2013
04.19

惚れ惚れウンコ




昨年12/27に更新した「ウンコの力」の記事に
4/17に関羽さまからコメントを頂きました。

とてもためになる情報なので、関羽さまに感謝しつつ、
改めて掲載させて頂きます。

※「ウンコの力」の記事はこちらです。
http://dejimablog.blog39.fc2.com/blog-entry-53.html

以下、関羽さまのコメントです。

----------------------------------------

タイトル:惚れ惚れウンコ

----------------------------------------

腸管内では、
発酵(善玉菌の分解活動)と腐敗(悪玉菌の分解活動)が行われています。



腸管内に善玉菌が多ければ、食べた物は発酵しますので、
お尻から出てくるものは発酵した物です。
発酵した物ですから、悪臭(腐敗臭)はありません。



チベットに行けば、日本のような公衆便所がありませんので、
ごく普通に皆が道べりにウンコをするそうです。

でも、道べりがウンコだらけにならないと言います。

発酵した物だから、ロバが全部食べるというのです。
ところが、日本人がしたウンコだけは鼻を即けて食べないというのです。
ロバと言えども、腐敗したウンコは食べないのです。

ウンコに悪臭(腐敗臭)があるのは、
腸管内に悪玉菌が多い証拠であり、食べた物が腐敗している証拠なのです。

善玉菌が多ければ、腸の蠕動運動が活発になり、
腸粘膜からは十分な腸粘液が分泌されますので、

食べた物は腸管内をスムーズに移動しますし、
腸粘液にくるまれた状態で排泄されますので、
一瞬のうちにスルッと排泄されて便器も紙も汚れないのです。

犬や猫を見れば分かるように、
ウンコの後に紙で拭きませんが、肛門はキレイです。

ウンコとは、大便と言いますが、これは「大切な便り」という事です。

毎日の大切な便りを見れば、
現在の腸内環境の事と明日の健康状態を知ることができます。

癌患者の共通点は、<便通異常>と<悪臭便>です。
出ないのは異常ですが、出過ぎるのも異常です。

--------------------------------------

関羽さま

私の拙いブログ記事にしっかりとしたコメントを有難うございます。
この場を借りて、御礼申し上げます。

とても実のあるコメントだったので紹介させて頂きました。
大便とは「大切な便り」なのですね。



私は、毎日自分のウンコを、脱糞と同時に
水洗トイレでシャー・ゴボゴボと流していましたので
一度も「大切な便り」を見たことがありません。

かなり勇気が要りますが、興味を持って
一度この便りを見てみようかなと思っています。


出来るかな…


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/110-92244ed3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top