2015
03.12

シニアの生活意識調査

Category: 雑記つれづれ
 
ソニー生命保険が、昨年7月に全国のシニア(50~79歳の男女)に対し、
「シニアの生活意識調査」をインターネットリサーチで実施し、
1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。

       

シニアは、どのようなときに、
「自分がシニアになったな(年をとったな)」と思うか聞いたところ、

1位)小さな文字が見づらくなったとき(56.1%)
2位)人やモノの名前がなかなか出てこないとき(54.8%)
3位)白髪が増えたと感じたとき(48.2%)、
4位)運動の際に思ったよりも体が動かなかったとき(41.0%)、
5位)シワが増えたと感じたとき(30.3%)、
6位)髪のボリュームが減ったと感じたとき(28.1%)

の順で続きました。


身体の衰えや外見の変化によって
年をとったことを感じるシニアが多いようです。



男女別にみると、“身体の衰え”によって自覚をするのは女性よりも男性のようで、
「運動の際に思ったよりも体が動かなかったとき」は女性の33.0%に対し、
男性では49.0%と半数になりました。


一方、“外見の変化”によって自覚をするのは男性よりも女性のようで、

「白髪が増えたと感じたとき」(男性40.0%、女性56.4%)や
「シワが増えたと感じたとき」(男性20.2%、女性40.4%)、
「髪のボリュームが減ったと感じたとき」(男性24.2%、女性32.0%)

では女性のほうが高くなりました。


この調査結果では、他にも


「されるといい気がしないことは?」という質問に
「家族以外から“おじいちゃん・おばあちゃん”」が5人に1人など
とても興味深いデータが掲載されています。


話題のタネに覗いてみたらいかがですか?



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/145-a9cdfb2f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top