「一日一新」 毎日にトキメキを取り戻す



元旦に親戚一同が集まった時に
歳の近いイトコとの会話の中で
心に残った言葉は、

「最近、トキメキがないねぇ…」でした。

若い頃はいろんなことが見えていませんから
何にでも、誰にでもときめきやすいものです。

けれども、
いろんな経験をしながら歳を取ると

いろんなことが見えてくるからこそ、
滅多にときめかなくなります。

寂しいような気もしますが、
害が少なくていい気もします(苦笑)

「いやいや、そんなことでは
折角の人生が勿体ない」

そんなことを考えながら、
「ときめき」で情報検索をしていたら

「一日一新」という
素晴らしい考え方に出会いました。

「一日一新」とは、毎日の暮らしの中で
なにかひとつ新しいことを必ず行うという
自分への約束です。


少し遠回りになっても
違う道を通って帰るとか、

ご主人と話をする時に
今日一日は満面の笑顔で向き合ってみるとか、

いつもならスルーする
テレビ番組を観てみるとか、

どんな小さなことでも良いのです。
いつもと違うことをあえてしてみることです。

本日のブログでは、毎日に
心地よいときめきを取り戻すための
「一日一新」のサイト記事を
転載してご紹介します。


▲ http://weak-weapon.com

無意識に毎日を送っていると、
どうしても「同じ毎日」を
繰り返してしまったりしますよね。

「朝はこの時間に起きて」
「電車に乗る時はいつも同じ車両に乗って」
「この道を通って会社や学校に行って」
「お昼はこのお店で食べて」
「夜はこの道を通って帰る」

このように、
ルーティンワークというものが
決まっている人って多いと思うんです。

やっぱり無意識に
同じことを繰り返したりしますよね。

でもですよ。

少しでも自分を
「変えていきたい」と思った時に、

そういうルーティンワークで
生きてしまっていると

自分を変えるということが
難しくなってきてしまうんです。

というか、変わるキッカケすら
得ることができない。

自分を変えたいと願った時に、
「あること」をしていくことが
必要だなと個人的に感じていて。

でもそれは誰にでもすぐできるような、
そんな簡単なことです。

そのあることを実践することで、
間違いなく少しずつ自分を
変えることもできるし、
自信というものもついていくと思います。

毎日ひとつ
新しい行動を取る


その「あること」とは何かというと、
「毎日ひとつ、新しい行動をとってみる」
ということなんです。

そうすることで少しずつ、
自分の毎日というものを
変えていくことができますね。

新しいことと言っても
別に大きな行動ではなくて構わないのです。

「いつもと違う道を通って家に帰ってみる」
「いつもと違う飲み物を買ってみる」
「いつもと違う電車に乗ってみる」

そんなことでいいんです。

そういう
「今までの自分とは違う行動」を
面白がってやる「クセ」をぜひ
つけてもらいたいんですね。

そうすることで間違いなく
自分の毎日を変えることができるんです。

今までの選択の
積み重ねが今の自分


当たり前ですけど、今の自分というのは
「今までの自分の行動の積み重ね」で
作られているわけですよね。

社交的な人は、社交的な対応を取ってきたから
今も社交的な対応を取ることができる。

英語が今得意なら、
今まで英語に積極的に触れてきたからこそ、
英語に抵抗がなく操ることができるんだと思います。

釣りが好きなんだとしたら、
釣りが好きになるようなキッカケを
自分で掴んだんだと思うんです。

一度釣りをやってみて
その面白さに気づいたとか。

だから今釣りが
好きでいたりするんですね。

今の自分の能力や性格などは、
「今まで自分が取ってきた選択」によって
構成されているといっても
過言ではないんですよね。

今人と接するのが苦手なんだとしたら、
そういう積み重ねを
してきてしまったんだと思います。

人を避けることを繰り返してしまったりとか。

なので、
毎日ひとつずつでもいいので

今までの自分とは違う「選択」を取っていくことで、
少しずつこれまでの毎日から
「ズレて」行けるのです。

違うレールに少しずつ移っていくことができる。
いつもと同じ選択しかとらなかったら、
自分の毎日を変えようがないわけです。

新たな行動の積み重ねが
自分を変える


毎日にときめきを取り戻す

自分というのは、
小さな選択の積み重ねで構成されていて、

今までと同じ行動、選択をしていても
自分が変わることってないんです。

そこで小さなことで全然かまわないので、
「毎日新しい行動をひとつ」取るようにしてみる。

いつもとは違う道を歩いてみても良いし
違うお店でランチを食べるみるもの良しのです。

そうすることで
新しい行動をするというクセがついてくるのです。

そのクセづけさえしてしまえば
もうこっちのもんです(笑)

すこしずつ毎日というものが変わっていきます。
そうした「小さな初体験」へのトライが
毎日に新たなトキメキをもたらしてくれます。

「毎日がマンネリだ!」と感じている人は
毎日ひとつずつ新しい行動をとってみる
ということをぜひ心がけてみてください。


▲ http://designers-cafe.net

先月3月は、毎日意識して何か新しいことを
やってみようという「お遊び」を導入し、
実践しました。

日別に書き出して見ます。

3/1 館内の「譲りますBOX」に出品してみた、
初めてのアイスに挑戦

3/2 駅のいつも使っている側じゃない
出口を使ってみた

3/3 朝食をリビングで食べた

3/4 駅に行くのに通ったことのない
道を歩いた

3/5 分け目を反対にした

3/6 初めてのメニューをオーダー

3/7 オンライン英会話をはじめる

3/8 ルーマニア人と話す

3/9 通ったことのない道を通る

3/10 使っていなかったスペースを利用した

3/11 夜中に散歩に出かける

3/12 新駅開拓

3/13 初めてのコーディネイトを試す

3/14 八百屋のかご盛

3/15 セルビア人と話す

3/16 初めてのメニューを試す

3/17 通ったことのない道を歩く

3/18 駅前のレンタルショップで
DVDを借りる

3/19 近所の古書店に入ってみる

3/20 はじめてのカフェに入る

3/21 新しいコーディネイトを試す

3/22 近所の神社を覗いてみる

3/23 近所のお店に入ってみた

3/24 せとかを食べる

3/25 甘平を食べる

3/26 日本からLCCで海外へ

3/27 ドミトリーに泊まる

3/28 気になっていた
バーガーショップに入る

3/29 マクタンのリゾートに友人とステイ

3/30 英会話レッスンで男性講師を選ぶ

3/31 外国人の友人と再会する


以上です。

かなり苦しい日もあるけれど、
一覧にするとなかなか迫力がありますね。
え、ないですかそうですか。

個人的には毎日このルールを
忘れることなく実行できただけで
かなり満足です、愉快です。

愉快のハードルが低い人間ですみません。

毎日が同じでつまらないのは、
毎日同じことを選んでいるから


1ヶ月この実験を続けてみると
毎日何か新しいことをするのは
思いのほか難しいとわかりました。

私はブログを書く習慣があるので
辛うじてこのルールを忘れることなく
ゴールできましたが、

もしもふと思いつきで
実行しようとしていたら、

多分3日くらいで
きれいさっぱり忘れ去って

慣れた道を通り、慣れた方法で
暮らしていたことでしょう。

そう、私たちは毎日何も考えなくてもできる
「いつもの方法」を知らず知らずのうちに
採用しながら暮らしているのです。

自分で選んで行動しておいて
「つまらない」とは、これいかに。

意識しなければついつい
同じ行動ばかりとってしまうのが人間。

「毎日同じでつまらない」と考えるのであれば
毎日違う行動をすればよい、ただそれだけのこと。

これがこの1ヶ月の実験で得た答えです。

そんなの当たり前じゃない!って思った?
いやいや、じゃあ騙されたと思って
1ヶ月間やってみて下さい。結構難しいから。

そして実際に自分の生活に
小さくてもいいから何らかの変化を
起こし続けてみても、なお
つまらないと感じるならば、

つまらない原因は
「毎日同じことを繰り返しているから」じゃなくて、
何か別の原因があるのではないでしょうか。

自分をもてなすのは
自分しかいない


このブログの内容からも滲み出ていますが、
私自身現在は刺激や変化を
さほど求めているわけではありません。

地味で淡々とした毎日でも
結構楽しく暮らせる自信があります。

有名人ならいざ知らず、
私を含めて人間の殆どが一般人であり、

ごくごく普通の人。

残念ながらまわりの人たちが
よってたかって自分のことを喜ばせようと

ちやほやともてなしてくれたりは
しないのが現実です。

>自分をもてなすのは
>自分しかない。


そう開き直ってしまえば、
むやみに他人やモノなどの外的要因に
頼ることもなくなります。

というか、頼っても無駄。

そこには本当の意味での
幸せも満足感もありません。

だからこそ、自分の人生を
もう少しだけ面白おかしくするためには
はて、これからどうしたものかと
考える気力が生まれてくるってもんですよ。

なんだか
夢のない話になってしまいますが、

他人やモノや運に頼るよりも
自分で自分を幸せにするのが
一番確実な方法なのだと

この歳になってようやく
理解しつつあります。

泣くも一生、笑うも一生。
どうせだったら残りの人生は

自力でニヤニヤしながら
楽しく生きていきたいですからね。

つまらない人生を
楽しくする5つの方法



▲http://the5seconds.com

つまらない人生だな・・・。

このように感じる時は嫌なことがあったり、
物事が自分の思い通りにいかなかっり、
別れたりなどに多いのではないでしょうか。

そしてそれをいつまでも引きずってしまい、
つまらない人生だと思い込んだまま
何年も過ごしてしまうこともあるでしょう。

ある意味究極のマイナス思考かもしれません。

そこで本日はそんなつまらない人生だと
思い込んでいる人が楽しい人生にする方法を
ご紹介します。

人に役立つ活動をする

人は自己満足だけでは本当の生き甲斐を
感じられないものです。

自分の仕事以外で、
人や社会に役立っているという自覚があって
初めて充実感を覚えます。

ある実験では、自分が儲けるよりも、
それを他人と分かち合う方がより喜びが
強くなるというデータがあるそうです。

ボランティアに参加できなくても、
身近な地域にもそんな機会は
たくさんあるものです。

これは「利他」と呼ばれる行動です。

そもそも「つまらない」とは、
「詰まる」(動けなくなる状態)を意味し、

やがて「納得する」という意味を
持つようになりました。

人のために行動することに
「納得できない」人生は無いということを
表しているのかもしれません。

毎日見る物・触れる物・
付き合う人に対して
違う見方してみる


毎日の生活がつまらないと感じるのは
「日々の感謝」が少しだけ足りないのかも。

例えば、朝ご飯を普通に食べます。ですが、
もし体調が悪ければ、ご飯は美味しく頂けません。

ですから、
まず健康なことは「感謝」になるということです。

その様に思えば、職場で働く同僚や上司にも、
気の合わない人も居るかもしれません。

しかし、そんな状況を察して同情してくれたり、
助け舟を出してくれる仲間も必ず居るのです。

そんな仲間の行動を、当然と思わず
「感謝」と感じてみてください。

自分の周りは、素敵な仲間や素敵なことが、
実はたくさんあふれていると少しずつでも実感します。

そういう状態が続けば、いつの間にやら
「楽しい、素敵な人生だ」と思えているでしょう。

自分の人生を生きる

自分の人生を生きるということは、
簡単に言えば自分のやりたい事を
やるということです。

人生、やりたくない事もしなければいけませんが、
やりたくない事だけをやっていたのでは、
人生が楽しくなるはずはありませんよね。

なので、まず初めに
自分のやりたい事が何なのかを
考えるじかんが必要です。

わざわざ新たに見つけなくてはいけない
ということでもありません。

もしかしたら、知らず知らずにやっている事が、
自分の本当にやりたい事なのかもしれません。

一歩立ち止まって、少し考えてみましょう。

当たり前ですが、自分のやりたい事というのは
人によって違います。

他人から見るとつまらなそうに見えても、
本人にとってはそれがとても幸せな事も
たくさんあります。

よく、結婚をすると女性は
夫や子供の世話に追われ、自分の人生が
なくなってしまい、そんな人生はつまらないと
言う人がいます。

ですが、そういった
誰かのために尽くすという事が、

その人にとってのやりたい事であったり、
結婚を機にやりたい事に変わることもあるのです。

このようなことは他人には分かりません。

また、中には何が自分のやりたい事が
分からない人もいます。

そんな人は、いろんな事に
チャレンジしてみるのもいいでしょう。

まず、何が”自分にとっての”幸せなのか、
これをよく考え、それをやってみる事が、
つまらない人生から脱却する第一歩となります。

変化を恐れない

どうしても人生がつまらないと思う人は、
思い切って何かを変えてみるののも
1つの方法です。

もしできるのであれば、転職をしてみたり、
引っ越しをしてみましょう。

このように思い切る事ができれば、
今までの生活がガラっと変わり、
物事の見方や考え方が変わるきっかけとなります。

ただ、家庭を持っていたり、
いろいろな事情があれば、
大きく生活を変える事は難しいかもしれません。

もしそうであれば、
髪型を変える等、小さな事でも構いません。

人生がつまらないと感じている多くの人は、
自分の殻に閉じこもっていたり、
枠にはまっていたり、
変化を恐れている傾向にあるのです。

毎日同じ生活を続けていれば、
誰しも人生がつまらないと考えてしまうのは
自然な事です。

同じ毎日の繰り返しでは、
人生に飽きてしまうでしょう。

なので、まずはこの殻や枠を取っ払い、
ほんの少しでもいいから何かを
変えてみましょう。

つまらない人生は
気持ちと行動で変わる


言ってしまえば、人生には
つまらないもつまらなくないもありません。

人生は人生です。

それを楽しくするか、つまらなくするかは
全て自分自身が決めることです。

つまり自分の気持ちと行動で
人生というのはどんな形にもなるということ。

ちょっとやってみてダメだったら、
次を探すというような「数をこなす」行為は基本です。

そこからあなたの人生を豊かにするキッカケを
つかむことができれば儲けものです。

あまり難しく考えないで
このように小さくいろんなことを始める

一日一新

明日から取り入れて欲しい
毎日をときめかせるための工夫です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一日一新。

私が今やっている、「一日一新」らしいこと。

@ 今までとおらなった道を歩いてみる。
  横道に入る。

@ 図書館で、いつも行く書棚以外のところを
  本の背表紙を見ながら、面白いもの役に立つものはない
  か見て歩く。

@ 作りなれた料理以外のものを作ってみる。

@ ブログで今までと違う人のページを開けてみる。
   でも時間がなくなるから、読み逃げではあるが。
   それでもいろんな世界があることに驚く。

@ 部屋の飾り方、植物の配置を新しく変化させてみる。

 毎日はなかなかやれないけど、こんなことは試みています。時間がないとしかめ顔するより、どうすれば勉強時間が生み出せるか、わくわくしながら考えて過ごすことにします。
 
そして、新しく見つけたことも継続を心がけなけらばいけませんね。今取っていく選択、行動によって、今も、これからの生きる瞬間瞬間もワクワク過ごせるように。

友人の年賀状に悲しい言葉が書いてありました。
20年間、退職後暮らしてきて、得るものは何もありませんでした・・・と。この人にタブローさんのページを読ませたいけど、彼女はパソコンをしていません。私もできるだけ彼女を励まし、わくわくと生きていけるように、手紙やはがきなりで通信をしたいなあと思いました。

どうもありがとうございました。
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集
熱烈歓迎