2015
08.21

陽気なご都合主義



シニア世代のより良い生き方についてネット検索をすると
自分の機嫌は自分でとりなさい!」という教えが出てきます。

確かにその通りで、現役をリタイヤした私たちシニアの
ご機嫌をとってくれる人なんかいません。

みな、自分のことで精いっぱい。
だから、自分の機嫌は自分でとらなきゃなりません。

機嫌良く過ごさないと、人生が楽しくありませんし、
機嫌が悪いと、体の免疫力が落ちて、老化が加速します。

■ごきげんの自己暗示

「分かっているけど、機嫌良く過ごすのって難しい…」

ええっ?本当ですか?
そんなの簡単ですよ。
私はいつでも機嫌良く過ごしています。

どうすれば良いかって?
それは簡単です!

「今、私はすごく機嫌が良い!」
「私は、毎日がとても楽しい!」


そう口に出して繰り返し、自分の脳に教えれば良いのです。

「ご機嫌」とは、脳が不快ではない状態ですから、
脳が不快ではないと判断している間は機嫌良くいられます。

要は解釈の問題。

あらゆる出来事を、自分に都合が良いように
自分が気分が良くなるように解釈し直しましょう。

「俺は今、機嫌が悪い!」

それは、あなたが気分が悪くなるような解釈を
わざわざ好んで選択しているからです。

物事をどう解釈しようが、自分の勝手です。
そう、シニア人生は「自分勝手」で良いのです。
そう、シニア人生は「自分のご都合主義」で良いのです。

あなたの人生は、あなたに全て決める権利があります。
もう、誰にも遠慮は要りません。

もうひとつ言います。

あなたが機嫌が悪いと、一番損をするのはあなたです。
そして、あなたの周りの人も迷惑します。

あなたが機嫌が良いと、一番得をするのはあなたです。
そして、あなたの周りの人も嬉しくなります。喜びます。



実は、世の中に起こるすべての出来事は、
あなたの解釈によって良し悪しが決定されています。

私たち人間は、
自分というフィルターを通してしか
物事を見ることができないのです。

そのフィルターを通過するときにはじめて
その「現象」に「意味」が与えられるんです。

ここが重要なところです。

あなたが体験する「現象」や「出来事」、「人間関係」、
それ自体には、本来的に意味はないんです。

あなたのその時の状況や都合で
「つらい」「苦しい」「最悪だ」と
「嬉しい」「愉しい」「最高だ」と
意味づけをしているだけなのです。

どうせなら、
自分の気分が良くなる意味付けをしましょう。

■視点を変えれば短所は長所になる

これからは、自己認識について書きます。

自分がより機嫌良く過ごすためには、
自分自身への認識をより高めることが不可欠です。

白を黒と無理に思い込むのではありません。

本当に白だけか?
自分の視界を疑ってみる必要があります。

自分に自信が持てない!
どうしても不安になってしまう。


そんなあなたに、言いたいことがあります。
あなたのご自分を見る視点はワンパターン過ぎます。
意地悪すぎます。

次に掲載する「だまし絵」を見て
見方を少し変えるだけで、
いかに違う風景が見えてくるかを実感して下さい。











どうですか?

モノの印象は、ひとつではないでしょう?
目を凝らせば、別の世界が見えてくるでしょう?











モノの見方が変われば、見えてくる風景が変わります。
モノの見方が変われば、解釈が変わるのです。

まだ、足りませんか?











あなたは、自分に自信が持てないと思っている。
それは、ご自身への過小評価です。

ご自分をみる視野が偏っているのです。
だから、自分に自信が持てないのです。

人生を謳歌している人ほど、複合的な視野を持っています。
上手くいっている人ほど、プラスの思い込みが激しいのです。
成功している人ほど、自分に都合よく解釈しているのです。

自分自身への評価や解釈は、視野を広げれば
一瞬で変えることができます。

自分の「優柔不断さ」に悩む人は、解釈を変えれば、
「いろんな観点を顧慮して深く考えられる」という
ご自分の長所に気づいていない人です。

自分の「意志の弱さ」に悩む人は、解釈を変えれば、
状況に応じた柔軟性が高い」という
ご自分の長所に気づいていないだけなのです。

一見、マイナスに映る短所も、視点を変えてみれば
人よりすぐれた長所である場合が多いのです。

人は、一度認識した評価や意味付けを
変えたがらない傾向がありますが、

上図のだまし絵から得た教訓から
もっと別の見方があるのかもしれない」と
自分の欠点を見直してみて欲しいのです。

あなたは、ご自分で思っているほど、
ダメな人間ではありません。

あなたの偏った見方が
あなたを落としめているのです。

表裏一体。
マイナスの裏にはプラスがあります。


これからのシニア人生を機嫌良く過ごすために
ご自身のプラスの面に
もっと注目する習慣をつけて下さい。

人一倍、オドオド、ビクビクしていた私が
厚かましくもこんな拙いブログを
毎日更新できるまでになりました。

私は、あらゆることを
自分に都合良く解釈しながら
陽気に機嫌良く過ごすことに決めたのです。

お互いに良い歳です。

もう、人からどう思われようと構わない!
そう思いませんか?

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/235-fe1cab35
トラックバック
コメント
おはようございます。こんなにたくさんのだまし絵初めて見ました。こんな絵が描ける人はどんな人格なのでしょうね。視線の中でぱっと変わる絵の中身、まるで魔法です。

自分の思いも感情もこんな風に転換できる、その能力はみんなもっているのでしょうか。ただそれに気づいていないだけ?。それをしないのは、考えが固定してしまっているから、もっと自由で楽しい世界が見えるようやはり努力と言ううものが必要のようですね。

 常に何か機嫌を悪くすることが起きたら、自分の心を凝視してこんなにぴかっと考えを転換する。そうすれば、、前向きに、明るく寿命の限りを生きられる。

このことはこれまでも形を変え言葉を変え、ここに書いてくださってきましたね。しっかり心にインプットしておきます。 ありがとうございました。
ローズコーンdot 2015.08.21 06:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top