--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
09.14

ごきげんな聞き上手!『傾聴』



私が勤める会社には、一羽の「トンビ」がいる。
それは専務のあだ名。

トンビ

それは、「トンビに油揚げをさらわれる」という、
あの格言の中に出てくるトンビから命名された。

毎週月曜の午前10時からの部門長会議で、
専務はトンビぶりを遺憾なく発揮する。



各部門長の報告の途中に割り込んで、
ああ、分かった分かった!
要は○○○ってことだろう?
」と
勝手に話の内容を決め付ける。

それでも当たっていれば問題ないが、
早合点すぎて的外れな場合がよくある。

この迷惑なトンビのおかげで
1時間で終了予定の会議が2時間にも及び、
私の午前中の予定がいつも狂い、
その分、午後に忙しい思いをさせられる。

まったく迷惑なトンビだ!



1を聞いて10を知る」ためには、
理解力、想像力、過去の経験知識などによる
「読み取る能力」が不可欠なのに、
現場の仕事を知らなすぎる専務の早合点は、
いつもどこか的ハズレで、
会議参加者の失笑を買っている。

今日は9月14日の月曜日。

今日10時からの会議では、
私が作業の進捗状況を報告することになっている。

そこでまた、話の途中であのトンビに、
「油揚げ」をさらわれるのかと思うと、
私は今から気が重い。

だから、あのトンビに当てつけに、
本日のブログのテーマを「聞き上手」とした。



人を動かす力
椎名規夫・著
アスカビジネス


この本は、リーダーリップの本ですが、
興味深い内容だったので、
重要な箇所を引用させて頂くことにします。

共感能力とは、こちら側が、
相手の気持ちに共感することではない。
相手から「この人だったら分かってくれる!
この人だったら信頼できる!」と
感じてもらうことだ。


と書いています。



■「共感」を重視した話の聞き方

この本の著者は、相手の話を聞く際に、
なたのその気持ちよーく分かります!
などと、軽はずみな相槌は打つな!と書いています。

こちらがどうかではなく、
相手の気持ちに寄り添い
確かめるように話を聞くこと
本当の共感だと書いています。

オウム返し

相手の話の聞く場合は、優しく頷きながら、
同じ言葉を「オウム返し」をするのが良いそうです。

…、だから私、本当につらいのよ!
そうそう、本当につらいわね!

…、だから俺、マジで参ったよ!
そうそう、参るよなぁ!

自分の感想を「合いの手」とするのではなく、
同じ言葉のオウム返しが一番の「合いの手」になる。

それが、
相手の気持ちに寄り添う」ことになるとのこと。

「この人だったら分かってくれる!
この人だったら信頼できる!」と
感じてもらえる関係とは、言い換えれば、

この人だったら話を聞いてくれる!
この人には何でも話ができる!
この人とは心と心が通い合う感じがする!
という関係のことだと言う。

■一瞬でできる信頼関係



英語での信頼関係に関する単語に
「trust(トラスト)」と「rapport(ラポーッ)
という単語があります。

「trust」は、「信頼」や「信用」の意味があり、
rapport」は「調和的な関係」という意味があります。

本日のテーマである「傾聴力」を高めるためには、
後者の「調和的な関係」を意識するのが
とても効果的なのだそうです。

■相手の好みや興味を否定しない



私は、「プロレス」と「時代劇」がとても好きなのですが、
相手との何気ない話題のなかで、そのことに触れると、

プロレスって八百長だろう?
時代劇が好きっておっさん臭いなあ!」って、

やかましいわ(怒)!
その一言で、私は話をする気が失せます。

私が何に興味をもっていようが、
それは私の勝手です!

そのせいで、相手が迷惑をするのでしょうか?
そんな否定語を口にする相手の気が知れません。

私なら、そんな否定語は絶対に言いません。
それは「余計なお世話!」であり、
否定する意味がないからです。



相手が「盆栽いじり」が好きだと言ったら、
へぇ、盆栽!そりゃいいねぇ!

相手が「プラモデル作り」が好きだと言ったら、
へぇ、プラモデル!そりゃいいね!

相手が気分よく話をする、
そのウキウキした表情を見ているだけで、
こちらまで機嫌が良くなり、得をします。

何気ない雑談の中で話題にのぼる、
相手の好みや興味、率直な感想、
それらを否定するほど、
無礼!非礼!失礼!なことはありません。
それは、一種の犯罪とさえ思っています。

相手の話を聞く時は、
傾聴」するのが一番です。

■傾聴を成功させる4つのポイント



1)「聴く」ように「聞く」!

話を聞く上で最も大切なことは、
相手の考えを知ろうとする気持ち」や
相手の考えに寄り添う気持ち」です。

このような姿勢で「傾聴」しないと、
この人は表面的で全然話を聞いてくれない…
そのような印象を与えてしまいます。



カラオケでもそうですが、
自分も好きな歌だからと、
途中から自分も歌い出すのはマナー違反です。

こんな初歩的なことさえ守れない
ジイさんやバアさんが多すぎます!

相手が歌い終わるまでその歌を
耳を澄ませて「聴く」姿勢が大切です。

2)相手の話を奪わない!



相手の話を聞いている時に、
自分にも同じ経験があったり、
特に関心があったりする時などは、
つい、自分の意見を言いたくなるものですが、

傾聴すると決めたら、相手の話を奪わずに、
聞くことに徹する」ようにすると、
話し手は「聞いてもらっているな」と感じます。

とはいえ、どうしても
自分の意見も言いたい時もあります。

その場合は、
全部話を聞いたら、最後に話そう!」と
いうことにしておくと、ストレスなく話が聞けます。

3)相手の意見を尊重する!



話の内容が、自分の意見と異なる時、
つい感情的になって反論したくなることがあります。

けれども、あなたにはあなたの意見があるように、
相手には相手の意見があります。

相手の意見が自分と違うというだけで
それは違うと思うなあ!」と反論するのは
あまりにも傲慢すぎます。
人としてのレベルが低すぎます。

賢明なあなたは、そんなことはしないでしょうが、
相手の意見は、そのまま尊重するよう努めましょう。

4)笑顔、相づち、頷きも積極的に!



どんなシーンでも笑顔、相づち、うなづきは
より良いのコミュニケーションの鉄則です。
意識的に取り入れましょう。

もし、話の雰囲気的に笑顔がふさわしくなかったら、
表情や振る舞いは相手に合わせて、
心の中ではにっこり笑顔で話を聞くようにしましょう。



■「相槌」のあいうえお

あなたは、「あいづち」に自信がありますか?
そうなんだ!
あっそう!
ふーん!」と素っ気ないあいづちしか
返ってこないと話す相手も盛り上がりません、

あいづち」は、コミュニケーションを
スムーズにしてくれる潤滑油のようなものです。

あいづち」のパターンを増やすことで、
相手から色々な話を引き出すことができます。

ぁ!」
いですね!」
ーん、それはひどい・・・」
ーッ!すごい!」
ー、なるほど」

この「あいうえお+ひと言」の基本の組み立て
知っているだけで雲泥の差です。

------------------------------

これらのことを意識するだけで、初めて会った人とでも、
心と心が通い合った関係を作ることができそうです。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/260-d89f215a
トラックバック
コメント
おはようございます。
今朝もまたいいお話、少し反省しました。特に自分もそう思う時なんか、自分の事例を言おうとするところ、もっと最後まで聞いてからにしないといけませんね。

ブタローさんのページの文章は長いからいいと私は思っています。自分の心を変えようなんてことは、短い言葉で、すぐ変わるのなら、苦労はないわけで、繰り返し、念を押すように叩き込まれて、心に残り、思いだしもするわけです。仏教でも何度も繰り返し、そのことを聞いたり、読んだり唱えたりするのがよいと書かれていましたが、まさにそのとうりだと思います。だから前書かれたことでも、何度でもいいですから聞かせてください、読ませてください。

今朝もありがとうございました。できるだけ2回以上は読むようにしていますが、悲しいかな忘れることが多く、いけません。でも少しずつ心に積み重なっていきます。
ローズコーンdot 2015.09.14 06:14 | 編集
ローズコーン姉貴さま!

コメント有難うございます。

「ロッキュー」です!

これは、最近多用しているフレーズで、
サンキューの2倍の感謝を込めたフレーズ。

バカバカしいですが、
私はとても楽しいのです。

>ブタローさんのページの文章は
>長いからいいと私は思っています。

まさに、「ロッキュー!」です。

このブログは、基本的に
1年後の自分が読み返しても
ピンとくることを前提に
詳しく書こうとしていますので
どうしても長くなってしまいます。

私はどれだけ長くても、自分の文章ですから、
焼酎でも飲みながら気楽に読み進める訳ですが、

折角訪問して下さった方に
お手間をとらせていけないという危惧もあり、
気になることを書かせて頂きました。

できるだけ、更新前に読み返して
重複するムダな行数はカットしながらも、
自分なりのリズムで間合いで
これからも書かせて頂きます。

ほっとしました。
有難うございます。
ナガサキ・ブタローdot 2015.09.14 06:47 | 編集
私はブタローさんのお話を忘れないように毎日、お気に入りの素敵なノートに書いています。

いつも楽しい画像は写メして保存しています。
最近は交友関係が広がってもっと親しくなりたいと
思う方が増えて来ましたので、ブタローさんの会話術を
もっと学んで行きたいと思います(*^^)

いつも私にパワーを与えて下さるブタローさんの
なが~いブログに「テンキュー!」です。
サラdot 2015.09.14 14:25 | 編集
サラさん

コメント有難うございます

私はホメられて伸びるタイプのおっさんですので
嬉しいコメントにテンションが上がりました。

このブログでは、自分や読んでくだれる方が
少しでもご機嫌な毎日が過ごせるような
コツや考え方を探して紹介することを
念頭において書かせて頂いています。

そのネタには事欠きません。

私は定年スライドの嘱託社員だし、
私の上司は以前の部下だし、
文化の違う外人はいっぱいいるし、
経営陣にはトンビまでいます。

毎日がスリリングです。
ブログのネタをもらいに
会社に行っているようなものです。

読んで下さって有難うございます。
これからもハッスルします。

「テンキュー♡」です
ナガサキ・ブタローdot 2015.09.14 15:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。