2015
07.09

「60点はなまる主義」のススメ!

Category: 気付き
 


「100点中70点」
「60点中70点」

どちらも同じ70点ですが、あなたはどちらが気分が良いですか?
もちろん、後者の「60点中70点」ですよね。

学校のテストや資格試験など、
きっちり合格ラインが定められているものは別として、

例えば、結婚式のスピーチや何かの集会の幹事役など、
突然頼まれたことは、完璧に出来なくても良いのです。

慣れていないのだから、下手くそでも仕方ないのです。
自分を責めたり、落ち込んだりしてはイケマセン。

また、

新しい職場や仕事、新たな人間関係なども同じです。
最初から、上手くやれなくても凹んではイケマセン。

------------------------------------------------------------------------------
最近の私は、「60点はなまる主義」です。
--------------------------------------------------------------------------------



最近の私は、「60点はなまる主義」になりました。

当然、自分なりに一生懸命に取り組みます。
しかし、残念ながら完璧に対処できなかったとしても
私は、凹んだりはしません。

だって、私の合格ラインは「60点」なのですから。
目指していた想定レベルの6割方出来たら、それで恩の字なのです。

-----------------------------------------------------------------------------------





仕事や人間関係を、学校の試験のように「100点満点法」という
画一的なモノサシで評価したら、常に自分が苦しむことになります。

もちろんこれは、その結果への自己評価の話であって、
最初から、テキトーにやれば良いという無責任のススメではありません。

新しい仕事や役割、新たな人間関係も
誠心誠意、全力で取り組むべきです。

しかし、その結果が思ったほど
良い結果につながらないことはザラにあります。

そんな時は、うまく出来たことが6割方あれば、
上出来!」としましょうねということです。

----------------------------------------------------------------------



あなたは、「完璧主義者」ですか?
私は、「不完璧主義者」です (*^^)v

完璧主義は、とかく「○×主義」になりがちですが、
特に仕事や人間関係などは、
簡単に「○×」だけで判定できるものではないと思います。

「ある部分は出来たけれど、他の部分は上手く出来なかった」場合、
「○×主義」だと、これは「×」となり、全ての努力を否定することになります。
実際には、うまく出来た部分が多かったにもかかわらずです。

完璧主義は、常にプレッシャーと戦うことになります。
そんな緊迫した心理状態が続けば、本来の力が発揮できないどころか、
ストレスで心が弱くなります。

その点、私みたいな「不完璧主義者」は、
まずは、60点を目指すぐらいの気楽さで取り組みますから
目指すハードルが低い分、プレッシャーも少ないのです。

最初から完璧を目指してしまうと、小さな「×」「×」が連続しただけで
テンション低下、自信後退気味となり、

「なんとしても、次で取り戻すんだ!」と
余計なプレッシャーがかかってしまいます。

だから、まずは「60点で合格!」で良いのです。

--------------------------------------------------------------------------------



「それでは、ずっと60点のままで良いのか?」というと、そうではなくて、
「常に、60点をとることを目指す!」という姿勢が重要です。

新しい仕事でも役割でも、新たな人間関係でも、
最初は、60点の出来を目指して努力をしたら良いのです。

その状態がクリア出来たら、残りは40点です。

次のステップでは、その40点の「うまく出来なかったこと」に焦点を当てて、
その成功レベルを100点とした場合の60点クリアを目指して頑張るのです。

この「60点はなまる主義」を3回繰り返すと、
計算上は、全部で98.6%まで達成することができる勘定になります。

「60点はなまる主義」の重要なポイントは、

「うまく出来た部分」と「うまく出来なかった部分」を客観視して、
まず、「うまく出来た部分」を喜ぶことなのです。



自分をホメてホメちぎって下さい!
自分の自尊心が十分に満たされるまで、勝ち誇りましょう!

「俺って、凄い奴じゃん!」
「ワタシって、やれば出来るじゃん!」

具体的に、缶ビールなり、ショートケーキなり
小さなご褒美を自分に許すのも効果的です。


そしてその後は、「うまく出来なかった部分」を具体化し、
その60点クリアを目指して頑張るという訳です。

本日のブログは、

不完璧主義者」である私にぴったりの
60点はなまる主義」のススメでした。

※この「60点はなまる主義」は、あなた様が新たに始める
 趣味のデジカメやガーデニング、ウォーキングなどでも同じに使えます。

  ↑↑↑
画像をクリックしたら、別ウィンドウで聴くことができます。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/191-9274ac96
トラックバック
コメント
私も60点主義で行きます。英検の私の力は50点前後なんです。70点にならないと合格できません。でももう合格は無理でしょうけど、60点目指して今の英語勉強を続けたいです。
点数では計らなくていいけど、ただめやすとしてそこに焦点を当てておくと、手に届きそうに思えますものね。
イラストの入れ方が、実に楽しく素晴らしいですね。
ローズコーンdot 2015.07.09 05:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top