--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.28

笑いは、「ごきげん」のスイッチ!



■ 笑うから楽しくなる!

笑う門には福来る」と言われ、最近の医学では
長寿における「笑いの効用」が実証されてきました。

「そんなことは、とっくに知っとる!」
「だけど、おかしくもないのに笑えるか!」



ピンポーン!
長崎なら、ちゃんぽーん!

まさに、その通り!

そして、そんなことを言うあなたは、
早期のボケ老人予備軍です。ちゃんぽーん!

健康寿命を伸ばす!

おかしい時だけ、笑っていては間に合いません。
おかしくない時も笑うのです。
それが、「健康長寿」の秘訣です。

今回は、そんなことがテーマです。



■さらっとおさらい「笑いの効用」

笑顔には、たくさんの効果があります!

1)作り笑いでも、ストレスを軽減させる
2)脳が「アルファ波」という脳波を出して
  集中力や記憶力を向上させる

3)顔の筋肉が鍛えられるので、
  たるみ防止で若返りにも効果がある

4)大笑いをすると、
  体の全身運動になりストレス発散効果にもなる

5)笑うとガン細胞をやっつける「キラー細胞」が増える
6)人間関係の潤滑油にもなる
7)笑いによって分泌された「エンドルフィン」は、
  モルヒネの数倍の鎮静作用がある


他にも、ポジティブな方向へ進みやすくなったり、
笑顔の人のそばには人が寄ってきます。

『作り笑い』でも、免疫効果が高まるそうです
脳の血流量が増加して脳硬塞の予防になります。

冗談を言うことは、
右脳と左脳を使うので脳にも良いのす。

笑うことで、横隔膜、顔、おなか、足、
背中の筋肉を動かすことができます。

また、血流が良くなり、
冠状動脈も健康になります。

「一笑一若」
「一怒一老」


一回笑えば、一回若くなり、
一回怒れば、一回老けてしまいます。



無表情は、脳の老化の始まり!

人間は、ボケると無表情になります。
脳が動かなくなると、表情がなくなってきます。

楽しくないから、笑わない。

健康長寿を目指したいのなら、
それはヤバいことです。

笑いは、長寿の原動力です。

ニコニコ笑顔こそ、
元気で長生きの秘訣です。




私が職場で接している海外の若者たちは、
日本語が上手くない分、にっこりと笑顔を見せたり、
愛想よくウィンクをしたりします。

健康長寿を願うのならば、
脳を怠けさせないように、日々心がけて、
にこやかにふるまうクセを身につけてゆきましょう!



■目の表情を特訓しよう

「目は口ほどにものを言う」と言われます。

手話の第一人者である丸山浩路さんは、
目で相づちを打つことをすすめています。

感動的な話や悲しい話には、
深く目をつぶったり、じっと下を見たり、
相手の目を見つめたり工夫すれば、
こちらの感情を伝えることが出来ると言っています。

また、相手が話に詰まったり、
言い淀んだりした時は、

気持ちばかり大きく目を見開いて、
話の続きを促してみるとか、目の表情も
大切なコミュニケーションの手段として有効です。



■笑うから楽しくなる!

「ドリフ大爆笑」のBGMで流れる
おばさんの笑い声につられて、笑いが何割増しかになったりします。

つまり、そのこと自体が本当におかしいことなのか?
ということはそれほど重要ではなくて、
雰囲気で笑ってしまうことが多分にあるということです。



山口県防府市には、今も「笑い講」というのがあって、
参加者一同、とにかく大笑いをするそうです。

最初は、わざとらしい笑い声を出しているのですが、
次第に本当におかしくなって、笑い転げるらしいのです。

笑っていれば、楽しい気分になる。
悲しく辛い時も、まず笑ってみることです。

口角を上げるだけで、楽しい気分になります。
鏡の前で試してみてください。



笑いは、「ごきげん」のスイッチです。

■一週間の「笑顔行」に挑戦しませんか!

「いつも笑顔でいる」というのは、とても良いこと。
では、日常で「いつも笑う」にはどうすればいいのか?

それは、日頃から無理にでも笑顔を作る努力をすることです。

難しいことは考えないで、
とにかく、一日中「笑顔」でいるように意識する。

例えば、朝起きたら「笑顔」に。
家族との挨拶も「笑顔」で。
ご飯を食べる時も「笑顔」で。
歯を磨くときも「笑顔」で。

そして、夜、ベッドに入った時にも
「笑顔」で目をつむります。

寝てる最中も「笑顔」を意識してください。
そして、朝目が覚めたらまた「笑顔」です。 



このように、ずっと朝から晩まで
毎日笑顔を続けるのです。

これを続けていると、自分の顔に
「笑顔」が固定されていきます。

笑顔でいることが、「当たり前」になります。
笑顔でいないと、違和感を覚えるようになります。

ここまで行けば、
ちょっとぐらいの悩みや悲しみ、
怒りや落ち込みなどは、顔に出て来なくなります。

たとえ怒ってる人でも「いつも笑顔」な人は、
怒ってる顔ですら良い顔に見えてくるものです。

笑顔の人は、人を惹きつけます。

病気のある人ですら、免疫力が高まって、
重い病気ですら改善することだってあるのです。

何より「いつも笑顔の人」は、
不幸や不運、病気を一切感じさせないものです。



修行僧になったつもりで、この「笑顔行」を
一週間、是非、トライしてみて下さい。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/242-0d82a3be
トラックバック
コメント
笑顔笑顔笑顔ですね。スマイル、スマイル、スマイル。心がけましょう。夫にもうの言う時もそうしましょう。顔をしかめて言わない。面白い言葉を付け加えて、ついでに自分で笑う。面白いブログの文章には、遠慮せずに笑う。声を上げて笑う。
最近テレビを「笑点」だけは見るようにしています。その時は大きな声で笑います。
もう少し長くあればいいのですが。
今日もいいお話ありがとうございました。今にっこりと画面のむこうの王子にあいさつしています。ちゃんぽん!
ローズコーンdot 2015.08.28 06:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。