--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.16

夫婦は持ちつ持たれつ



「老老介護」とか
「認認介護」とか
そんな言葉があるようだけど、

歳を重ねるごとにどうしても、
周りの方のお世話になることが増えてきます。

特に、長年連れ添った相方の
お世話になることが増えてきます。

一般的には、旦那さんの方が年上だから、
奥さんのお世話になる確率が高いです。

だから、70歳も超えれば互いに、
近々、お世話しお世話される間柄であるのです。



それなのに、あーそれなのに、

今のうちから、
お互い肩肘張ってどうするの?
相手にイラっときてどうすんの?

定年退職、子供の自立…。
その後の二人きりの毎日は

まるで気がぬけたように
会話「2」、関心「1」、ふれあい「0」の
自分勝手の冷戦状態。

だけど、そんなんで本当に良いの?
これから二人を待ち受ける、
夫婦最後の試練を忘れてやしませんか?

それは、どちらかが先の
「老いの介護」と「この世の卒業」。

その未体験の、未曾有の試練を
そんなチームワークで乗り切れますか?

夫婦二人で力を合わせなきゃ、
乗り切れないのじゃありませんか?

そんなおせっかいな気持ちから、
今日のブログテーマを決めました。

夫婦は持ちつ持たれつ!

これが、今日のテーマです (*^^)v



『孫子・謀攻』

彼を知り己を知れば、百戦危うからず。
彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。
彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず危うし。

賢い妻の兵法



あなたのご家庭の世帯主は旦那さんでも、
実際のご家庭の長(おさ)は奥さんです。

旦那さんは長い間、
家庭のことはあなたに丸投げして、
仕事一筋に頑張ってきた分、
家庭のことはなにも知らないのです。

だからいまさら、
家庭の長(おさ)は俺さまだと
威張ったところで奥さんには
かないっこありません。

定年後の旦那さんはただ、
家庭の中に自分の居場所が欲しいだけ。

だから、夫婦喧嘩をしたときには
旦那さんをあまりに追い詰めてはいけません。

上手に負けてあげて下さい。

表面的な「勝ち」の形を譲ってあげるだけで
旦那さんはほっとします。

それが夫婦ケンカを上手に収めるコツです。
夫婦の間で「勝ち」「負け」を競うぐらい、
悲しく、空しいことはありません。

どうぞ、上手に負けてあげて下さい。

家庭の長(おさ)であるあなたが勝ってしまったら
家庭の中に、旦那さんの居場所がなくなります。

どうぞ、「うう、やられたー!」と
気分良く旦那さんに、勝たせてあげて下さい (^-^)/

特に、子供たちの前で、あなたが勝ってしまったら、
旦那さんは恰好悪くて、逃げ出したくなります。

その点、ご協力のほど、よろしくお願い致します (^-^)/



夫婦は持ちつ持たれつ!

「お互い様」という気持ちを忘れない。

「持ちつ持たれつ」とは、
相互に助けたり助けられたりするさま

仲の良い夫婦は、なにかあっても
「お互い様」だからという気持ちを
特に奥さんが持っているものです。

自分の感情だけでなく、
お互いの立場を考えるのを忘れないことが
大切なのかもしれません。

一緒に生活をしているとどうしても
相手の悪い所が目についてしまいます。

ケンカ腰で相手を一方的に責めるのではなく
「自分も〇〇を直すから、あなたも〇〇を直してね♡」と

夫婦生活を円満にするために
お互い直すところは直しましょうと
話してみるのはどうでしょう。

夫婦は持ちつ持たれつ!



どんな旦那さんでも、時には誰にも気を使わず、
ただひとりでボーっとしたいという
そんな一人の時が必要なのです。

女性は誰かと話すことで
ストレス解消になりますが、

男性は「ひとり時間」が精神的にも必要だって
どうか理解してあげて下さいませ。

家に帰ってきてひとりきり、
テレビを見ながら一杯飲んでる
あるいはゲームに没頭している。

そんな旦那さんの態度に不満を感じても、
それは決して奥さんを軽んじたり、
避けている訳ではないのです。

旦那さんなりの心のリセットタイムなのだと
放っておいて欲しいのです。

夫婦は持ちつ持たれつ!



一緒に生活する時間が長くなってくると、
本当に小さなことが気になってくるものです。

たとえば、旦那さんの食べ方、しゃべる時のくせ、
寝相、一回気になるとなかなか頭から離れなくなって、
イライラしがち。

でも、夫婦はお互いさま。

旦那さんの方だってきっと、
気になっていることはあるはず。

夫婦は持ちつ持たれつ!



夫婦であれば、時にケンカだってします。
でもお互い言いたいことをぶつけあったら、
きちんと謝ることを忘れないで。

意固地になっては、
仲直りのタイミングを逃すだけです。

だから、険悪なムードに突入しそうな時は、
ユーモアを発揮して、「なんちゃって(笑)」と
明るく終わらせるようにしましょう。

夫婦は持ちつ持たれつ!



夫婦の間のホウレンソウ。
「報告」「連絡」「相談」

共に円満に暮らしていくためには、
情報の共有が必要です。

突然何かが大きく変わっていたら、
相手はどう思うことでしょう。

夫婦の間のホウレンソウを心がけることが、
いつまでも仲良く暮らしてゆける秘訣です。








スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/293-677828e1
トラックバック
コメント
朝から、記事が出ないと何度も開けてみていました。
今やっと見ることができました。

ライオンさん夫婦は、こんなに仲が良いのですね。
今回は雄ライオン、雌ライオンからの声のように聞こえてきました。
そして、今日ちょっとイライラして夫に声を荒げてしまいましたが、それを大変反省しています。一回いえば理解したと思ったわたしが愚かでした。よく聞こえないこともあるし、
一度で理解したと思った私の早とちりでした。
何事も日々これからはこんなことも多くなるでしょう。
そのたびに怒っては己が悲しくなるばかり。報告連絡(特にはっきりと、念を押して、それでも伝わっていないかもと疑って)相談(自尊心を大事にしてやらなくては)

今日の話は救急治療薬でした。ありがとうございました。

それからいつもご丁寧なお返事を頂いて、恐縮しています。
どうぞあまり気を使わないでくださいね。
ローズコーンdot 2015.10.16 16:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。