--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.08

本日の"お試し"

 

昨日のブログの続きです。

私は今日、
「きっと、"お試し"があるだろうな」と
覚悟して職場に行きました。



想定していたのは、社内で一番苦手なM専務との絡みです。

M専務は、「小言」を「親切」と思い込んでいるのか、
人の顔を見れば、小言ばかりを言います。

「ホメられて伸びる?」タイプの私は、彼が大の苦手。
彼から一度もホメられたことがありません。

いつも、お小言ばかり。

「今回の"お試し"は、きっとM専務とだろうな…」
と覚悟していましたが、そうではありませんでした。

------------------------------------------------------

私が職場に着くと、年下の部門長が
済まなげに、私にこう言いました。

「チーフ、今日は最優先でこの仕事をやってくれませんか?」
それは、私が若い頃に得意としていた営繕業務でした。

その担当部門のトラブルで、納期に間に合いそうになく
他部門の経験者に応援を頼んでいるとのことでした。

部門外の仕事とはいえ、会社の一大事とあらば
断る理由はありません。二つ返事で引き受けました。



しかし、実際にやってみると、昔と違って
コンピュータ化が進み過ぎて、
私の経験など歯が立たない感じです。

「まいったなぁ…」と閉口しているところにやってきたのは、
昼食休憩中の若い外国人研修生たちでした。

"Please let us help your work!"
(私達にあなたの仕事を手伝わせて下さい!)

彼らは、いつも私が厳しくシゴキまくっている、
海外の若いエンジニア達です。

「俺は、こいつ等から嫌われていると思っていたのに…」

唖然として見守る間に、
さっき私が苦戦していた箇所を
最新式の計測機器を器用に使って
難なくクリアしてしまいました。

-------------------------------------------------------

「じゃあね!」と手を振る彼らの後姿に
ウグっと、嬉し涙が滲みました。



今回の"お試し"は、神様の粋な計らいに泣かされました。

-------------------------------------------------
小林正観さんの名言集
-------------------------------------------------




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/189-a71ffb22
トラックバック
コメント
あら、一度書いて入れたのにできませんでした。

もう一度簡単に。お試しもいいことも起こると聞いて、良かったです。大概、苦しみや悲しみをともなうことばかりかと思っていましたから。ありがとうございました。

外国人の人に嫌われているはずないでしょ。私が知っている短い間だけでも十分に彼らに親切に、接してこられていますもの。
ローズコーンdot 2015.07.08 06:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。