2015
09.22

受けて立つ覚悟



私が大好きな言葉をご紹介します。

あばたもえくぼ♡

自分が大好きになった相手であれば、
あばたでさえ可愛らしい「えくぼ」に見える。

この言葉を漢字にすると
この言葉の凄さが分かります。
これはまさに「天国言葉」そのものです。

痘痕も笑窪♡



※「あばた」とは、
皮膚の天然痘が治ったあと、
皮膚に残る小さなくぼみのこと。



Love covers many infirmities.

(愛は多くの欠点を覆い隠す)

<用途>
「あばたもえくぼ」で、
鼻の下に大きなほくろのある妻を、
マリリン・モンローのように
色気ある女性だと思っている夫。



『あばたもえくぼ』
これが「ごきげん思考」です。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」
これが「ふきげん思考」です。

ごきげん思考=ポジティブ思考
ふきげん思考=ネガティブ思考


どこかのサイトで、
「人の思考は7割がネガティブ思考」
そんな身につまされることが書いてありました。

だから私たちは、不平・不満・不安…。
不機嫌になりやすい生き物なのです。



あなたのブログは理想論ばかりで中身がない!
いつも「ごきげんちゃん」なんて
それができれば苦労はないです!


先週末に、とても厳しいメールを頂きました。
「あなたみたいな達観は私にはムリ!」
それが送り主「M」さんの主張でした。

だけど

「あばたもえくぼ」も、
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」も、

ものごとの見方やとらえ方の違いが
生みだすものです。

それを変えることで、自分がご機嫌になれるのだったら、
変えたほうがお得というのが私の主張です。



私がこのブログで書いていることは、
人一倍気弱な私が、とてもつらい事態に陥った時に
その不愉快な感情の牢獄の中から、自分を救い出すための
「救出マニュアル」なのです。



人様に読んでもらうために
書いているブログではなくて、

自分に困ったことが起きた時に、
自分が不安に襲われた時に、
自分が老いさらばえた時に、
自分がそろそろ死にそうな時に、


何度も読み返して、へこたれそうな自分を
抱き起こすための手引書なのです。

だから、

人生を達観しているからではなくて
人生を達観していないからこそ
書きためている手引書なのです。

受けて立つ覚悟

自分に起こってしまった事態は
自分でしっかりと受けて立たねばなりません。

元気に自由に活動ができる人にとって、
まったく必要のない手引書であっても、



いつか自分が老いさらばえて
「介護」ベットの上で自由がきかなくなった時に
さっと読み返して、絶望的な自分を「ごきげん」にする
そんな手引書を書きためているのです。

「老衰」や「死」の前にも、
人間関係や金銭問題、あるいは
東日本大震災みたいな災害などで
困難な事態に自分が遭遇するかも知れません。

その時には、自分自身で
その事態を受けて立たねばなりません。



受けて立つ覚悟

どんな事態が起きても、逃げないで、
自分でキチンと受けて立つんだ!


その覚悟を固めるために、
毎日、こんなブログを書いています。



ぶざまにも、己が下半身をさらして、
他人様に自分の下の世話をしてもらう時にさえ、

自暴自棄にならないで、
「ありがとう!おかげ様で気持ち良いよ!」
その人の労をねぎらえるように、

その「覚悟」を固めるために、
今から「ごきげん思考」を自分に躾けています。

未熟な私は、元気な今のうちから、
人の3倍は練習しておかないと
そんな高度な配慮はできそうもありません。
だから、毎日がその時のための練習なのです。



もしかしたら、愛する妻の方が、
私より先にベットの住人になるかもしれません。
そうなったら、私の覚悟がモノを言います。

受けて立つ覚悟

これから自分に起こる事態は、
逃げないで受けて立つんだ!


それが私の目指す「覚悟」です。

何が起きても大丈夫!
全然大丈夫!


そう自分に言い聞かせるために書いているブログを
「単なる理想論」と斬って捨てるのならば、
それは、その方の自由です。

けれども、

「ごきげん」でさえあれば、
どんな苦境も切り抜けられる知恵が湧きます。

「ごきげん」でさえあれば、
他人様に「ごきげん」を分けてもあげられます。

「ごきげん」=こころのゆとり
人からなんと言われようと、
私はこのブログを書きためてゆく決意です。



あなたのブログは理想論ばかりで中身がない!
いつも「ごきげんちゃん」なんて
それができれば苦労はないです!


このメールを初めて読んだときは、
すごいショックを受けて凹みましたが、
この数日間の自問自答の中で、

どうしてこんなブログを
自分は書き続けているのかの
答えが見つけられました。

受けて立つ覚悟

それを固めるためのブログを
私はこれからも書いてゆきます。







-------------
「たくちゃん」さんからのコメント
--------------


ブタローちゃんのブログは、
理想論であろうとなかろうと
私にはとても勇気をもらえるわ。

今朝は2度読み返しました、
結構素直な私(?)グングン心に入ってきて
しっかり銘記しておきたいと思います。

「受けて立つ覚悟」

そんな事態がもう目前です。
でも私にもとっくにその覚悟はできています。

ま、実際にそんな場面に出くわしたら
どう対処できるかどうかわかりませんが、

それでもブタローちゃんのブログを読んで
また覚悟ができた気がします。

Mさんがどう思おうと
私はブタローちゃんのブログから
たくさんの学びをいただいています。

ブタローちゃんの為だけではなく
私と親友のローズコーンさんの為にも
書き続けてくださいね。

「たくちゃん」さんのブログ
毎日を有意義に過ごそう
http://plaza.rakuten.co.jp/takutyan9000/



「たくちゃん」さん

ありがとうございます。
嬉しいコメントに気力が満タンになりました。
感謝します♡


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/268-7f1973f6
トラックバック
コメント
ブタローちゃんのブログは理想論であろうとなかろうと私にはとても勇気をもらえるわ。
今朝は2度読み返しました、結構素直な私(?)グングン心に入ってきてしっかり銘記しておきたいと思います。

「受けて立つ覚悟」、そんな事態がもう目前です。
でも私にもとっくにその覚悟はできています。

ま、実際にそんな場面に出くわしたらどう対処できるかどうかわかりませんが、それでもブタローちゃんのブログを読んでまた覚悟ができた気がします。

Mさんがどう思おうと私はブタローちゃんのブログからたくさんの学びをいただいています。

ブタローちゃんの為だけではなく私と親友のローズコーンさんの為にも書き続けてくださいね。
たくちゃん」dot 2015.09.22 06:49 | 編集
私もたくちゃんと同じ考え、そして、やはり弱いナイーブ(?)な心を持つ私は、ここを読んでうんとうんと心に貯金しておいて、これからの出来事を受けて立つ覚悟をするのです。津波の時の災難だって、避難訓練や、その考えをなんども体験してきた人たちはやはり、違ってましたしね。老いに向かうというのは生半可なものではないことです。然しその中を余裕を持って、受けて立つのであれば全然違うと思います。
さあ、これからの苦難よ、覚悟しておいでと言えますね。それはここをよんでいるからです。もう実際にも今役に立っています。

たくちゃんありがとう。私は遅くなってしまいました。スワッチとタブローちゃんのところに駆けつけるべきでしたのに、ごめんなさい。
ローズコーンdot 2015.09.23 06:39 | 編集
いつも読み逃げ組みです。
私もきついこと言われたことあります。
でも、ブログってその人個人の世界なんだから、わざわざそんなこと書いてくる人ってどうなんだろうね?
違うと思えば、自分のところに自分の意見を書けばいいだけ。
人を不快にまでさせて自分の意見をコメントする必要、あるのかな?
とおもいました。

ローズコーンさんとこで紹介されて以来、ファンです^^
めろんdot 2015.09.23 10:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top