2015
09.21

頑張りすぎない



家の中の『さしすせそ』
さ=裁縫、し=躾、す=炊事、せ=洗濯、そ=掃除

これに趣味やお付き合い、
さらに食事やお風呂、
睡眠もたっぷりとらなくちゃ!

こうしてあなたの一日は
盛りだくさんに終わってゆく。

楽しい一日でしたか?
それは良かった♡
それはとても素晴らしいこと♪

だけど、
頑張りすぎてはいけませんよ (^.^)/~~~

「ほどほど」が一番長続きするコツ
「適度」が一番愉しむコツ

「夢中「必死」とは違います。

楽しみで始めたことが、しんどくになったら、
しばらくお休みすれば良いのです。

ボランティアで続けていることが、負担になってきたら、
しばらくお休みしたって、誰も文句は言いません。

シニアの快適生活

シニアの快適生活の基本は、
何ごとも、自分ありき!で良いのです!

誰に雇われている訳でなし、
もらえる年金が増える訳じゃなし、
疲れるほど頑張る必要なんてありません。

自分の「~ねばならない!」に
追いかけられてはいませんか?



私たちは、子供の頃から
「頑張れ、もっと頑張れ!」
叱咤されながら育ってきました。



学生の時は親や先生から、
職場では上司や先輩から、
親になったら自分から、



ずっと「頑張れ!」ってムチを打たれて
頑張るのが当然と、義務付けられてきたのです。

だから、これからの「ゆとりの人生」ぐらい、
頑張らないで楽しんでやってもいいんだと、

「文句があるか!」と開き直っても
バチは当たらないだろうと思って欲しいのです。

私たちには、「頑張りグセ」が沁み込んでいます。
せめてこれからの「ゆとりの人生」ぐらい、
頑張らないで楽しんでやってゆきませんか?

「必死」になる前に、
一度立ち止まって考えてみませんか?

肩に力が入り過ぎては、
すぐに肩が凝ります。

別にその道のプロを
目指している訳じゃないのなら、
「必死こいて」自分に
ムチ打つ必要なんてないのです。

歯をくいしばって頑張っても
良い成果が出るとは限りません。

速度をゆるめて楽しんでやった方が
良い成果が出る場合もあります。

「頑張る」のではなく「顔晴る」のです。

「顔晴る」とは、
晴れやかな顔(笑顔)で楽しく取り組むことです♪

頑張りすぎない
それが今日のテーマです。

「頑張ろう」は現状否定から始まる

「さらに良くしよう」
「もっと成長しよう」という意欲的な姿勢は、
実に前向きで素晴らしいことである反面で、

「今の状態はまだまだ!」という
厳しい現状否定の上に成り立っています。

更なる成長やレベルアップを目指すことは、
とても素晴らしいことですが、

現状否定までする必要はない
思うのですが、いかがでしょうか?

趣味で撮ってるデジカメ写真や
ガーデニングの庭園などは、
これまでのあなたの頑張りの成果です。

それを「まだまだ不十分!」
きちんと評価しもしないで、

「さらに良いものを!」なんて否定している。

その向上心は評価に値するけれども、
それではご自分が可哀そうすぎませんか?



出来うるならば、

今までのご自分の頑張りを
まず十分に評価した上で

「さらにもう少し」とその上乗せ分を
目指すスタンスが大切なのではと思います。

今までも、あなたはとても頑張ってきました。

だけど、あなたのスキルレベルが上がるほどに、
今の自分の作品のアラばかりが目立つのです。

そのアラは、100点満点中96点の残りの4点分です。
そのことをしっかりと、自分に伝えて欲しいものです。

■何もしない日を確保する



あえて、何もしない日を設けてみる。
すると、いろんなことが見えてきます。

ただ一生懸命にやるばかりでは、
心身が疲れきってしまいます。

「やりたいこと」
「やらねばならないこと」
すり替わってはいませんか?

やらなければならないことが
毎日、山のようにあって、
時間という魔物が追いかけてくる・・・

このようなことの連続では、
当然、疲れてしまいます。

そのような時は、たった1日でもいいので、
「何もしない日」をつくってみてください。
完全に心身を休めてもいいことにするのです。

「何もしない日」は、エネルギーを完全に消耗したり、
カラカラに枯渇させてしまうことを防いでくれます。



たった1日でも、本当に生き返ります。

あなたが倒れては困る人がたくさんいます。
だからこそ、壊れる前に
「何もしない日」を確保して自分を救いましょう。

「何もしない日」は怠けるのではなく、
自分を救うための日です。

明日への活力のため、パワーをチャージするため、
そして、自分を守れるのは自分だけです。

「何もしない日」で、
心と体の疲れを徹底的に回復しましょう。



心を削らない働き方
>ほんとうの自信を育てる6つのレッスン
山口由起子 著
阪急コミュニケーションズ


■自分との戦いは、自分を弱くする

「自分に甘くすると、ダメになる」と思っている人は、
「自分との戦いを続けていると、
心身ともに鍛えられて、強くなる」
と思い込んでいることも。

しかし、自分との戦いは、
自分を弱くすると著者は主張します。

理由は、自分との戦いを続けていると
緊張状態のなかで毎日を過ごすことになり、
休まるヒマがなくなるから。

自分は「敵」なので、自分自身から攻撃されないように、
絶えず警戒していなければならない。

それが24時間365日続くのですから、
常にピリピリしながら過ごすことになります。

このような状態を続けていると、外からは強く見え、
「できる人」のように思われることもありますが、

内面は、中身が白アリに食われて
スカスカの柱のようにもろいといいます。

だから、ちょっと注意されただけで落ち込み、
ひどい状態になると、バタッと無気力になることも。

がんばり続ける限り、強くなるどころか、
どんどん弱くなっていくわけです。(56ページより)

■自分のせいにするのをやめる

自分を敵にしてしまう人は、
失敗やうまくいかない原因を自分のせいにしがち。
過剰に責任を感じ、自分自身を責めるそうです。

でも、人は強い思い込みを持っていると、
それを強化するために事実をつなぎ合わせて理屈をつくるもの。

「自分はダメだ」という思い込みがあると、
具体的にうまくいかないことがあったとき、
原因を真っ先に自分自身に求めるのだそうです。

そこで、自分自身のせいにすることをやめて、
「自分はダメだ」の強化をストップする。

「思いグセ」として染み付いてしまっているので
簡単ではありませんが、

「自分のせいだ」という気持ちが出てきたら、
フタをせずに受け取る。気持ちを流れるままにする。

そして、
気がすむまで責めたら、別の角度から物事を見てみる。

ここで大切なのは、
「自分の手の届かないところにも、
失敗の原因はあるのではないか」という
視点で見ること。

つまり

「ひとつの現象が起こるには、
いろいろな原因が積み重なっている」
ということを実感する。

その一部を、自分の責任として受け取るようにするというわけです。

「とはいっても、自分があそこで間違えなければ...」と、
別の理屈から攻撃したくなるようなときは、
攻撃させておくのではなく、「大丈夫だよ」とただ受け止める。

モヤモヤとした気持ちは残るかもしれませんが、
やわらかい言葉で受け止めて気持ちをおさめることで、
心のなかからとがった刃物が消えるといいます。(60ページより)

■自分の味方になる

自分の味方になると、「自分はダメだ」という前提から
生まれる不安が消えるため、むやみにがんばる必要がなくなり、
いつもリラックスしていられるとか。

リラックスできる理由のひとつは、
心にセーフティネットが張られるから。

ドーンと落ち込みすぎたり、
不安でたまらなくなるようなことがなくなるそうです。

自分との戦いをしているときは、
落ち込んだ自分をとことん責めるもの。

でも自分の味方になると、落ち込んでも、
自分で追い打ちをかけることをしなくなる。

もちろん人間ですから感情の波はありますが、
慣れれば自然とある一定の沈み込みでおさまり、
回復もスムーズになるのだとか。

リラックスできるもうひとつの理由は、
自分を尊重できるようになるから。

「自分はダメ」が前提のときは環境に左右されやすく、
うまくやっていくためにがんばり続けなければならなかった。

しかし自分の味方になると、
求められることに応じるだけでなく、

自分自身を尊重し、「できないことは、できないと伝える」
という選択ができるようになる。

無限にがんばらなくてもよくなるので、
安心していられるわけです。(71ページより)

頑張りすぎることも、緊張でピリピリすることも、
いつでもやめることができます。

リラックスして毎日を過ごすことは、
誰にでもできることなのです。(74ページより)

---------------------

もし、これらのことにピンと来るものがあったなら、
ちょっと頑張りすぎかも…

少し速度をゆるめてみてはいかがですか (^v^)







上記のブログ記事を読んだローズコーンさんより
朝6時に早速コメントを頂いたのに、

その承認さえできないなんて、
このFC2ブログのシステムは
一体どうなっているのでしょう

一昨日は夕方から閲覧さえ出来ませんでした。
無料で使わせてもらっているブログシステムなので
苦情をいうつもりはありませんが、

せっかくコメントを頂いたのに、
その返信どころか、今日はその掲載承認もできないなんて、
私はとても悲しいです。

だからせめて、この紙面を使って、
ローズコーンさんからのコメントを
掲載させて頂きたいと思います。

※良ければ、ローズコーンさんの
ブログも覗いて見て下さい。
今日のブログ写真や文章もとても良いですから。



以下、ローズコーンさんからのコメント文です♪



おはようございます。

今朝は、このブログを見ていて、
私のために提言して下さっていると感じながら読みました。
確かに、これまで随分頑張る生活を送り続けてきました。

それが自分の性分だとも思って生きてました。

しかし最近、少しずつ、
その気持ちが変化してきたように感じます。

やっていることはあまり変わらないけど、
すべてを楽しみつつ、誰からも、
自分からも押し付けられないで、
日々自分らしく楽しく、
顔晴れる日々になってきたように思います。

ブログもやりたいようにやり、
下手な短歌や句も恥ずかしげもなくさらして、
私はわたしよって開き直るような・・・。

でも本当に、
何もしない日を一日作ってみると分かりますね。

でもそれって、突然肺炎になったりして、
そんな日は4,5日づづいたりしますので、
それもありがたいと言うことです。

勉強だってしゃかりきにならず、
やりたいことをやり、読みたいものを読み、
でも少しづつでも高みを目指す生き方、
これからも健康な限りやっていきたいです。

※ローズコーンさんのブログURL
http://plaza.rakuten.co.jp/hamabira/




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/267-284f3781
トラックバック
コメント
あ・り・が・と・う。ブタローさん。
ローズコーンdot 2015.09.21 06:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top