく
手取りは半分ぐらいになるそうです。





長引く不況で、取引先からの注文も半減する中で
経営のやりくりも確かに苦しいのでしょう。


リストラや経費削減は「始末」として、
やらなければならない事情も理解はできます。


しかし、新規の取引先開拓などで売上を上げることが
最優先であることを忘れてはいけません。


最近の風潮を見ていると、


ちょっと苦しくなったら、すぐにリストラと
安易に人員整理に走るのは如何なものか?





中には、クビになっても仕方のない
怠け者もいるでしょうが、

N君のように、サービス残業もいとわず、
会社のために、真面目に頑張っている
有益な社員もいるのですから、


それを十把ひと絡げというのでは…


N君は、自主退社の形になるので、
しばらくの生活費の補てんにお金が急用とのことでした。


つまり、辞めることを選んだのです。


事情が事情なので、1億円ほど融通してあげました。

…本当は10万円ぽっちですが (^-^)v



☆見切り千両





脚本家の内館牧子さんが、


『見切り千両』と言われますが、

上手に「見切る」ことは、千両に値するという意味です。
仕事でも境遇でも、もちろん恋愛でも、すべてに当てはまります。

いつまでも「現状維持」にしがみついて愚痴ばかり
というのではなく、「見切る」こともとても大事。

「私のやりたいことはこれじゃない」と気付いたら、
サッサと見切って次に進む。

それが次の新しい「何か」を呼んで来る
きっかけになるのではないかと思います。


と何かの雑誌に書いていました。


仕事でも、恋愛や結婚でも、人づきあいでも、
夢や目標でも、金融資産でも、


悪い状況が続き、改善の見通しがたたずに
不満がたまる一方で、いいことが
期待できない場合も少なくありません。


思い切って、見切りをつけて他のものに向かえば、
自分に合ったものに出合えるかもしれません。


将来性のないことに、いつまでもしがみついているよりも、
早く見切って次のことに自分の時間とエネルギーを使ったほうが
いいのではないでしょうか。


見切るためには、痛みや損失やリスクが伴う場合がありますから、
簡単には行かないのは確かです





「今までの努力が無駄になる」と考えるとつらいです。
もう少し、あきらめずに努力すればうまくいくかもしれません。


それでも、再出発するためには痛みや損失を覚悟して
「見切る」決断をしたほうがいい場合も確かにあります。


一人の人間の時間とエネルギーには限りがあります。

何かをあきらめることで選択できる幸せもあるともいえます。


幸せになるためには、現実を受け入れた上で、
現実的な望みをもって努力することが大事なのではないでしょうか。


☆再び、上杉鷹山公の格言より


 


働き 一両
考え 五両
知恵借り 十両
コツ借り 五十両
ひらめき 百両
人知り 三百両
歴史に学ぶ 五百両
見切り 千両
無欲 万両

千両というのは、今で言えば「1億円」くらいでしょうか?

言葉の意味としては、
「早く処理・処分するほどうまくいく」ということになるでしょう。


 「貯蓄十両、儲け百両、見切り千両、無欲万両」
儲けよりも見切りが上にきて、さらに上に無欲があります。


時には見切りを付けて無欲の心で再スタートをきる
そんな転換も人生では重要なんじゃないかと思うのです





かけがえのない友の再出発を
陰ながら応援してゆきたいと思っています。




 日本永代蔵
 井原西鶴の浮世草子から


早起き五両
家業二十両

夜業(よなべ)八両
倹約十両
健康七両


合わせた五十両、細かく粉に砕いて秤にかけ
丁寧に調合して朝夕飲めばよい



本日はここまで。 よろしかったら1クリックを!
   ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
back-to-top