「この度は、私どものために、なにかとお骨折り頂き有難うございました。」
何気なく感謝の意を表す意味で使っている、この「お骨折り」というフレーズ。

辞書を引くと、「骨折り」とは、
"仕事などを一生懸命努力したりして、苦労すること" とあります。

ちなみに、「ご尽力頂きまして」よりも「お骨折り賜りまして」の方が、
さらに相手への敬意が高くなるそうです。

単純に自動英訳変換ソフトで
「お骨折りをありがとうございます」を直訳すると、こうなります。
" Thank you for a bone fracture " (骨折をありがとう)



これでは何のことかさっぱり分かりません。
"Thank you very much for all the help that you gave me."
(あなたがくれたすべての援助をどうもありがとう。)

この和訳が、
「今回は、色々とお骨折り頂き、真に有難う御座いました。」となります。

^^^^^^^^^^^^^^

最近、職場の外国人とのコミュニケーションのために、
和英辞書を見る機会が多いのですが、

日本語的には、「お骨折り」と「骨折」とは、
なるほど、全く意味が違うなと感心したものですから、
本日のブログに書くことにしました。
スポンサーサイト

<< 最近の晩酌のマイブームは「変わり冷奴」 | ホーム | 久しぶりに旨い酒を飲みました。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム