今日は、タイトルと画像でちょっと遊びました。
「思い込みの囚人(とらわれびと)」と読んで下さい (*^^)v

私も今年1月で60歳になりました。
もう、少々のことは大目に見て受け流し、
機嫌よく毎日を過ごそうと決心した矢先に、
ちょっと気になるタイトルの本に出くわしました。



上図の本のタイトルをお読みください。
『人生の99%は思い込み』

興味のある方は、書店、もしくは図書館で
ゆっくり読まれて下さい。なかなかのことが書いてあります。

------------------------
【デジタル辞典】
思い込み
そうだとばかり深く信じ込むこと。
それ以外にはないと固く心に決めること。
ある考え方に囚われて、
合理的・理論的な考えや推論を無視して真実だと思い込むこと。




■自分にとって不都合な思い込みは書き変えよう!

99%だろうが、88%だろうが、そんなことはどうでもよろしい。
すべては、私の人生に都合が良いかどうかが最重要!

思い込みだろうが錯覚だろうが、
自分に好影響を与えてくれるものは、そのままで問題なし!

しかし、自分を苦しめている原因が思い込みによるものならば、
その正体を見つけ出して、さっさと手放したい。

■思い込みは、都合よく上書きできる!

パソコンでデータ入力をする際、定期的に上書き保存をします。
その結果、データは書き換えられてゆきます。

思い込みとは、子供の頃からのいろんな体験を通して
心理深くに刷り込まれた経験則や解釈法ですから、
いくらでも上書きが可能なのです。

「人前で話すのは苦手」
「自分は仕事が遅い」
「自分は人と仲良くなれない」

そのように自分を苦しめている思い込みがあるならば、
もっと自分にとって都合の良い思い込みを上書きして、
より機嫌よく生きてゆきましょう。

明日は、「マイナスの思い込みを書き換える」
そんなテーマで書いてみようと考えています。

どんな記事になるのかは、「出まかせ」です。
「でたらめ」ではありませんよ。

私の魂さんからのインスピレーションによる
「出る」に任せる=「出任せ」ですから、

どんな記事に仕上がるのか、
私自身が一番ワクワクしています。

では明日。

今日も機嫌よく一日を愉しんで下さいませ。


スポンサーサイト

<< 「徳」の積立貯金 | ホーム | 感謝を実践しつづけるための工夫 >>

コメント

No title

おはようございます。今朝は風が弱く、ひやっとした温度は入ってきますが、昼間にかけて温度が上がりそうな感じです。

思いこみありますね。私自身の中にも、それから私の姉の中にも山ほど。そしてそれを変えられないでお墓まで持っていくのでしょうか。そういう風にしか思えませんが、思いこみを変えて、もっと自由にもっと楽しく生きられるのなら、ぜひやってみたいです。年老いていく日々にそれができたらいいですねえ、楽しみにしています。

皇子お若い。今年60歳ですか。道理で熱血漢らしい印象は若さからもくるのですね。
ブログの文章表現力もあるし、入るイラストも若々しく楽しいし活気に満ちてますね。
お知り合いになれてよかったわ~~~。^-^

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム