2015
07.12

幸運の"周波数"といつも共鳴するために。

Category: 気付き


今日のテーマは、「引き寄せの法則」です。

自己暗示の技能を強化することで、
思考は実現化する」ことを解説したこの本は、
2014年に20万部を超える売上で、年間ベストセラーとなりました。

しかし、私が強い違和感を覚えるのは、

何も努力をしないで、成功イメージさえ強く描けば、
願望は実現するのだ
」という世間の風潮の方なのです。

願うだけで、誰でもその努力なしに成功するならば、
魂磨きの必要などなくなってしまいます。

「これほど緻密な宇宙のシステムを創造した神様が
そんな安直な法則を、未熟な人間に与える筈がない!」
と、私はどうしても納得できないのです。

-----------------------------------------------



「引き寄せる」とは、「自分の方へ動かす」という意味です。

「想い描くだけで、願望が実現する?」

第一、物体ではない願望という「現象」を
どうやって引き寄せることができるのか、
そのことが理解できません。

"成功"という「現象」をどういう仕組みで
引き寄せることができるのか?

例えるならば、

若い頃、可愛い子ちゃんをしつこく口説いて
「ヒジテツ」を引き寄せたことがありますが、
あんなイメージでしょうか?

今回は、「現象」を引き寄せるという仕組みについて
考えてみたいと思います。

------------------------------------------------
「氣」について考える
----------------------------------------------



「現象を引き寄せる」という仕組みを理解する上で
解釈の糸口として見出したのは「」です。

私達日本人は「気」という言葉を日常的によく使います。

強気、弱気、浮気、負けん気、勇気、勝ち気、やる気、
邪気、根気、活気、殺気、狂気、意気、多気、無気、
陰気、陽気、妖気、眠気、呑気、暢気、覇気、雰囲気、
平気、本気、惚気、和気、電気、豪気、短気、損気、

ここでいう「」とは、つまり人間の「生命エネルギー」のことです。

さらにいえば、私達の「意識」も「氣」であり、
想いという「氣」を、つねに発している状態にあります。

気づかい、気にかける、気がきく、気をつける、
気にいる、気にいらない、気をもむ、気が滅入る、
気になる、気が晴れる、気持ちいい…。



人それぞれに「氣」を発していますから、

人間関係においては、「氣」同士が同調したり、反発したり、
共鳴したりする訳です。

初対面なのに「なんとなく気が合う」とか言います。
この場合、二人が似たような「氣」を持っていることになります。

元気な人の側にいると、「自分も元気になる」、「自分も楽しくなる」。
逆に、暗らそうな人の側にいると、自分まで暗くなったりします。

それらは、私たち人間が「氣」を発し、
そこに「エネルギーの交流」が起きていることを示しています。

---------------------------------------
「氣」は共鳴する
---------------------------------------



「氣」についての理解を深めるために、関連のサイトを
いくつか読んでみました。

この生命エネルギーである「氣」には、驚くべき特性が
あることが分かりました。

氣は共鳴する。氣には"周波数"がある!

例えば、ラジオ局などの放送局で使う放送電波は、
ある特定の"周波数"を出す事により、受信する側が同じ"周波数"に
合わせた瞬間、音が聞こえてくるという原理を利用しています。




このように自然界の法則において、あるものを振動させると、
共鳴共振をし、同じように振動しようとする性質があります。

----------------------------------------------
見えない世界でも同じ原理が働いている
----------------------------------------------

同様に、見えない世界のエネルギーでも同じ原理が働いており、
それを『引き寄せの法則』と言っているのです。

だから、周波数を発する事で、同じもしくは似た周波数のものが、
共鳴共振をし、引き寄せてこようとする原理と考えたら良いと思います




つまり、「プラスはプラスを呼び、マイナスはマイナスを呼ぶ」のです。
「磁石」を考えるとイメージしやすいかもしません。



昔から「類は友を呼ぶ」と言います。

では、「類」とは何でしょう?

電波に例えると、「類」とは"周波数"なのです。

同じ趣味の仲間でも、気が合う者や合わない者がいます。
これは、目的意識の違いです。

目的意識という"周波数"の違いで、くっついたり、離れたりしているだけで、
人を嫌っているのではないのです。

目的意識という"周波数"が違えば、気が合いませんから、話もなくなります。
この"周波数"の違いから、人はくっついたり、離れたりしている訳です。

----------------------------------


私はこうしたことを学びなから、あることに気付きました。

意識という「氣」が、ある"周波数"同士で共鳴し引き合うのなら、

いつも不平不満という"周波数"を発信している人は、
さらなる"不平不満"という出来事や人と共鳴し引きあうことになります。


「あいつ、本当に頭にくる!」
「なんで、わたしばっかり、こうツイてないの!」
「誰も俺のことを分かってくれない…」

そうぼやきたくなる心情はよく理解できますが、
実は、それってとても「ヤバい」ことなのです。

そのマイナスの"周波数"が、さらなるマイナスの事態や人を
招き寄せるからです。



不平不満や愚痴は、さらなる"不運を招く周波数"を
自ら発信しているのと同じことなのです。

やばい、やばい!

自分のために、今すぐ
"周波数"をプラスに変えましょう。

「どうしたら、"周波数"って変えられるの?」
それが実は、「感謝」なのです。

---------------------------------------
"周波数"は、すぐに変えられる!
----------------------------------------



私の解釈としては、人の"周波数"とは個人ごとに違うのではなくて、
「その時々の自分ごと」に違うのだと思っています。

「氣」が生命エネルギーならば、その「氣」の”周波数の波形”は、
その時々の「心のありよう」によって、違うと思うのです。

同じ出来事でも、

プラスに解釈できれば"プラスの周波数"を発するし、
不快に解釈すれば、"マイナスの周波数"を発します。




言いかえれば、

その時に自分が発する"周波数"とは、
その時の「感情」次第だと考えています。


「感情」は、自分の解釈次第でいくらでも変えることができます。

だから、自分が発する"周波数の波形"は、
いつでもプラスに変えることが出来る筈なのです。

「グッドチューニング」

感情から発せられる"周波数の波形"を、
楽器の音色に例えて考えてみます。

チューニング」とは、ピアノやギターなどの楽器の
音の高さを適正な状態に調整することを言います。

プラスの"周波数"を発する「心のありよう」を保つには、

不快な「感情」に襲われた時に、
プラスのチューニング(調律)をすることが、
「その都度」必要なのだと思います。

「今の自分の"周波数"は、プラスかマイナスか?」

それをいち早く察知する方法は、とても簡単です。
「今、自分は機嫌が良いか悪いか」をチェックすることです。

機嫌が悪ければ、99%、"マイナスの周波数"を発信しています。
だから、私はいつでも「ごきげんちゃん」でいるように努めているのです。

--------------------------------
感謝は、最高の"周波数"
--------------------------------


感謝するということは、愛と並んで
最高の“周波数”を発することになります。

最高の"周波数"は、最高のものと同調し共鳴します。

自分が発している"周波数"に同調する出来事や人との関係が
自分の身の回りに起こります。

それが「引き寄せの法則」の原理です。

だから自分の身に起こった出来事を振り返れば、
自分が過去にどんな"周波数"を発してきたかわかります。

「そんな法則があるわけない」と思うのも自由だし、
「引き寄せの法則」を理解し、"周波数"を調整して
今の現実を変えるのも自由です。

私は後者を選択して意識的に
自分の"周波数"をプラスに保つようにしています。

但し、感謝の思いを抱いても、

それ以上に不平不満や怒り愚痴悪口などを口にしていれば
そのような"マイナスの周波数"が強くなりますから、
イヤな出来事や人の"周波数"とばかりと共鳴することになります。

だから、感謝の思いをたくさん抱く必要があります。
最初は感謝するゲームだと思って気軽に取り組めば良いです。

毎日やっていると習慣になりますから、
感謝するようなありがたい出来事がたくさん起こるようになります。

※だから、私はいつでも「ごきげんちゃん」であろうとするのです。

----------------------------------
幸運の周波数を高める言霊
-----------------------------------------

参考までに、"周波数"をプラスに高めて
幸運を引き寄せるための「言霊」を書き添えます。

盲信的に「お経」のように唱えるということではなく、

不快な感情に駆られて
「今、私の"周波数"はマイナスに低下しているな」と
気づいた時に、"周波数"好転の「おまじない」として
意識的につぶやくように心がければ良いと思います。

『すべてうまくいっています!(過去形で)』
『ありがとうございました!(過去形で)』
『嬉しい!』
『楽しい!』
『幸せ!』
『許します(許容します)!』
『感謝します!』
『ツイている!』
『今、私は機嫌が良い!』
『おかげさま!』




繰り返し繰り返し発しているうちに、
言霊の力が動き出します。

そうしたことを習慣にするうちに、
言霊の力が作用し、あなたの"周波数"が
プラスの"周波数"と同調・共鳴し、幸運をぐいっと引き寄せるでしょう。

突然、朗報が舞い込んでくるかも知れません。

感謝の「言霊」は、
大宇宙の"慈愛の周波数"と強く同調する言霊です。

私たちは、大宇宙から命をいただいたわけですから、
それに対する感謝の言霊はその大元に投げ返され、
与えたものと与えられたものが共鳴します。

大宇宙の氣=波動とは、
すべてを生み出しすべてを受け入れる波動です。

それは、愛であり、感謝の心です。

『感謝します。』と声に出して発すると、
意識も声も言霊となって放出され、宇宙の波動に共鳴します。

そこには、自我の欲や他者を排斥する心は一切入り込む余地がありません。

言霊が宇宙の波動と共鳴すると生命エネルギ-が流れ込み、
幸運を引き寄せる力が作用し始めます。

------------------------------------------

今日のブログは、少し長くなりましたが、

私自身がより幸運に恵まれることを願って、
調べて調べて、考えて考え尽くしたことを書きました。

あなた様が今、このブログを読まれたこと自体が
さらに幸運を引き寄せるためのきっかけになることを
祈ってやみません。

お読み頂きまして、感謝致します!

I hope you have a good day today.
(今日があなた様にとって良い一日でありますように!)

---------------------------------------------

追伸)

書き忘れましたが、「引き寄せの法則」を熱心に実践しても
実際に引き寄せられるのは、願望そのものではないのです。

例えば、私がセオリー通りに

「いつも財布の中に10万円のお小遣いを持つ状態になりました!
という願望を過去形で、潜在意識レベルで強く思い続けたとします。

その結果、私のところに引き寄せられてくるのは、
10万円という現金ではないのです。

「常に10万円のお小遣いを財布の中にもっている」ための
ビジネスの材料だったり、それを支援する人の縁なのです。

斎藤一人さんもYouTube講話の中でおっしゃっていますが、
「梅干し」を願っても、引き寄せるのは「梅」やその技法なのです。

ゆえに、願望実現のためには、
最終的には自らの努力が必要なのです。

そのことをないがしろにした「願望実現セミナー」が
未だにもてはやされる風潮とは、いかがなものか。

そのことに気付けただけでも、感謝!です。

++++++++++++++++++++++++++++

今の自分にとって好ましくない事態や人間関係によって
不快な感情をどう解釈してもプラスに好転させることが難しい時は、

「自分との対話」を心がけましょう。

潜在意識にこのように尋ねるのです。
私は、この状況から何を学べば良いの?教えて!

迷いなく「なるほど!」と確信できる強い思いがその答えです。

そこから学ぶべきことに気付けたら、
その不快な事態は必ず解消してゆきます。

だって、その気付きのために起こった事態なのですから。

これだけは、信じて下さい!

あなたは、いつも守られています。




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/194-496f0b70
トラックバック
コメント
たくさんたくさん調べて、言葉を尽くして、こんな文章をのせてくださって、心から、お礼申します。よく噛み含んで書いてくださるので大変わかりやすく、毎朝お経を読むよりはこうかがありそうです。
プラスの周波数を発し、周りの人たちも幸せにできればいいなあ~。
ローズコーンdot 2015.07.12 06:30 | 編集
> よく噛み含んで書いてくださるので大変わかりやすく、毎朝お経を読むよりはこうかがありそうです。

> プラスの周波数を発し、周りの人たちも幸せにできればいいなあ~。

いつもご丁寧なコメントをありがとうございます。

私は、自分のその時の気づきを1年後でも3年後でも
読み返せばすぐに思い出せるように、

できるだけ詳しく書こうと努めています。

それが精いっぱいで、

読んで下さる方のお役に立とうなど、
大それたことは露ほども思っていないのですが、

毎回、こうしてコメントを頂くととても励みになります。

心から感謝申し上げます。

私は、コメント書かない日も、毎日、貴方様のブログを読んでいます。

ナガサキ・ブタローdot 2015.07.13 05:23 | 編集
だから、私が文中で『あなた』と書いているのは、その後に読み返した時の自分自身を想定してのことなのです。
ナガサキブタローdot 2015.07.13 07:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top