スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦関係の再構築♪



「愛しているよ、由紀子♡」
「私もよ、正夫さん♡」

新婚時代は、下の名前で呼び合っていた二人が、
子どもができると「父さん・母さん」
孫ができると「おじいさん・おばあさん」

家庭内での役割や年齢に応じて
互いの呼び方も変わってしまった。

けれども、

子供が自立したあとは、
家族間での役割分担も一段落。

ご亭主が定年退職したあとは、
夫婦間の役割分担もひと区切り。

夫婦二人きりのシニア人生では、
そんな家族内での
「肩書き」や「役割名」を外して、

下の名前で呼び合うのが
自然ではないでしょうか?

可愛い孫は、もうすでに
子供夫婦と一緒に帰ってしまったというのに、

「おじいちゃん」「おばあちゃん」
お互いを肩書きで呼び合っている。

「おじいちゃん」じゃなくて、
「ねえ、正夫さん♪」でしょう?

「おばあちゃん」じゃなくて、
「なんだい、由紀子♡」でしょう?

それではまるで家の中で、

「おい、経理部長!」
「なあに、総務部長?」
肩書きや役職名で呼び合っているのと同じこと。

もうやめましょう!そんなこと。

「母さん」じゃなくて、
「なあ、由紀子♪」でしょう?

「父さん」じゃくて、
「なあに、正夫さん♡」でしょう?

もうやめましょう!そんなこと。



おまえ百まで、
わしゃ九十九まで、
ともに白髪の生えるまで!


「この人と共に人生を添い遂げたい!」
そんな決意で夫婦の契りを結んだ二人。

互いに人格ある個人として、
敬意と愛情をもって名前で呼び合いましょう!

夫婦関係の再構築♪

夫には定年退職があるのに
妻には定年退職がない。

夫は隠居できるのに
妻は隠居できない。

夫婦はいつも平等であるはずが、
夫にばかり都合よく出来ている。

そんなの不合理!
だから妻に不満がたまる。

夫も妻も、関係上の「役割」
会社でいえば「肩書き」であり「役職名」
本当は、「正夫さん」と「由紀子さん」

夫婦関係の再構築♪

夫が定年退職したあとの人生は、
老後の人生、第二の人生と呼ばれる。

夫が定年で退職できるなら
妻も定年で退職できるハズ!

あなたが妻で、本当は自分も引退したいのに、
引退できないじゃん!と不満をもっているのなら、
夫婦の運営会議で決議するべし。

「定年退職後は楽隠居を決め込む」
夫がそう宣言した時に、「賛成!私もそうする!」
あなたも宣言すれば良かったのに。

そんなのアリなの?

アリに決まっています!
二人で運営する「夫婦」という
小さいけれど、とっても大きな
「組織」のことだもの。

あなたにも清き一票で
その組織運営の採決に参加する
「権利」と「義務」があるに決まっています!

夫婦関係の再構築♪

>夫には定年退職があるのに
>妻には定年退職がない!


それは違います!
妻がその権利を遠慮しているだけ。
妻がその権利を諦めているだけ。

>夫は隠居できるのに
>妻は隠居できない!


だから、それは違いますって!
夫も妻も、関係上の「役割」
会社でいえば「肩書き」であり「役職名」

夫婦という「組織」の運営会議で
「私も隠居するね♪」
決裁しちゃえば良いだけのこと!

夫婦関係の再構築♪

「再構築」とは、それまでの関係性をチャラにして
お互いが快適な状態に築き直すこと。

夫が定年退職した日から
夫婦の人生ステージは変わる。

だからその時に、
夫婦という「組織」の運営会議を開催して

これからのお互いの「役割分担」について
見直しや調整をするのが一番大事なこと!

そんなの知らなかったもん!
そんなの今さら言われても…


心配ご無用!

緊急会議はいつでも開ける!
その会議で、二人で見直せばよい。

そんな夫婦の運営会議の開催を、
私はあなたに提案したい。



御前会議

御前会議とは、大日本帝国憲法下の日本において、
天皇臨席の下で重要な国策を決めた会議のことで、
今日においては、会社、団体など
組織の幹部の会議の比喩として使われることも多いと書いてた。



家庭という組織では、
妻が「女帝」、つまり女の帝(みかど)。
夫は「関白」、単なる亭主関白。
奥さんの方が断然上で偉いのですぞ!

「御前会議」なんて古めかしいから、
夫婦未来会議
ハッピーミーティング
スマイルミーティング

楽しい会議名をつければ良い。

夫婦の運営会議に、議長は要らない。
夫婦の運営会議はすべて合意制とする。

どちらか一方の強硬採決があった場合は、
「別件でそれなりの譲歩をしてもらって
元はとるぞ!」
とそろばんをはじくべし。

夫婦という組織の運営会議は、
元から別人格の性格も価値観も
全く異なる二人の定例会議。

「夫婦」という大切な組織を
より居心地の良い状態に保つために
定期的に行うのが当たり前の打ち合わせ。

その場で、議論白熱となるほど良い。
その議題に関して、お互いに合意できる
主張と妥協の最終決定を導けばよい。

だたし、一度二人採決したことは
違反者にはそれなりのペナルティを
設けておくことを忘れずに。

大抵の場合、
「関白」さんが守らないから…。

夫婦関係の再構築♪



これからお互いに身体が衰えてゆく。
今のうちなら楽しめること、
今のうちから備えておくこと、

これからの「夫婦」の組織運営を考えれば、
検討すべきことは山ほどあるはず。

それはあらたまってやる必要ない。
散歩に誘ってやるのもよし。

夜のひと時に小一時間、
軽くお酒を飲みながらでも良い。

できれば一緒に
お風呂に浸かりながらなら、なお良い!

時と場所は、その都度、
自然体で決めれば良い。

仲の良いご夫婦は、ごく何気なく
そんな夫婦会議をすでにやっている。






敬愛する「たくちゃん」さんと
ローズコーンさんから、

ピリッと痛嬉しいコメントを頂きましたので、
そのコメントの紹介がてら、返信文を書かせて頂きます。

最初は、「たくちゃん」さんのコメントで
その下がローズコーンさんのコメントです。
到着順に掲載させて頂きます。


http://plaza.rakuten.co.jp/takutyan9000/

ブタローちゃん、おはよう♪

いつも楽しく読ませてもらってるよ。

読み逃げでごめんね。
あと少し勉強に集中するからね。


納得と反論があるけどね。


http://plaza.rakuten.co.jp/hamabira/

たくちゃんの納得と反論には思わず笑い。

おはようございます。
花火がなり、笛の音が響いてきました。
おくんちの始まりですね。

夫婦関係の再構築♪の文字が躍っていますね。
もうわが家は手遅れ。

でも、私は思います。

夫のためだけにやっているのではなく
己の生きていく上での必要、かつ喜び、充足、
そんな思いで家事をやっています。

夫に奉仕してやっている訳ではないので、
さして不満はありません。

なおかつ、私よりずっと年上で、
もう子供のお世話をするみたいに。

でも相手の人間としての尊厳や、
これまでの人生は大事にしつつ。

そしていろいろあった夫婦の歴史も
大事にしつつ、嫌なことは思いださず、
現在の平穏を感謝しつつ 現状肯定にします。




我が姉貴のおふたり様。
コメント有難うございました。

そうなのです。

60歳でシニアなりたての若輩者の意見など、
ビシビシ、突っ込んで下さいませ。
それが私の学びになります。

私は今年60歳で、
言ってみればシニアの若葉マーク。

そんな未熟な野郎が、
自分なりに精いっぱい調べて書いているつもりでも、
所詮は机上の論理に過ぎません。

そこに、厳しい実体験を積んだお二方が、
それぞれの環境を通して、ダメ出しをする。

その両方を、私のブログの読者の方には
もれなく読んで頂きたいのです。

その方がいつか、
定年後の夫婦のあり方に悩んだ時に、
老いの試練に遭遇した時に、

「そう言えば、あのブタローのブログに
あんなことが書いてあったなぁ」と、

対応策を考える上で少しでも
選択肢が広がってくれることが私の願いです。

それぞれに、
人生のキャリアが違います。

私が50歳の方のブログを読んで、
「…???」と違和感を感じることがあるように、

人生の先輩から見れば、
私のブログ記事はツッコミどころ満載であることは
百も承知の上で書いています。

でも、だからステキなのだと思います。
いろんな見解をひとつのブログで読めるなんて
その読者にとってはお得なことです。

私は、自分のブログ記事は、
その人の納得や反論を引き出すための
誘い水でありたいと考えています。

読んでもらって、そのテーマについて
考えるきっかけにして頂く。

起承転結

私はできるだけ、刺激的な「起」を
書いて行けたらと思っています。

ふふふ、明日はもっと、
反論を頂けそうな、
刺激的な記事を書くつもりです。

手ぐすね引いて、お待ちくださいませ。
期待を裏切らないブタローちゃんです♡

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読み逃げでごめんなさい!

ブタロウちゃん、おはよう♪
いつも楽しく読ませてもらってるよ。

読み逃げでごめんね。
あと少し勉強に集中するからね。

納得と反論があるけどね。

No title

たくちゃんの納得と反論には思わず笑い。

おはようございます。
花火がなり、笛の音が響いてきました。おくんちの始まりですね。

夫婦関係の再構築♪の文字が躍っていますね。
もうわが家は手遅れ。

でも、私は思います。夫のためだけにやっているのではなく
己の生きていく上での必要、かつ喜び、充足、そんな思いで家事をやっています。夫に奉仕してやっているわけではないので、さして不満はありません。

なおかつ、私よりずっと年上で、もう子供のお世話をするみたいに。でも相手の人間としての尊厳や、これまでの人生は大事にしつつ。そしていろいろあった夫婦の歴史も大事にしつつ、嫌なことは思いださず、現在の平穏を感謝しつつ
現状肯定にします。




No title

また今読み返して、主題から外れたコメントみたいでした。
呼び名の問題ですよね。
今更なまえは・・・・でも、冗談っぽく言ってみようかしら。爺さんもかわいそうだし、お父さんも私の父親ではないし。やはり言ってみますよ、名前を。
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集
熱烈歓迎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。