--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.11

「難」があるから「有難い」?

Category: 雑記つれづれ

 定年退職をしたら、「平々凡々」に
可もなく不可もなく、
のんびりと暮したいとずっと考えていました。

会社や上司にプレッシャーをかけられることなく
煩わしいことから一切解放されて自由気ままに暮らしたい。
そんな毎日が私の望みでした。

しかし、現実はなんと煩わしいことか。
親族づき合いにご近所づきあい。

趣味で通い始めたシニアサロンでさえ
人間関係の綾うごめく。

そんな鬱々とした心情の中で、目にしたサイトに
次の一節がありました。


有難い

「苦難」「困難」「災難」など「難」は良いイメージが少ない漢字
出来れば「難」は無くなって欲しい。

難が無くなると「無難」
難が無いのは「無難な人生」…

つまり退屈な人生したがって「難」は有った方が良い。
苦難が有ることは有難いこと

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

『無難』は退屈なのか?本当かな?
いや、言われてみればそうかもしれない。

「難」は有難いことなのか?

まだ消化できずにいますが、
そうなのかもしれません。

あなたは、どう思いますか?
他にも面白い解説が掲載されているサイトです
一度覗いてみて下さい。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/144-121552d0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。