2015
07.06

魂磨きはゲーム感覚で

 

私が「魂の師」として崇拝している『故・小林正観』さんは、
著書の中でこう書いておられます。

生まれ変わる目的は、いかに自分を成長させるかです。
成長するとは「実践者」になるということです。

-------------------------------------------------------------------------------

知識として理解することを「会得
体験を通して合点することを「体得」とするならば、

私達は、今世での「四苦八苦」という『魂磨き』を通して
愛と感謝を『体得』するための修行をしているようです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

四苦八苦』とは、仏教における「苦」の分類で、
「苦」とは、苦しみのことではなく、
「思い通りにならない」ことを意味するそうです。

『四苦』、つまり、生・老・病・死という、
根本的な4つの「思い通りにならないこと」に加え、

愛別離苦=愛する者と別離すること。
怨憎会苦=怨み憎んでいる者に出会うこと。
求不得苦=求める物が得られないこと。
五蘊盛苦=肉体と精神が思うままにならないこと。

の4つの「苦(思い通りにならないこと)」を合わせて『八苦』と呼びます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



こうした斎藤一人さんの「天国言葉」を壁に貼って唱えても、
それは単なる「会得」のレベルであり、
実践しながら「体得」している訳でありません。

「天国言葉」を唱えていても、頭にくることや困ったことは
相も変わらず、わが身に訪れてきます。

それらをいかにして
「頭にこないこと」や「困ったことではないこと」に変えて行けるかが
『魂磨き』であり、実践を通した「体得」であると思うのです。

------------------------------------------------------------------------



不謹慎かも知れませんが、私は最近、
「魂磨きとはゲームだ!」と考えるようになりました。

例えば、前回私に不快なことを言った奴とまた会ったとします。
その時がまさに「実践の場」です。

そいつが、また私に不快なことを言い始めた時に、
今から、いかに不快にならないかのゲームをやるんだ!」と、
自分に言い聞かせるのです。

ゲームは遊びですから、楽しみながら出来ます。

---------------------------------------------------------------------------



相手:「この持ち場はラクでいいよなあ!」
私:「そうなの?」

相手:「俺のとこなんか、音はうるさいし、クーラーは効かないし…」
私:「そうなの?」

相手:「そうなのって?お前、ここは楽しすぎだぜ!」
私:「なら、あなたもここに来ればいいじゃない!」

相手:「バカ言え!俺ンとこは、俺がいなくちゃ回らないんだよ!」
私:「凄いじゃない!大したもんだね!」

相手:「それをさ、会社は分かっちゃいなんだよ!」
私;「そうなの?」

相手:「そうさ、なんも分かっちゃいないぜ!」
私:「大変だね!」

相手:「まあ、お前に言っても始まらないけどな…じゃあな!」
    「お前も、頑張れよ!」

-----------------------------------------------------------------------------

イヤな奴が来たら、その場を離れることが一番ですが、
それがままならない時は、私はそいつと
不快にならないゲーム」を楽しむことにしています。

どうせイヤミしか言わない奴なのですから、
反論するだけ無意味です。

自分を一番と思い込み、他人に悪態をつく「嫌われ者」はどこにでもいます。
そんな奴に正面から向かい合うから不快になるのです。



そんな輩を相手にする時は、『柳に風』と、
柳になりきるゲーム」を楽しめば良いのです。

柳のように、強い風が吹いたら揺れても良い。
でも、風がやんだらすぐに立ち直る。

そんな「しなやかな強さ」を身につけるためのゲームです。
無理に踏ん張ってポキっと折れてしまえば、自分の負けです。

この「柳に風」ゲームで勝つコツは、
「揺れてもいいんだ」と考えることです。

イヤな相手や問題に遭遇して、
心が揺れない人なんていません。

揺れてもいいんです。

それよりも、それをできるだけ軽く受け流して
普段の自分を素早く取り戻すことが大切です。

こうした「心の平穏」を保つための考え方を心掛けることで
少しでも楽に幸せに過ごせるようになる気がします。

--------------------------------------------------------------------

ガマンするのではなく、攻略法を見つけるのです。
ゲームは、その攻略法さえ見つければ、いつでも勝つことができます。

----------------------------------------------------------------------

苦難や障害は、ゲーム感覚でいかに攻略するかを楽しみましょう。
「くよくよ」や「オドオド」が、「ワクワク」のゲームに変わります。

----------------------------------------------------------------------

『天国言葉』を連呼して、
不快なことや困ったことが過ぎ去るのを待つのではありません。

自分なりの、自分らしい攻略法を見つけることで、
不快なことや困ったこと自体をクリアして減らしてゆくのです。


-----------------------------------------------------------------------

そんな時こそ、「自分との対話」を活用するのです。

私:「潜在意識よ。このゲームの攻略法を教えてくれよ。」
潜在意識:「そんなのないよ!」



私:「ウソ言え!斎藤一人さんが言ってたぞ。お前は下の方では
  "宇宙意識"って凄いのとつながっているそうじゃないか!」

潜在意識:「……」

私:「そこに行って、攻略法を聞いて来いよ!」
潜在意識:「そんなぁ…」

私:「頼むよ。お前なら"絶対に"出来るからさぁ。」

有無を言わさず、命じるのです。

そして、信じるのです。
このゲームの攻略法は必ずある!」と

この対話を、答えが出るまで何度も繰り返すのです。

-----------------------------------------------------------------------







スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/187-95a2aed1
トラックバック
コメント
王子に洗脳されそうです。^-^

いいえ、されてしまいましょう。

柳に風の理も
ゲームと思う理も

天国言葉を心から周りのみんなに言いましょう。
愛してます。うれしいな。感謝します。ありがとう。たのしいなあ。幸せです。
あなたを丸ごと許します。

猫にも花にも蝶々にも
もちろん人にも、家族にも
笑顔でやさしい言葉かけ

今日も一日終えましょう。
明日目覚めて魂を磨いていつか行く日まで
ローズコーンdot 2015.07.06 17:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top