スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとかなるさ!



本日のブログテーマは
「なんとかなるさ」です。

但し、このフレーズには前提条件があります。
それは、「自分なりに努力したのだから」です。

私は神様のことが大好きですが、
「神頼み」という言葉が嫌いです。

五体満足に生かさせて頂いているだけでも
大感謝すべきなのに、自分は努力もしないで
都合の良いことばかりを神様にお願いする
その依存的な生き方に違和感を覚えます。

人事を尽くしてこそ、
天命を待つ資格があると思います。

そうした意味では、「引き寄せの法則」を
お願いさえすえば、夢はかなうと信じ込んでる
おバカさんたちには呆れ果てます。

人事を尽くした人だけが、
「なるようになるさ」と
言える資格があると思うのです。

たとえ、思うような成果が出せなくても
その前向きな努力自体に値打ちがあり、

その努力は必ず、なんらかの
自分の肥やしになります。
私はそんな人を心から賛美したいです。

本日のブログのテーマは、
気弱な自分を励ますために
「なんとかなる」としていますが、

それはあくまで
「自分なりに努力する」という
前提があってのことです。

「こんな自分でも、努力すれば、
いつかはきっと報われる」
と信じて
生きていたいのです。


▲http://hendama.blog.jp

仕事で、学校で、家庭内で。
まぁ場所はどこでもいいんですけど
「なんとかなる」ってすぐに言う人いませんか?

私の身近にも数人いるのです。
「なんとかなる」ってすぐに言う人が。

「もっとポジティブになろうぜ!」
「もっと信じようぜ!」

そんな能天気な奴の顔を見ながら
私はいつも心の中で叫びます。

「あのなぁ…、「なんとかなる」っていうのはなぁ、
努力した人が、努力をし終わった後に、
全てが終わった後に言うセリフなんだよ!」

あのねぇ、一切の努力を放棄して
「なんとかなる」わけがないでしょう。

どこまでお気楽ですか、アホですか?

そういうね、「なんとかなる」っていう人はさ
「いつか誰かがなんとかしてくれる」って
真剣に思ってるんですよね。

他力本願という概念が血肉を得て
具現化したような人なんですよ。ほんっとに。

あのねぇ、散々disった後で
こんなこと言うの何なんですが
私自身が油断するとこうなるんですよ。

努力を放棄して
「なんとかなる」とかほざいちゃうんですよ。
だから見てるとキツいんですよマジで。

自分の姿を見せつけられているようでキツイんす。
だってラクチンじゃないですか。
「いつか誰かがなんとかしてくれる」って信じるの。

「いつか誰かが私を漫画家にしてくれる」
「いつか誰かが私を歌手にしてくれる」
「いつか誰かが私をアイドルにしてくれる」
「いつか誰かが私をイラストレーターにしてくれる」
「いつか誰かが私を宇宙飛行士にしてくれる」


まぁ具体例なんかいくらでも思い浮かびますが、
油断すると、やっぱこうなりますよ。どうしても。

小栗上野介が「一言で国を滅ぼす言葉は
『どうにかなろう』の一言なり」と書いてましたけど、

まさにその通りなんですよ。
この一言で幕府が滅んだわけなんですよ。

なんとかなるわけがないんですよ。
このセリフは悪魔のセリフです。

なんとかなるって口癖の人はね、
そのうち年月が経過して、気づくんです。

「誰も、何とかなんて、してくれない」って。
そのときね、こう考えるんです。
「人生が終わった」んだって。

「なんとかなる」が口癖だった人が、
なんとかならないことに気付いたとき
かなりの確率で「人生終わった」って口にします。

でもね。私思うんですけど、多分それ、
終わったのではなく、単純に
「始まらなかった」んだと思うんですよね。

夢を実現するために何か努力しましたか?
実際にどんな努力をしましたか?

どう戦略を練って、具体的にどんなことをして、
夢の実現に向けて歩みを進めましたか?

「人生が終わった」んじゃなくて、
何もしなかったから何も始まらなかったんだと思うんですよ。

だから、私、努力に裏打ちされていない
「なんとかなる」っていうこのセリフが好きじゃないです。
なにも生み出しませんし、自分を堕落へと追い込むので。

油断すると、私も一切努力せず
「なんとかなる」って言いそうになるんで
死ぬほど気をつけてます。

いや!!気持ちはわかりますけど!
言いたくなりますけど!!
楽だから言いたくなりますけど!!気をつける!!

歌にもあるでしょう?
「幸せは歩いてこない」って。

自分の力で立ちあがって
自分の足で近づくしかないんですよね。。。

ちなみに、

幸せの方から歩み寄ってきた時はそれ、
贋作ですから気をつけるようにしちょります。

たいてい幸せのレプリカなんで。
パッと見、本物の幸せにしかみえませんが
「幸せは歩いてこない」んですよ!

だから自発的に近寄ってきた幸せは
高確率でニセモンです。

パチもんなんかつかまされたら
エライ目にあいますからね。
むっちゃ注意するようにしております。

「なんとかなる」っていう言葉は、
努力し終わった後はとても大切な言葉になります。

それまでやってきた
自分の努力を信じるあかしですから。

努力している最中は、
目標実現のためにあらゆる努力を
ペシミスティックに行う、

努力が全て終わったら、
「なんとかなる」とどっしり構える。

形容矛盾ですが、
楽観的なペシミストであり続けたいなぁと
思う今日このごろです。


▲http://meigen.shiawasehp.net

「なせばなる」の精神で

やればできる(可能性があります)
やらなければできません(可能性ゼロです)
「できない」というのは、やらないだけなのかもしれません

一生懸命に努力しても
できないこともあります。

でも、『為せば成る』の精神で
やってみることが大切なのではないでしょうか。

ほとんどの失敗は「いい経験」にできるでしょう。
いちばんの失敗は何もしないことかもしれません。


▲http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp



俺も、なんとかなるのかな?って
考えながら今まで生きてきたけど

結局、今生きてるって言う事は、
やっぱりなんとかなったからなんだわ。

心配するな~
絶対なんとかなるから(^_-)



なんとかなるというよりかは、
なんとでもなると思います。

たとえその場だけなんとかなっても、
この先やっぱり不安がつきまとうと思います。

なんとかしようとした結果になんとかなるのと、
なんにもしなくてなんとかなったのでは、
同じ結果でも今後において大きく違うと思います。



誰でもとは断言はできないけど、
それなりに真面目に生きて入れば
人生はなんとかなります。

私もいろんな経験をしてきましたが
正直、若い頃は世の中をなめていました。

一つ言えることは
人に迷惑をかけるような事はしない。
警察のお世話になるようなことはしない。

どんなに苦しくても
自分で解決するよう努力してください。
人の話はなるべく聞くようにする。

以上を守り、穏やかに過ごすよう心がければ
いざと言うとき必ず誰かが
救いの手を差し伸べてくれます。

私は、一時期短い期間でしたが
路上生活をしていましたがのですが、

このような気持ちを持ち続けたおかげで
今では収入も住む家も仕事も手に入れて
安定した生活が送れるようになりました。


▲http://ameblo.jp/hiroo117

この世の中で起きるすべての問題には、
その内容の困難さや出来事の大小にかかわらず、
共通していることがあります。

それは、必ず最後には
「なんとかなるか」か「どうにかなる」。
この2つは明確なる「答え」なんです。

たとえばカンタンな例でいうと、
「この本はこの人の役に立つな」と思って勧めても、

一所懸命に読んでくれる人もいれば、
まったく読もうとしない人もいる。

それで、一所懸命に読んでくれる人は
そこから学びを得て、問題を解決できる人なんです。

そしてまったく読もうとしない人は、
読まなくてもどうにかなる人。

だから両方とも
「なんとかなる」か「どうにかなる」。
これが基準です。

この世でなんとかできるのは、
自分のことだけなんです。

だから、自分のことは自分でなんとかするの。
他人のことはどうにもならないんだよ。

それで、他人はどうにもならないかというと
なんとかなる。

「この人たち、放っておくと
大変なことになっちゃうんじゃないか」
っていうような人でも、見てるとそうならないの。

たとえば、まったく経済観念がない経営者がいて、
「この人、大丈夫かな?」って思うけど、
そういう人は経営者に向かないの。

だからしばらくすると、その会社はなくなって、
その経営者は働きに出ることになったりしてるんだよね。

物事って、一番いいかたちに
流れていくようになっているんだよ。

多くの人は「商売が続くことがいい」という
固定観念があるんだけど、

商売に向かない人が
商売続けていてもしょうがないんだよ。

だから経営者に向かない人が商売していると、
自然とお店がなくなって勤めにいくことになっているの。

そいういう人は、
経営者には向かないかもしれないけど、

勤め人ならなんとかなって、
お給料もらって生活できたりするんだよね。

だから、人は必ずなんとかなる。

この世の中は必ず、「なんとかなる」か
「どうにかなる」ということを知らないと、
勝手に思い詰めて自殺しちゃう人が出ちゃうの。

でも自殺しても魂は死なないから、
また学び直すために生まれ変わってくるだけなの。

人は悩んでるんじゃなくて、学んでるの。
その人にとって必要なことを、
その出来事を通じて学んでるんです。

そしてどんな問題も、
その人にとって最善の方法で、
自然の流れでいい方に行くの。

それを「自分が決めて始めたことなんだから、
途中であきらめたらダメだ!」とかって、
自分の価値観を相手に押し付ける人がいるんだよね。

スポーツで全国大会に出るような人は、
出た方がいいから出られるの。
逆に、出られない人は出ない方がいいんだよ。

世の中というのは、
「必ずなんとかなるんだ」という目で見てないと、
苦労が絶えないからね。

※『斎藤一人 天が味方する引き寄せの法則』より



▲http://sshi.hatenablog.com

勇者部五箇条とは、

1)挨拶はきちんと
2)なるべく諦めない
3)よく寝て、よく食べる
4)悩んだら相談!
5)なせば大抵なんとかなる


という5つの条項を決めたものである。

この五箇条は「結城友奈は勇者である」という
アニメにある「勇者部」という組織において
定められているものです。

たかがアニメとあなどるなかれ、
この五箇条、職場や家庭でも
足りていないものを補足しているように思えます。

1)挨拶はきちんと

挨拶、できていますか?
基本的なことで結構疎かにしがちですが、
人間関係を構築する上でとても大事なのものです。

最も簡単にできるのに、
最も効果の大きい容易に実践できるのが
この挨拶ではないでしょうか。

2)なるべく諦めない

ただの「諦めない」ではなく、
「なるべく」が付いているところがミソです。

諦めずにただ突き進めばいい
というものではないのです。

時には無謀なこともあるので
諦めることも必要ですが、

無闇にあきらめてはいけない。
なるべくあきらめないのが大事なのです。

3)よく寝て、よく食べる

きちんと寝てますか?
食事を抜いたりはしていませんか?
寝る、食べるは人の力の源です。

しっかりと寝ること、
食べることができていない人は気力が減退して、
仕事の能率も落ちますしいいことはありません。

しっかりとよく寝て、よく食べましょう

4)悩んだら相談

悩んでいるのに溜め込んではいませんか?
溜め込むのは体に悪く、
組織としても損しかありません。

社会人は報連相が大事と言われますが
その中でも相談が一番でしょう。

5)なせば大抵なんとかなる

第二条「なるべく諦めない」と似ていますが、
「なせば大抵なんとかなる」ものです。

ここでも「大抵」とついているのが、ミソです。
すべての事柄がなんとかなる
なんてことはありえません。

ムリなものはムリですが、
大抵のことはなんとかなる。

そんな気持ちで取り組むことの大切さを
教えてくれています。


▲http://www.happy-genki.com

すべては必然!?

私達の周りでは色々な出来事が起きています。
その出来事は一つ一つは何の関係性もなく
偶然起きているように感じますが、

実は全ては 『 自分にとって必要な事 』 が
出来事として起きているのです。

全ては必然だからなんとかなる!

実は、私がこの 『 なんとかなる法則 』 に
気付いたのは20代の頃でした。

20代の頃は、私の身の回りで
沢山の出来事が起きました。
その出来事の一つが失業です。

職を失い収入も無い、あまり働く気力も起きずに
積極的に職に就こうとしない自分がいました。

そんな状態で約1年間、かっこよく言えば自分探し、
普通に言えば怠け者の生活をしていました。

収入が無いのにアパートの家賃や国民健康保険、
国民年金は払わなくてはいけない。 
そんな状況でした。

毎月、10万円近くはそれらの支払いで
自動的になくなっていく状況にいました。

収入が無いのに支払いがある
そんな生活をしていたのに、

私は路頭に迷うこともなく
家賃も滞納する事もなく1年近く生活ができました。

そしてその後は一年のブランクがありましたが
正社員として就職する事が出来ました。

この時、私は気付きました
『 なんとかなるもんだなぁ 』 と。

なんとかなると思えば何とかなる!

先に書きましたが、収入が無くても
私はなんとかなりました。

その中で職に就かない見つからない不安に
押しつぶされそうになったり、

自堕落な自分に嫌気が差したり
色々な事に気付いたり経験しました。

この出来事は 『 起きる必要があって起きた 』
と言うことが今では良く解ります。

物事の価値観が変わりましたし、
お金に対する意識も変化しました。

なにより、生かさせて頂いているのだなぁ…と
『 感謝の幅 』 が広がりました


いままで感謝できなかったことに
感謝できるようになったのは大きな収穫でした。

そして一番気付いたこと。

それは 『 どんなに落ち込んでも、
あまり考えすぎずに前を向いていればなんとかなる 』

と言うことです。

こういった時に無理に前を向こうとしても
前を向くことは出来ません。

でもなんとかなるさと思い、時の流れに
身を任せて前を向いて置く事は出来ます。

大事な事それは
『 なんとかなるさ 』 と思う事です。

身の周りで起きる出来事は
すべて起きるべきして起こっている!


なんで 『 なんとかなるさ 』 と思うことで
全て上手く行くのかと言うと
実は世の中の法則があるのです。

それは、『 人はいるべきしてそこにいて、
逢うべきしてその人に会い、
起きるべきしてその出来事が起こる 』と言う、
普遍的な法則の元に生きているからです。

ある人は 、『 全ては完全なシナリオのなかで
私は生きている 』
と言っています。

ただ私は、そのシナリオには色々な脚本があり、
そのストーリの中で私たち自身が
自分で脚本を選んでいると考えます。

私たちが生活している中でターニングポイントと
起きるべき瞬間に出会うことがあります。
まさにその時が脚本を選んでいる時だと思います。

自分には、どちらかを選ぶ自由な選択権があり、
それをそのときの自分が行使しているだけです。

起きるべきして起こっている事に対して、
自分が脚本を選び演じているのです。

ちょうど映画の主人公のような物です。 
そう私たちは 『 自分の人生の中の主人公 』 なのです。

次のシーンを選ぶ権利を持つ、
誰にも縛られることがない主人公なのです。

脚本、ターニングポイントを
上手に選択していく!


私たちの身の周りで起きる出来事は必然で、
そのなかで選択しているのは
自分だと言う事が解ったと思います。

そしてその中で大事な事!

それは『 脚本、ターニングポイントを
上手に選択していく 』
事です。

どうせなるようにしかならない事なのですから、
こう思ってみると良いですよ。

 一番良い脚本を
遠慮せずに選んでゆこう!


なるようにならないのですから、
その時の自分が一番良いと思える事を
遠慮なく選んでください。

失敗する事もあるでしょう。
でもそれも元々 『 そうなる必要があるから
起きているだけです 』 のであまり深く考えずに

『 こういう展開だったのか! 』 と思い、
そして次のシーンで良い方向へ巻き返す為の
脚本を自分で選ぶだけで良いです。

ここでついついやってしまいがちな過ち。
『 悪い展開が来たから、さらに悲劇のヒロインに
なろうとして次の脚本もネガティブな事を選ぶ 』

これも、なるようにしてなっているのですが、
自ら悲劇の脚本を選ぶ必要はありませんよね。
波長を高く持って、選ぶときは遠慮なく
一番よい脚本を選びましょう。

『 ピンチからの大どんでん返し! 』

ストーリとしては非常に刺激的で
面白い展開ですよね。

ラブストーリ、アクション、ドラマチック、
コメディ素敵な展開を自分の現在と未来に
選択してあげましょう。


▲http://shinkokyubiyori.com

私たちはついつい悲観したり、
物事を悪いほうに考えてしまいます。

「失敗したらどうしよう」
「上手くいかなかったらどうしよう」

まだ起こってもいないことを考え、
落ち込んでしまいます。

さらに勝手につくり上げた
悪いイメージで自分自身を苦しめます。

もう未来を悲観するのはやめにしましょう。
これからどうなるかはまだ決まっていないのです。

「大丈夫、なんとかなるさ」と、
言葉にしてみましょう。

起こっていないことで苦しまない

どうして私たちは
うまくいかない未来を想像するのでしょうか?

初めから上手くいかないと思っている分、
失敗したときに傷つかなくていいようにでしょうか?

悪いイメージというのは
実際の結果にまで影響を及ぼします。

失敗するかもと考えていると
本当に失敗してしまうものです。

これを成功させないと、次に失敗すると
気負いすぎてもなかなか良い結果になりません。

肩に力が入りガチガチになり、
視野も狭く柔軟な思考ができなくなります。

あまり深く考えずに「なんとかなるさ」と
リラックスしてみましょう。

今の置かれている状況や、将来に対して
不安になってしまう気持ちはわかります。

でもね、そんなに心配しなくても
悪いことばかり起きたりはしません。

多少の失敗ぐらい誰にでもあります。
未来を決めつけて悲観していても仕方がない。

少し気楽に考えるぐらいの方が
生きることが楽しくなります。

人生は減点方式ではないのですから。

なんとかなるさ!

あまり不安がっていても良いことはありません。
間違いや失敗を恐れる必要はありません。
大抵のことは取るに足らない小さなことです。

大丈夫、なんとかなるさ!

そう、口にすることで心が前向きになります。
このことは脳科学でも実証されているそうです。

「人事を尽くして天命を待つ」
そんな言葉もあります。

自分にできるだけのことやったのなら、
あとはどんな結果も受け入れる。

人生なるようにしかなりません。
どれだけ考えても未来のことは誰にも分かりません。

自分の中でつくり出した妄想で苦しまなくていい。
明日は明日の風が吹くのです。

まあ、だいたい大丈夫、何とかなるものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何とかなるさ。

そうですね。74歳なるまでどうにかなってきました。
どうなるだろうと思ったことも起きましたが、何とかなって来ました。
先の取り越し苦労をせず、今を丁寧に生きていけば
何とかなるでしょう。
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集
熱烈歓迎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。