2015
10.02

奥さんに可愛がられる亭主になるぞ♬



その健やかなるときも、
病めるときも、
喜びのときも、
悲しみのときも、
富めるときも、
貧しいときも、

これを愛し、これを敬い、
これを慰め、これを助け、
その命ある限り、
真心を尽くすことを誓いますか?

はい、誓います!

私ブタローは、うかつにも
30年も前の結婚式の時に、
神様と自分と我が妻に
そう誓ってしまいました。

神様に誓ったことは、
守らなくてはなりません。

本日のブログは、もう一度、
ごきげんな夫婦関係を取り戻すための
「新しい亭主道」がテーマです♪



私は、「真・亭主関白」を目指しています。
歴史を紐解けばすぐに分かりますが、

「関白」とは、「帝(みかど)」に次ぐ2番目の位。
家庭内では、間違いなく奥さんが「帝」であるからして、
「関白」とは、奥さんを補佐する役目に過ぎんのです。

「亭主」という言葉の由来にしたって、
本来は、「茶会で茶事を主催する人」であり、
お茶を振る舞う人、もてなす人という意味。

だから、『亭主関白』というのは実は、
奥さんをチヤホヤと もてなし
補佐する役目
に過ぎんのです。

我が家の未来を明るくするのは、
ひとえに、上手に奥さんの尻に敷かれる
「心」と「ワザ」を持つ私ら男衆の
亭主力にかかっているのです!

そんなことを教えてくれた、有難いサイトをご紹介します。


全国亭主関白協会
http://www.zenteikyou.com/znintei.html

今日のブログでは、この素敵なサイト『全亭協』
宣伝部長を務めたいと思っています。





世のご亭主様がたへ

「全国亭主関白協会」が販売するこの掛け軸を
ご自身への戒めと、奥さんからの風除けのために
お買い求めになって、毎日座るトイレのドアに
かけておいてはいかがでしょうか?

サイズは400×145mm
全31日間の日めくりカレンダー。

他にもこんな格言が載っています。

『亭主は我慢しなければならない。
だが、その先は何もない!』


『亭主はケンカ上手になれ。
負けグセをつけるために!』




「全亭協」では、『奥さんから愛される亭主』になるための
こんな三原則を提唱しています。その一部をご紹介いたします。



「愛の三原則」は、奥さんがあなたから
一番聞きたい言葉です。

最初は心など入れる必要はありません。
気持ちはあとからついて来ます!

この言葉が潤いとなって、
家庭内に会話と笑顔が戻ってくるでしょう。

相手を変えようとすれば、夫婦ゲンカになります。
自分から変わろうとすれば、愛と平和が訪れます。

亭主が変われば家庭が変わる!
晩酌の発泡酒が普通のビールに変わるまで
頑張り続ける決意が必要です!



①勝たない

「ちょっと、あなた!」の掛け声から
夫婦ゲンカは始まります。

話の内容次第では、あなたは
「これは勝てるかも!」と思うかもしれません。

けれども、たとえ勝ったとしても、
1時間が2時間の延長戦になるのは目に見えています。
だから、勝ってはイケないのです!

②勝てない

たとえ亭主のあなたに「分」があるとしても、
奥さんは、実に手強い相手です。

形勢不利とみれば
20年も前の出来事を引き合いに出して
応戦してくるに違いありません。

だから、勝てない!
勝とうとしてもやられるだけです!

③勝ちたくない

もし、勇気を振り絞って
その口ゲンカに勝ったとしましょう。
で、奥さんはそれで反省するでしょうか?

いいえ、
絶対にしません、そんなこと!
するハズがない!

次の機会にそのストレスが5倍10倍にもなって
あなたに向けられること請け合いです。

だから、勝ちたくない。
勝ったらロクなことはありません。

----------------------

ちょっと情けないけれど、
我ら亭主には、「非勝三原則」があります。

争わないことが真の勇者であり、勝者なのです。
全国の亭主たちよ、それでもキミは戦うのか(笑)



①聞こうよ

奥さんや子供の話は聞くだけで良い。
意見や批判はしなくて良いのです。
何故なら、あなたに聞いて欲しいだけだから。

②書こうよ

メモ程度で構わない。
すれ違いの多い時は、
「元気?」「有難う!」「頑張ってね!」

そんなメモ書きを奥さんや子供に心がけよう!
言葉より、胸に迫る場合もあるのです。

③話そうよ

オヤジの話は長く、説教調になりがちです。
極力短く話すことを心がけることです。



奥さんのストレス発散は、
「しゃべる」「食べる」「買う」であろう。

奥さんにこの3つを充実して頂けば、
夫婦ゲンカは激減するとの検証結果が出ている。

夫婦でたわいもないことを「しゃべる」
夫婦で美味しいものを「食べる」
だが、「買う」には限度がある。

したがって、それを補うのは「触れる」が大事。
それには、夫婦揃っての「散歩」がよろしい。

さりげなく手を握ったり、
さりげなく腰に手を回すことできる。

ただし、あなたに
「その勇気があれば」の話であるが(笑)



これ以上、転載したら申し訳ないので
実際に、ご自身でこのサイトをお訪ね下さい。
下記URLをワンクリックするだけで画面が開きます。


全国亭主関白協会
http://www.zenteikyou.com/zsangensoku.html



奥さまにお願いでーす♡

ご亭主に上手いことを言って、
この協会のサイトを読ませてみたらいかがですか?
ちょっとはマシに、変わってくれるかもしれません。

それから、ひとつお願いがあります。
ご亭主をもっと「ホメて」伸ばして欲しいのです。

あなたのご亭主様は現役時代、
自分の妻子が安泰に暮らせるためならばと、

自己チューなバカな上司に
下げたくもない頭を下げ、
身に覚えのない八つ当たりにも
耐えて耐えて耐え抜いてきたのです。

そんなのカッコ悪い~!

やかましいわ!
それは、この世で一番
カッコ良い男の姿なんじゃ~!

わが身など捨ててもかまわぬ!という、
せつなくも実に立派な
武士の覚悟なんじゃ~!

ウンコよりも汚いド腐れ上司に
自分のプライドをギリギリまでに削りながら
歯がみしながら従ってきた涙ぐましいご亭主を

定年退職したあとの毎日を、
ウチで無意味にごろごろしてるだけだからと言って、

年金が振り込まれる銀行通帳を片手に
家庭内の不燃ゴミの如く
蔑視するのだけは止めて頂きたい!

それではあまりにも、老兵が不憫でなりませぬ。

60歳を過ぎた男性は、飲み屋に行っても
お金がなければ、チヤホヤされることはありません。

せめて、愛妻であるあなたぐらいは、
ご亭主をホメて欲しいのです。

賢い奥さんほど、
ご亭主の上手なホメ方を知っています。

嬉しい一言① 『かっこいい!』

何歳になっても自分のことは気になります。
愛する奥さんから、「あなたって、かっこいい!」と
言われた時には、もう福山雅治にも勝った気になります。

ぜひ「かっこいい!」の一言で、
ご亭主のモチベーションをアップさせて下さいませ!

嬉しい一言② 『すごい!さすがねぇ!』

世の多くのご亭主さまはいつも
「妻に尊敬されたい」と思っていますので、
「すごい!」のひと言は嬉しいものです。

そして、それにプラスして
「さすがねぇ!」のひと言が加わったりしたら、
も、もう天にも登るほどの満足感に包まれます!

「すごい!」だけでなく、
「さすがねぇ!」を上手に使いこなすのが、
ほめ上手妻のマル秘テクニックです。

嬉しいひと言③ 『いつも有難う!』

会社員時代から、男たちはずっと、
「有難うございます」を言う立場でした。
何故なら、会社で偉いのは上司や重役だからです。

だから、男たちは「有難う」の言葉に
心から飢えているのです。

その乾きに「ご苦労さま。有難う!」
キチンと奥さんが応えてくれてこそ、
「よし!こいつのために、また頑張るか!」
やる気をみなぎらせるのです。

言うだけタダです。
ご亭主を嬉しがらせる一言を
効果的に使いこなしましょう (^-^)/



ローズコーンさん
コメント有難うございます。

しばらくは、

「夫婦のためのごきげん交際術」を
テーマとしたブログを書こうかなと思います。

なんといっても、
これからの人生の多くの時間を
共に過ごすのは連れ合いさんです。

その相手といつもごきげんに向き合える
コツを身につければ、天下泰平です。

自分なりに書いてみるつもりです。

コメント有難うございました。
励みになります。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/278-823fcfc3
トラックバック
コメント
おはようございます。
今日はまた面白い記事でしたね。
笑いながら読みました。
ここで夫のことをいうのは止めときましょう。


私は買ったシャツを着せて、かっこいいよといっていますけど。心では喜んでいるのでしょうね。

今となりゃ 夫婦喧嘩も懐かしき
ローズコーンdot 2015.10.02 06:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top