--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
11.24

意識のスウィッチを切り替えるだけで、心のモヤが晴れてゆく不思議

Category: 幸せの思考法


毎日気分良く過ごせれば、これに勝る幸せはないでしょう。
けれども、そうはいきません。

・起こしても、すぐに起きない子供たち
・あいさつをしても、返事もしない近所の主婦
・私にばかり仕事を言いつけるパート先の店長
・手間をかけたおかずなのに、黙々と食らう亭主
・後片付けをしているのに、家族はテレビで笑っている

などなど、思えば腹の立つことばかり。

丸一日、気分よく過ごせたことなんかありません。
この気分の悪さをなんとかしたい。

そう思っている中、ある日、本で読んだ「意識のスイッチ」。
このスイッチはとても便利です。

気分の悪いことも、このスイッチを切り替えるとあら不思議!
霧が晴れてゆくように、気分の悪さがパッと消え去るのです。

そんな便利なスイッチってどこにあるの?

私の場合は、気分の悪い時に指を鳴らすのが合図!
興味のある方は、一緒にやってみましょう。

右手の親指と中指で輪をつくって
「パチン」と鳴らすだけです。

でも、指を鳴らす前に、その仕組みを知っていないと
気分は晴れません。

その仕組みをご紹介しましょう。

よく物事の受け止め方の事例として、心理学などで紹介されるたとえです。

のどが渇いてペットボトルの水をコップに注いだら、
半分しか水がありませんでした。

この状態をあなたはどう感じるでしょうか。
受け止め方には二通りあります。



ペットボトルにコップ半分の水が入っていたというひとつの事実に対して、
正反対ともいえる二通りの解釈があります。

前者の解釈は、「不満」と「怒り」
後者の解釈は、「満足感」と「感謝」

どちらを選ぶかはあなた次第。

今、あなたが気分が悪いとすれば、
あなたが前者の解釈をしたからです。

そう、いろんな解釈がある中で、
あなたは、わざわざ自分の気分が悪くなる解釈をしているのです。

もっと分かりやすくいえば、

コップに水が半分しかなかったことは、
単なる事実でしかありません。

あなたの気分を悪くさせているのは、
実は、あなたの解釈の選択が原因なのです。

あなたが今、
なにかのことで悩んだり、苦しんだりしているのなら、

その解釈をいったんリセットして、
改めて客観的に事実関係だけを見直しみることが
必要なのではないかと思います。

上記のコップの水の例えでいえば、

あなたはノドが渇いたから水を注ぎました。
それが半分しか残っていないからといって

では、その水を飲まないのかといえば、
飲むしかない訳です。

「何故、これだけしかないのか!」

とムカついたり、悔んだりしても
コップの水の量は増えてはくれません。

どうせ飲むのなら、美味しく飲んだ方が
どれだけ気分が良いか分かりません。

私が言いたいことは、まさにこの点なのです。
今ある目の前の事実が現実なのです。

そこにマイナスの解釈を加えたところで
苦しくなるのは誰かといえば、自分なのです。

文句を言ったり、悔んだりしても
事態は変わらないことを受け入れることが
まずは必要です。

今、目の前にある現実を
まず、気分良く受け入れるための
解釈をしなおしてみましょう。

それが「パチン!」と指を鳴らす、
意識のスイッチの切り替えなのです。 


本日はここまで。
よろしかったら1クリックを!
 ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。