家事の中で、私の担当は週2回のごみ出しとトイレ掃除
たまに気が向けば、食後の茶碗洗いもやります。

だからといって、家内に恩を着せたりしません。
なぜなら、それは自分の意思だからです。

ひと頃の私は、家事は奥さんがやるものと決め込んで
箸の上げ下げひとつやらない、超傲慢なバカ亭主でした。

しかし、家事は奥さんがやり、男はやらなくてよいと
誰が決めたのでしょう。



確かに、江戸時代の武家社会では、そうだったかもしれません。
しかし、現代は武家社会でしょうか?

男女平等とかいう、野暮な話を持ち出す気はありません。

私が言いたいことは、
家事って、やってみれば意外と楽しいってことです。

特にトイレ掃除はおすすめです。

「トイレ掃除が楽しい訳ないだろう?」って
それは、やったことがない人か、
イヤイヤ、やらされた人の言い草です。

汚れていたところが徐々にキレイになる。
そのプロセスが楽しいのです。

そのためのお掃除グッズもいろいろと売っています。

最近のトイレ掃除のグッズで、便利だなと思うのは
「流せるトイレブラシ」です。

 

http://www.scrubbingbubbles.jp/products/brush/


排泄は人間の生理にとってとても重要なものです。
その場所をより快適に保つのは、
自分にとって、とても意味があります。

自分がキレイに掃除した場所で
ゆっくりと排泄を行う。

とても気分がよいです。

そのうちに、風呂掃除も手掛けてみようかと
思っています。

なにせ、老後は自宅が我が城ですから、
自らの手で快適にしてゆきたいものです。

※トイレ掃除にハマりすぎると、
 自分の個室という感覚が生まれ、
 子供たちが汚く使うと、文句をいったりして嫌がられています。




スポンサーサイト

<< ザ・タイガースに想う | ホーム | おすすめサイト『デジタル絵本』 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム