2016
01.01

大丈夫!大したことないから!



明けまして
おめでとうございます。

読んで下さるあなたがいるおかげで
元旦早々から気分よく
ブログ記事を更新することができました。

あなたに心から感謝申し上げます。

あなたにとって今年が
「心」の実りが多い一年になりますよう
お祈り致しております。


▲ https://happylifestyle.com/4688

行動できない人に共通するのは
「間違ってはいけない」という
心の習慣を持っていることです。

「間違うと笑われる」
「頭が悪いと思われる」
「バカだと思われる」
そうした恐怖感に怯えています。

なぜそういう気持ちが分かるのかというと、
私も以前、同じように考えていたからです。

皆の前で恥をかくことが恥ずかしくて
「間違ってはいけない」と考えていました。

いつも行動するのが怖くて、
びくびくしていました。

いつもびくびくしていることに
だんだん疲れた私はある日、
思い切って逆のことをしてみました。

「間違っても大丈夫。大したことはない」

すると、気が楽になり、
行動しやすくなったのです。

「間違っても大丈夫」と考えると、
誰かに許してもらえたような気になります。

まず、気楽に生きるために、
ここからスタートしましょう。

必ず正解する必要はありません。
誰でも最初は分からないのですから、

知らなくて当然です。
間違ってもいいのです。

「最初から正解する」という前提で
行動しようとすると、完璧を求めてしまいます。

行動できなくなります。

以前の私のように、笑われるのではないかと
びくびくすることになるからです。

「間違ってから正解を知る」
そんな順番でいいのです。
これなら完璧である必要はありません。

それは裏を返せば、
「間違わなければ正解に気づけない」
そんなことかもしれません。

最初に間違ってもいいという前提があると、
気が楽になり、行動しやすくなります。


▲ http://www.lifehacker.jp

自分との戦いは自分を弱くする

「自分に甘くするとダメになる」と思っている人は、

「自分との戦いを続けていると、
心身ともに鍛えられて強くなる!」

思い込んでいるのかもしれません。



しかし、自分との戦いは自分を弱くすると、
この本の著者は主張します。

理由は、自分との戦いを続けていると
緊張状態のなかで毎日を過ごすことになり、
休まるヒマがなくなる
から。

そんな人にとって、自分は「敵」なので、
自分自身から攻撃されないように、
絶えず警戒していなければならない。


それが24時間365日続くのですから、
常にピリピリしながら過ごすことになります。


このような状態を続けていると、
外からは強く見え、「できる人」のように
思われることもありますが、

内面は、中身が虫に食われて
スカスカの柱のようにもろいといいます。

だからちょっと注意されただけで落ち込み、
ひどい状態になると、自分の個室に閉じ籠ることも。

がんばり続ける限り、強くなるどころか、
どんどん弱くなっていくわけです。(56ページより)

自分のせいにするのをやめる

自分を敵にしてしまう人は、
失敗やうまくいかない原因を自分のせいにしがち。

過剰に責任を感じ、自分自身を責めるそうです。

でも、人は強い思い込みを持っていると、
それを強化するために事実をつなぎ合わせて
理屈をつくるもの。

「自分はダメだ」という思い込みがあると、
具体的にうまくいかないことがあったとき、
原因を真っ先に自分自身に求めるのだそうです。

そこで、自分自身のせいにすることをやめて、
「自分はダメだ」の強化をストップする。


クセとして染み付いてしまっているので
簡単ではありませんが、

「自分のせいだ」という気持ちが出てきたら、
フタをせずに受け取る。気持ちを流れるままにする。

そして気がすむまで責めたら、
別の角度から物事を見てみる。

ここで大切なのは、
「自分の手の届かないところにも、
失敗の原因はあるのではないか」
という
視点で見ること。

つまり「ひとつの現象が起こるには、
いろいろな原因が積み重なっている」
ということを実感する。

その一部を、自分の責任として
受け取るようにするというわけです。

「とはいっても、
自分があそこで間違えなければ...」
と、

別の理屈から攻撃したくなるようなときは、
攻撃させておくのではなく、
「大丈夫だよ」とただ受け止める。

モヤモヤとした気持ちは
残るかもしれませんが、

やわらかい言葉で受け止めて
気持ちをおさめることで、

心のなかからとがった刃物が
消えるといいます。(60ページより)

自分の味方になる

自分の味方になると、
「自分はダメだ」という前提から
生まれる不安が消えるため、

むやみにがんばる必要がなくなり、
いつもリラックスしていられる
とか。

リラックスできる理由のひとつは、
心にセーフティネットが張られるから。

ドーンと落ち込みすぎたり、
不安でたまらなくなるようなことが
なくなるそうです。

自分との戦いをしているときは、
落ち込んだ自分をとことん責めるもの。

でも自分の味方になると、落ち込んでも、
自分で追い打ちをかけることをしなくなる。


もちろん人間ですから感情の波はありますが、
慣れれば自然とある一定の沈み込みでおさまり、
回復もスムーズになるのだとか。

リラックスできるもうひとつの理由は、
自分を尊重できるようになるから。

「自分はダメ」が前提のときは
環境に左右されやすく、うまくやっていくために
がんばり続けなければならなかった。

しかし自分の味方になると、
求められることに応じるだけでなく、
自分自身を尊重し、

「できないことは、できないと伝える」
という選択ができるようになる。

無限にがんばらなくてもよくなるので、
安心していられるわけです。(71ページより)


▲ https://happylifestyle.com/4692

気楽に生きるための
魔法の言葉があります。

「まあ、いいかぁ!」
という言葉です。

「気に入らないところもあるけれど、
まあ受け入れてあげましょう!」
ということです。

「気に入らない」というのは否定ですが
「まあ、いいかぁ!」と受け入れた瞬間から
肯定に変わります。

「雨が降っている。傘がある。まあ、いいかぁ!」
「服が汚れた。洗濯すれば元に戻る。まあ、いいかぁ!」
「試合で負けた。学ぶことができた。まあ、いいかぁ!」


「まあ、いいかぁ!」
そう口にすると、気分が落ち着きます。

元気が出る前向きな言葉です。
否定が肯定になり、失敗が成功になるからです。

あなたの日常生活には、
気に入らないことがたくさんあるかもしれません。

「まあ、いいかぁ!」という言葉をかけて、
どんどん前向きに肯定すればいいのです。

いいところがきっと見つかります。

生活がどんどん気楽になり、
ストレスが減っていきます。

悪いと思っているのは、
自分が大げさに悪く考えているだけです。

「まあいいか」と思えば、
実際になんとかなるものです。





「自分の機嫌は自分でとる」

私の今年のテーマは
「いつも自分の味方でいる」ことです。

生きていれば、いろんな「問題」が起こります。
私たち人間は、生きている限り
常に、「問題」と一緒に生きることになります。

けれども、「問題」とともにありながら、
機嫌よく人生を送る人もいます。

その違いは、「問題」というものを
どのようにとらえるか、どのように扱うか、
どのようにつき合うかによるようです。

この「問題」さえなくなれば、
きっと全てがうまくいく?

本当でしょうか?

たしかに、次の問題がもちあがるまでの
ほんのつかの間は、そう思えるかもしれません。

けれども、避ければ避けるほどに
逃げれば逃げるほどに、

追いかけてくるのが、
「問題」というものの特性です。

だから、「問題」に直面する自分に対しては

大丈夫!
大したことないから!


大丈夫!
なんとかなるから!


大丈夫!
今のアンタなら
きっとやれるから!


めげそうになる自分を
そう励まし続けたい。

自分に自信のない私は
気がつけばいつでも、
自分を責めてしまいます。

確かに私は劣等生です。
けれども、そんな私が

以前なら怖くて逃げていた場面で
もう逃げたくないと向き合えたことがあれば、

せめて自分ぐらいはその点を
「よくやったなぁ、お前は偉いなぁ…」
ホメてあげる側に回りたい。

自分を愛して信じて
自分を励ましつつ共に生きる。

苦しい時ほど、
自分の胸に手を当てて、

いつもアンタの味方だよ。

いつでもずっと
アンタの味方だからね。


大好き・大好きだよ!
世界で一番、
アンタが大好きだよ!


そんな風にいつでも
自分にエールを送り続けたい。

どんなに苦しくても自分を見捨てないで
自分を温かい目で見つめて、
自分を応援してゆくつもりです。

そうしたら多分、
人にも優しくできるかもしれません。

まずはなにより他人への依存から
自立できる自分になりたいです。

自分の機嫌は自分でとれるように
なりたいです。

それが今年の私のテーマです。

こんな不出来な私ですが、
本年も何とぞ、よろしくお付き合い下さいませ。



<追伸>

「ローズコーン」さん
「伊藤さやか」さん

昨日のブログ記事への
コメントどうも有難うございました。
とても励みになりました。

感謝申し上げます。

>鼻歌ほんといいですよねー(^^♪
>毎日歌ってますよー。
>おかげさまでご機嫌です。

>いいことが起きないと
>いい気分になれないと思っていたのに
>鼻歌を歌っているだけでも
>なんでも楽しく思えるんですね。


最近、不快な感情に襲われた時に
「鼻呼吸」で気分転換をする心地良さに
すっかりハマっているブタローです。

「鼻歌」「ハミング」
そう、そうでしたね。

脳は、同時にひとつのことしか
考えられないのです。

だから、気分が滅入った時は、

ルンルンルン ♪
ランランラン ♪


そう口ずさんでみることで、

イラっとムカついた気分が
どうしようと焦る気分が
ふっと落ち着く効果があるみたいです。

「さやか」さん。
初コメント有難うございます。

ルンルンルン ♪
とっても嬉しいです。

ランランラン ♪
ローズコーンさんなら私と一緒に
ハミングして下さるでしょう?


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/380-a35b6f95
トラックバック
コメント
ぶたろーさん明けましておめでとうございます。

伊藤さやかさん、すがすがしいお名前の方のコメントが入ってい嬉しいですね。日々のブタローさんの地道な努力が、みなさんを引きつけますよ。今にどんどん増えていきますよ。

私も、新しい年を呼吸を意識しながら歌をうたい毎日をルンルンで過ごしていきたいと思います。いいえ、最近っずっとやって居ます。ハミングいい響きです。ブタローーさんと心のハミング、ハーモニーを続けさせていただきます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ローズコーンdot 2016.01.01 06:15 | 編集
あけましておめでとうございます。

ハミングで検索していたら、こちらに来ることができました。
ハミングでいろんな歌を歌っているとストレスがなくなくなってしまいますよぉ(^_-)-☆

腹式呼吸が難しくてできず、ハミングならできることに気がつき習慣つけるようにしていきたいです。

皆さまにとって素晴らしい1年でありますように♡
伊藤 さやかdot 2016.01.01 08:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top