--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.09

夫婦関係 求め過ぎない程良い距離感



シニア人生の夫婦に必要なキーワードは、
「自立」「互恵」、そして「程良い適度な距離感」

お互いにこの歳になれば、
アツアツ・ベタベタ・ラブラブな夫婦関係は、
ちょっとムリがある気がします。

そうかと言って、「夫婦愛」と言う言葉も
ちょっと重い感じがします。

「愛」と言うよりは
「絆」の方がピンと来る気がします。

「シニア夫婦の絆」
今日は、そのことについて書いてみます。

求めすぎない程良い距離感

「求めすぎない」とは、期待しすぎないと言うこと。
相手に期待しすぎると、失望してしまいます。
相手はそこまで、求めていないのかも知れません。

求めすぎない程良い距離感

「求めすぎない」とは、期待しすぎないと言うこと。
「期待しない」なんて言うと、一見、
味気ない気がするかも知れないけれど、

相手に期待しない分、肩の力が抜けて
意外と楽な付き合い方ができるもんです。

求め過ぎない程良い距離感



相手に過剰な期待をしないことで
相手へのプレッシャーをも軽減する事が出来きます。

相手に過度に期待しないことで
夫婦関係の余計なトラブルを避けることが出来ます。

期待し過ぎないのも問題ですが、
期待し過ぎるのも問題なのです。

求めすぎない程良い距離感

相手に過度に期待しないということは、
相手に求めるハードルを低くするということです。

相手への期待値が低い分、失望する機会も減ります。
そうすると、相手のふるまいに対しても
寛容になることが出来るようになります。

逆に、相手への期待値が低い分、
想定していた以上に、相手の好意を感じたら
とってもとっても嬉しくなります。
相手に感謝したくなります。

求め過ぎない程良い距離感

自分と話をする時には無愛想なのに
子供や電話の相手には、きげんがよくなり、
声のトーンまで陽気に変わってしまう連れ合いに
唖然としたことはありませんか?

それは、夫婦以外の相手との方が
適度な距離感が保ちやすいからです。

夫婦とは、あまりに身近すぎるが故に
相手のささいなことまで気になって
不機嫌になってしまうものなのです。

おそらく多分、あなただってそうでしょう?

求めすぎない程良い距離感

そんなあなたは、「夫婦」という2文字に
とらわれすぎているかもです。

夫婦は、手をつながなければいけない。
夫婦は、一緒に行動しなければならない。
夫婦は、平等に家事を分担しなければならない。
夫婦は、常に会話をしなければならない。


「夫婦はこうあるべきだ」という考え方に
とらわれすぎていると、お互いが窮屈に感じます。



それだと、自分がストレスを感じるだけでなく、
相手にもプレッシャーを与えてしまいます。

よその他人とは気楽に接することができるのは、
「相手はこうあるべきだ」という考えがないからです。

「人それぞれだから、まあいいか」
他人に対しては、人は寛大になれます。

その器の大きさを、
ぜひ夫婦にも適用しましょう。

型にはめすぎた考え方が行きすぎると、
自分の理想と違うことばかりが気になって、
ささいなことでも腹が立ちます。

夫婦として接する時にはうまくいかないのに、
他人と接するときはうまくいくのなら、
夫婦も他人と同じように接すればいい。

「夫婦だから」という考え方を
一度捨ててみたら良いかもしれません。

特に、すでに亀裂が入った夫婦が
修復関係に向かうためには、
そういう思い切った改革が必要です。

夫婦でありながら、
どこか他人だと思うくらいが良いのです。

そうすると、ほら、肩の力が抜けるもんです。
ピリピリしていた関係が少し和らいできます。
うまい具合に距離感が保てるようになります。

求めすぎない程良い距離感

夫婦は元は他人



長年連れ添った夫婦と言えども、
元は他人だということを
常に意識しておくことです。

他人だと思うと、
話しかけやすくなったり
謝りやすくなったりするはずです。

・お互いの距離感を尊重する
・相手に求めすぎない


これって意外と大事です。

そんなにいつまでも
恋愛感情だけでは続きません、

愛情が薄れてくると
嫌な面が気になってきますから、

他人である異性と暮らしているという
意識を持っていた方がうまくいきます。

求めすぎない程良い距離感

毎日一緒にいると、
何かをしてもらってもそれが当たり前に
なってしまいがちですが、

ほんの小さなことでもいちいち
「ありがとう」を伝えましょう。

ポイントは、
そのときそのときにちゃんと言うこと。

でも、忘れがちかも~と思ったら、
「最近当たり前のことでもありがとうって言えてるかな?」
って振り返って見ることが大切です。

もしあんまり言えてないな~と思ったら、
思ったその時に!「いつもありがとね!」って

相手に何かを求めすぎることも、
相手への依存度を高めてしまい
うまくいかなくなってしまいます。

求めすぎない程良い距離感

同床異夢

同じ布団で寝ていても
同じ夢は見られないこと。

夫婦だからといって、
距離感を無理に詰めてはなりません。

無理なく自然体で長続きする夫婦には、
お互いに心地よい距離感というものがあります。

不即不離
つかずはなれず

それは、くっつき過ぎない
心地よい距離感のこと。

距離感は、詰めるものじゃなくて、
距離感は、保つものです。

求めすぎない程良い距離感



夫婦とは、
お互いを見つめ合う恋人ではなくて、
一緒に同じ方向を見つめる友である。


きっとそうかもしれません。

夫婦は運命共同体という意味では、同志愛を基本に、
「一緒に何かをやり遂げる」
「困ったときに助け合う」
というような「友情」的な感情が
二人の究極の絆の形なのかもしれません。

「夫婦」という既存の型にはめないで、
「究極の友人」と捉え直してみましょう。

旦那のくせに
奥さんのくせに

そう思うからいろんなことを
相手に求めたくなります。

同じウチに住んでいる
仲の良い友達だととらえ直せば、

相手にいろんなことを
求めすぎていたことに気がつけます。

そしたら、相手に
ありがとう❤がたくさん言えます。

そしたら、自分が何より
気が楽に居心地良く過ごせます。

夫婦の友情を育てましょう!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/286-930c25e7
トラックバック
コメント
ここなら私にも当てはまります。

求めすぎないで行くこと。一緒にこれからのますますの老いの姿や
病気、そして死までも同じ路上で二人並んで、これからの行く末を見つめて歩いているのですものね。

今のところ時々気にして、時々優しくして、時々注意して
そして子供たちや孫たちへの思いを共有して・・・

たくさんの楽しみを持っている私は少しやましい心を持ちつつその分、夫を大事にしていきますよ。^-^

どうもありがとうございました。



ローズコーンdot 2015.10.09 09:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。