★ローズコーンさんのブログ 「老いてこそ勉強」
http://plaza.rakuten.co.jp/hamabira/

私は敬愛するローズコーンさんのブログのコメント欄に
それほど英語が学びたい方は、手っ取り早く外人のホームスティーを
自宅に受け入れるのも一考」と、

昨夜軽率にも書いてしまいました。

確かに、私は職場で海外の若者たちに
日本語と技術指導の仕事をしてはいますが、

外人さんを自宅でホームスティーを受け入れた経験は皆無で、
私のコメントを真に受けた方がいたらどうしようかと、
滅茶苦茶焦っています。

他人様のブログに書いたコメントをいまさら
自分の都合で削除する訳にもいかず、
己の浅はかさに自己嫌悪に陥っています。
愚かな私のコメントの一部を転記します。

--------------------------


>このコメントをお読み頂いている方の中で、今でも

>「わたしゃ、何が何でも、英会話で笑いたい」と
>真剣に思いつめておられる方がいるとすれば、
>手っ取り早い方法をお教えします。

>それはご自宅に、外人のホームステーを受け入れたら良いのです。

>心優しい貴方はきっと、シャカリキになって
>我が家の衣食住のスタイルやルールについて
>英文を考える筈です。

>「必要は発明の母」ともいいます。

------------------

よくもまあ、こんな無責任なコメントを書いたものだと
己の浅はかさに呆れ果てます。


きっと、麦焼酎をロックでグビグビ飲みながら
気ままに書いたのが原因かもしれません。

そうです。
悪いのは、下町のナポレオン「いいちこ」なのです。

------------------

確かに、短期間で英語を話せるようになるためには、
英語でしかコミュニケーションをとれない外人が
身近にいるのは、とても"かなり"有効です。

しかしながら、
ホームスティーで外人を受け入れるとなれば、話は別です。

何故なら、我が国と他国とは、食習慣も宗教観も
衣食住のスタイルも価値判断もまるで異なるからです。

外人とのコミュニケーションは、意外と簡単なのです。

今は、携帯でも即、英文翻訳が出来るし、
手振り身振りを駆使すれば、意外とこちらの意思は伝わります。

でも、自宅ホームスティーを受け入れて
異国人と一緒に住むとなれば、話は別です。

私も経験上、思い知らされたことがたくさんあります。

外人さんは、明らかに自分のせいで誰かに迷惑をかけた
と思う場合には、素直にあやまってくれますが 

「自分には直接的な責任がない」とか、
「そんなこと知らなかった」という場合には
素直にあやまらないケースが多いのです。

日本人のように、

とりあえず「ごめんなさい」「すみません」と言うことで
相手の気持ちをやわらげるという習慣がありません。

また、「察する」という習慣もないので、

自分が気付かないところで誰かに迷惑をかけていたり、
誰かが自分のために何かしてくれたとしても、
気がつかないことが多いのです。

これは、本人の落ち度というより
そんな日本人的な感性自体がないのです。

相手への感謝にしてもそうです。

自分の見えないところで
誰かが自分のために骨折ってくれた時や、

何かをしてくれた時にでもそれに気づかず、
お礼を言わないことはよくあります。

例えば、日本人は、何かごちそうになったら、
その場で「ごちそうさまでした」と 言うだけでなく、

次に会ったときにも
「先日はごちそうさまでした」と言うのが普通ですが、

どうやらこれは、日本独特の習慣らしいのです。

その後に再会したその子が「こんにちは」としか言わずに、
がっかりした経験は何度もあります。

別に恩に着せるという意味ではなく、こちらとしては
「楽しい時間を共有できて良かったね」
という絆を大切にしたいのに

「あの時はあの時」と言わんばかりのつれなさに、
がっかりさせられます。

私は、海外へのホームスティーの経験もなく、
海外旅行の経験も少ないのですが、
日本人との付き合いが一番楽しく気楽です。

外人さんとの付き合いは、とても気疲れします。
他人さまのブログに、無責任な提案を書いてとても後悔しています。


ローズコーンさま。

このブログをお読みになったら、
どうか、私のコメントを削除して下さいませ。

平にお願い申し上げます。
そして、無責任な私の書き込みをお許し下さいませ。

以後、重々気をつけますので。


------------------
 お断り
------------------

本稿は、「外人を自宅に住ませたら、英語がタダで学べる」という
安易な気持ちで、自宅ホームスティーを受けて入れてはならない
という意図で書いたものにすぎず、

海外の方々の人格や文化を揶揄、卑下、愚弄する意図はまるでありません。
なにより私は、職場の彼らをとても愛しています。

誤解なきよう、お願い申し上げます。
スポンサーサイト

<< 英文サイトのススメ! | ホーム | 吾唯足知 >>

コメント

No title

ふふふふ。いいちこが言わせたのですね。でもそれは直球の一番手っ取り早い方法だと私も思いますし、正解だと思います。それだからと言ってこの私(英語がぺらおえらとなりたいと思っている)でもすぐにホームステイなどできるはずがありませんので、すぐに実行する人はまずいないでしょう。そんなに焦らないでください。
とっても嬉しかったのですよ。だから削除してくださいとおっしゃればしますが、私の
文書のページにコピーしておいて時々楽しみたいですわ。それに人のコメント欄をそれほど熱心に読んでくださる方がいるでしょうか。当事者同士は楽しくやってますけどね。
しかし、外国人と仕事の中で、人間関係の中で日ごろ接していないと本当にわからないことを、王子は日々体験しておいでなんですね。ストレスになることも多いでしょうね。
私には最高のコメントでした。早く読まなかったのを後悔したくらいです。
さあ、気を取り直してまたいつかコメントくださいね。それから私が書いたからと言って、コメントを要求しているわけではないですので、お気軽にお願いいたします。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム