2016
04.28

モノ忘れ対策2



昨日のブログ記事について
ローズコーンさんから
嬉しいコメントを頂きました。

>今日の記事は私のただいま、
>必要としている内容でした。

>6月12日を目指して
>勉強をがんばっていますので。

>私の場合、脳に入る、定着するところも、
>問題があるようです。

>勿論それを思いだす能力も
>衰えていますけど・・・。


自宅に戻ったら、酒を飲むしか能のない私にとっては
まぶしいくらいに人生を満喫しておられる。

本日ご紹介する記事は、
英語の検定試験の受験勉強には
あまり向かないかも知れませんが、

最近のモノ忘れを気にしている方には
少しはお役にたつかも知れません。


▲https://happylifestyle.com

いつも読ませて頂いているサイト
「Happy Life Style」さんの特集記事の一部を
転載致します。




▲https://happylifestyle.com

あなたが小学生のころを思い出しましょう。

「成績のよい人」と
「成績の悪い人」を比べたとき、
あることに気づきませんか。

勉強ができる人は、
すべての科目で成績がよい。

勉強ができない人は、
すべての科目で成績が悪い。

極端な2パターンに分類できるはずです。

できる人はなんでもでき、
できない人は何もできない。

体を動かす「体育」は別として、
頭を使う「英国数理社」であれば

「すべてができる人」
「すべてができない人」で
二極化されます。

私が学生時代も、そういうものでした。

こういう差を目の当たりにすると、
やはり生まれつきの頭のせいにしたくなります。

たしかにテストの結果だけを見れば、
そう思いたくなるのも無理はありません。

実は、こうなってしまう理由があります。

すべての教科で勉強ができる人は、
勉強を覚えたのではなく、
勉強法を身につけた人です。


勉強の下手な人は、
覚えなければいけない知識を、
工夫もなく、いきなり覚えようとします。
 
一方、勉強が上手な人は、
覚えやすいように工夫をしてから、
覚えようとします。

方法です。

勉強法を身につけているかどうかで、
勝負が決まります。

勉強は、分野ごとに異なりますが、
勉強法はあらゆる学問に通用します。

もちろん社会で
仕事を覚えるときにも通用しますから、
一生涯、活用できると言ってもいいでしょう。

学生時代、成績が優秀な人が
卒業をして企業で仕事をすれば、
やはり仕事もできる人になります。

効率のよい勉強法は、学問だけでなく、
仕事を覚える際にも通用してしまうからです。

この仕組みに気づいている企業は、
成績の優秀な人から採用します。

もちろん学歴がすべてではありませんが、
ある程度、理屈に合った考え方です。

まず覚えるのは、
勉強ではなく、勉強法です。


勉強法を身につけてから、
知識を吸収していけばいい。


頭の善しあしを、
生まれつきの頭の善しあしで
決め付けないでください。

努力によって克服できることです。

正しい勉強法を学んで実践すれば、
そもそもの頭の善しあしは関係ないのです。





スポンサーサイト
Comment:5  Trackback:0
back-to-top