笑顔のチカラ



1/24(日)のブログ記事の最後に、
次の記事を掲載しました。
 ↓↓↓

▲https://happylifestyle.com
↑↑↑

第一印象

どんな人との関わり合いにおいても、
必ず初対面の時があります。

ピンと来るものがある場合がある半面で、
イヤだなぁと、逆の意味でピンと来る場合もあります。

「初対面の人の第一印象は
たったの3秒で決まる!」
とさえ言われています。

明るい表情を相手に向けるクセは
とっても大切なことなのです。

笑顔のチカラ

それはいかに、「良い人そう」「信頼できそう」といった
好印象を最初に与えられるかという次元の話ではなくて、

それが夫であれ奥さんであれ、
子供たちであれ、親であれ、
ご近所さんであれ、職場の同僚であれ、

相手が誰であっても、条件反射的に
明るいオーラを放つこと自体が「善行」なのです。

向かい合う相手に、
にっこりと柔らかい笑顔を向ける

これ自体が相手への
「好意のメッセージ」です。

口下手な人だって
それくらいは出来るハズです。

それすらもやろうとしない人は
根が生意気であり、横着者
なのです。

そんなに人と会うのが不愉快ならば
誰もいない山奥で
一人暮らしでもすれば良いのにと、
ふと、そう思ってしまいます。

人は、自分の考えや存在を
否定されることに深い不快感を覚えます。

自分はそのつもりはなくても
無表情・無愛想というだけで
相手は存在を否定された気になります。

そんな意味でも笑顔は、
相手をほっと安心させる手軽な伝達手段です。

今のうちから、人と向かい合ったら
相手が誰であっても、口元の口角を上げ、
目元を緩ませて笑顔を向けるクセをつけましょう。

人と向かい合うときのクセになるまで
心がけて明るい表情を自分に躾けてゆきましょう。



笑顔のチカラ

不本意ながらも、いつの日にか、
自分の脳がボケてしまって
どこかの介護施設のお世話になる時に

「302号の○○さんは、ボケているのに
いつも低姿勢で愛想が良くて、
気持ちが良いねぇ…」と

施設のスタッフの方にホメてもらえるように
自分を今のうちから躾けてゆきましょう。

そんな評判を聞いた自分の子供たちが
「そ、そうですかぁ…」と照れ笑いできように、
最後の親の務めとしても、心がけましょう。
それが、最後の子孝行というものです。



下の世話をして頂く時だって
お風呂に入れて頂く時だって

卑屈にならないで
「有難いことです」と感謝できる
可愛い年寄りを目指しましょう。

表情ひとつで相手が喜んでくれるなら、
笑顔を心がけるなんて安いモンです。

是非是非、今のうちから
自分を躾けてゆきましょうぞ!




▲http://koitanu.com

世の中の人の大半は
友達も親友もそこまで多くはない。

学生時代の友達も、卒業したら疎遠になって
一切連絡を取らなくなったりして、
そのまま縁が切れてしまう。

職場のグループで一緒に行動していた人達も、
退職してみれば付き合いがなくなり
友達がゼロになるなんてこともザラにある。

多くの人は孤独感や寂しさを感じており、
本当に深い絆で結ばれた友達は 2,3人もいれば
十分多いほうだと思われます。

沢山の人から好かれることが理想的ですが、
露出が多く目立つことが多くなれば、

それが原因で味方だけでなく
相反する敵の数も自然と増えていきます。

八方美人のように
誰からも好かれれば良いというわけではなく、

ごく少数であっても、真剣に自分のことを考えてくれて
緊急事態でも手を差し伸べて助けてくれるような 、
信頼できる友達や恋人を作りたいものです。

好かれる人と嫌われる人の違いを
一言で表せば、

プラスかマイナスのどちら側の人間か
という点が挙げられる。

人は自分にとって
利益、吉となる人物には進んで近寄っていき、

逆に損失、凶となる人物に大しては
遠ざかろうとする。

客観的に自分を省みて、
人からどのように思われているのか
相手の立場になって想像してみると良い。

自分が周りの人にとってストレスだったり
心理的負担を感じさせる存在だと改善の余地がある。

逆に人を笑顔にさせたり楽しませていたり、
和ませる雰囲気を持っていれば
人気になっているはずです。

自己評価が低かったり
自分に自信がなくて「私じゃダメだ」という
ネガティブな思い込みも人から嫌われる要素になります。

好かれる人はどんなに顔がブサイクでも
チビでもハゲでもデブでも無職ニートなど、

短所のような条件を持っていても、
明るく楽観的に振舞います。

このようなポジティブな人は一緒にいて気が休まるし、
また会いたいと思える存在になる。

根本的な性格はなかなか変えられないかもしれませんが、
努力次第で相手を喜ばせるテクニックや
ツボのようなものは見えてくる。

受け身の姿勢で
おもてなしをされるだけではなく、

積極的に相手を愉快な気分にさせることが
好かれる秘訣です。

好かれる人の特徴

人間社会は基本的にギブアンドテイクで成り立っている。
物々交換だけではなく、心理的な好意の感情や面白さ、
ユーモアセンスなどもその対象となっている。

これらは心理的報酬と呼ばれるもので、
愛情、サービス、物品、
お金、情報、地位 などが主な要因です。

つまり好かれる人というのは、
大抵はこのうちのどれかを
周囲の人間に与えることができると考えられる。

社会的地位が高かったりリッチなセレブは
関わっているだけで名誉で嬉しいという感覚に浸れるし、

モノをプレゼントしてくれたり、
自分の知らない知識を教え てくれる人も魅力的です。

しかし、このような物質的なものだけではなく、
愛情やサービス、 つまり好意の気持ちも
人から好かれるために重要な共通点となっている。

多くの人は友達や他人に施しを
与えるような余裕はないと思う。

しかし、愛情や奉仕精神であれば
いくらでも与えられる。

つまり、

好意の気持ちを言葉や行動に移すことが 、
皆から好かれる人になる方法、
人を魅了し引き寄せられる特徴と言える。

ただ、これらのうちどの要素を重視して
相手を評価するかは相手の性格タイプによって
変わってくる。

「年収」が大好きな拝金主義的な人もいれば、
職人気質な「職業」で心酔する人もいるし、

「周囲からの評価や権威」を欲しがる
プライドが高い見栄っ張りいる。

もちろん「性格や価値観」が一致するかどうかを
大切に考えている人もいる。

自分の片思い中の異性や、ターゲットが
何を欲求しこだわりがあるのか、

何に飢えているのか 分析して、
何を提供するのが最も喜ばれるのかを
先読みできれば一流の人間であり、
敏腕の営業マンとも言えるでしょう。

人から好かれるためには
何かを与える人間でなければいけない。
ということは肝に銘じておきましょう。

マメな気遣いができる人

相手の感情の変化を機敏に察知して
臨機応変に対応できると非常にモテます。

例えば会話をしている時に、
「意味が分からないからつまらないな」という
話題のトークになると、 表情がちょっと変化したり、
対応がつっかえてお互いの呼吸がギクシャクしたりする。

この「退屈だな」という
シグナルを敏感にキャッチして
話題を転換させる 質問を振ったりする。

これは頭の回転が早く
コミュニケーションの場数が少ないと、
実行するのが難しい上級者向けテクニックですが、

相手の気持ちを最優先にする心配りができていれば、
自然と身につくスキルです。

目の前の相手を尊重、肯定し、
思いやりや感謝を持って誠実な態度で 接する事で、
自然と信頼が厚い好かれる人になれるでしょう。

「おはよう、最近調子どう?」
こんな挨拶の一言が驚くほど良好な人間関係を作り出す。

親近感を感じて自分のことを
考えてくれてる身近で温かい存在だと思います。

マメに声をかける、メールや電話をするのは
人を好きにさせるためには非常に大切なことです。

相手の話を聞く人

自信過剰で武勇伝や
自慢話ばかり語る人は嫌われます。

自分が言いたいことばかり話すのは、
自己中だとか自分勝手だと思われてしまいます。

特に女性は自分の趣味や悩みなどを
話したい欲求があるので、尚更です。

話し上手よりも聞き上手の方が
モテるし人気者になりやすい。

癒し系で相手の話をなんでも「うんうん」と
相槌を打って聞いてくれる人は 誰からも好かれます。

「ちょっと話したいから飲みに行こうぜ」
なんて誘いを受けるのも 、
明るくて朗らかな癒し系の男女です。

別に爽やかでなく、口下手で暗い性格でも、
人の話を聞いてくれる人はモテます。

「僕は、私は」自己主張するのではなく、
「あなたはどうなの」と会話のパスをしてあげる事が
人間関係がうまくいく成功のコツです。

話が途切れないように
必死に頑張って喋るばかりでなく、

相手に興味関心を示す質問や姿勢を見せながら、
沈黙することも時には大切です。

褒める、肯定的な意見を言う

人は誰しも、仲良くなりたいという親和欲求と、
認められたいという承認欲求を持っている。

人の能力を持ち上げて褒めたり、
ゴマスリやお世辞を言う行為は 、

このような人が持っている根本的な願望を
充足させる言葉となる。

世の中を見渡してみると、
正直で素直な気持ちの本音、
心の底から褒めてくれる人って なかなかいません。

だからこそ、相手の目を真っ直ぐ見つめて
ストレートに褒め言葉をぶつけてくれる人がいると
嬉しいものです。

恋愛で異性を口説く際も同じことです。

「ブサイクだね」というよりは
「可愛いね、綺麗だね」と言われた方が
喜ぶのは当たり前です。

しかし、このような当然のことが
なかなかできないのが不思議なところです。

恥ずかしかったり
わざとらしくないか心配してしまい、
本心を語ることができない。

英国人は軽い挨拶のように
相手を褒めて喜ばせる面がある。

ちょっとしたユーモアやジョークを交えながら
長所や優れたポイントを 見出すのが
褒め上手と呼ばれる人です。

歯の浮くようなキザなセリフは
言いたくないと思ってしまいがちですが、

そのようなくさい言葉で、
案外人は幸せや親近感を感じるものです。

常に笑顔

人は自分がよくわからないものには
「危害を加えられるかもしれない」と思う性質がある。

つまり、

「何を考えてるか読めない人」というのは
大抵の場合 避けられる存在になる。

無表情、仏頂面などの表情に乏しい人や、
眉間にしわを寄せていたり疲れていて
険しい表情をしてしまっている人などは
露骨に嫌がられます。

笑顔というのは
相手の警戒心を解くためには必須のものです。

初対面の相手に無表情で声をかけたり
口説かれたら恐怖を感じてしまいますが、

ニコッとした眩しい笑顔を向けられながら
アイコンタクトと共に話しかけられると
「ちょっと話を聞いてもいいかな」という気分になる。

笑顔には、相手の心理的なガート、
あるいはバリアを破る力があると覚えておきましょう。

人間関係は鏡写し、自分が相手に微笑みかけると、
相手からも優しい笑顔が返ってきます。

例え営業スマイルのような
わざとらしい笑顔であっても、

異性から歯を見せられると、
案外コロッと一目惚れしてしまうものです。

口がへの字に曲げたり口をとんがらせたり、
何かから絶えているようにギュッを口を締めているのも

相手に嫌われていると勘違いさせてしまう
しぐさやサインなので注意しましょう。

目に少し力を入れるだけでも
印象はまったく違います。

洗面台の鏡を見て
一度自分の普段の表情をチェックしてみましょう。


▲https://happylifestyle.com

コミュニケーションでは、
硬い表情をしている人はモテません。

怖い顔なら、OKです。

たとえ怖い顔をしていても、
笑顔で笑っていると、優しい人に見えます。

ところが優しい顔をしている人でも、
表情が硬いと近づきにくくなります。

人から好かれる顔は、顔より表情です。

自分の顔が、今どういう顔に映っているのかは、
鏡ではなかなか分かりません。

鏡に映る自分を見るときには、
いつも自分一人のときだからです。

実際に人と話している最中、
自分の表情がどのような顔になっているのかは、
自分ではなかなか分かりづらいものです。

こんなとき、よい方法があります。

それが、相手の表情を見ることです。
相手の表情は、つまり自分の表情です。

自分の表情は
相手の顔が鏡になり反射しています。
人間関係には鏡の法則があります。

あなたが笑顔になれば、
相手も鏡を見ているかのように笑顔になります。

しかし、あなたが厳しい顔をすれば、
相手も同じく厳しい顔になります。

相手の顔は、鏡です。
相手の表情は、自分の表情を映す鏡です。

厳しい顔をしたり、怖い顔をしたりしていると、
相手も厳しくて怖い顔をしてしまいます。

女性が鏡に映し出された自分の顔を
チェックしているように、

人間関係にも相手の顔を鏡とし、
自分の顔をチェックしてみましょう。

相手が暗い顔をしているときは、
自分もそういう表情をしている可能性が高い。

厳しい顔をしているときは、
自分もそういう表情をしている可能性が高い。

相手が暗くなっているときは
「自分こそ暗くなっていますよ」という警告になるのです。


▲https://happylifestyle.com

明るい表情は、明るいことを考えているときに
自然とそうなってしまうものです。

好きな人のことを考えていたり、
好きな趣味を楽しんでいたりすると、
にこやかな表情に変わります。

明るい人は、いつも暗いことでも
明るく考え直しているから
明るくなっているのです。

私が中学生だったころ、同級生に、
とてもかわいい女の子がいました。
彼女はなにより、いつも明るかった。

明るいがゆえに、
男の子からとても人気がありました。
学年で、最もモテた女の子でした。

ある日、彼女に気になる質問を
してみたことがあります。

今でも忘れない、
中学2年の放課後のことです。

「なぜいつもそんなに明るいのか」と、
思い切って聞いてみたことがありました。

「暗くなっても、いいことないからね」
「暗くなったら、もっと嫌なことが増えそうだしね」
「だからわざと明るく振る舞っているの」

なんと、彼女は意識的に
明るく振る舞っているというのです。

彼女の明るい表情は、
明るく考えていることで出てきた表情でした。

たしかに、
嫌なことがひとつもない人はいません。

つらいとき、苦しいときは、
誰にでもあることです。

しかし、暗い表情になったからとはいえ、
良いことがやってくるわけではありません。

暗い表情をしていると、
暗い出来事がもっと引き寄せられてきます。

明るいことを考え、明るい表情になり、
暗い出来事を寄せ付けないようにするのです。

明るい表情は、お守りの役目を果たします。
暗い出来事を取り払ってしまい、
明るい出来事をさらに引き寄せる力を持ちます。

彼女が明るい表情によって男の子からモテたように、
明るい表情は「いいこと」をたくさん
引き寄せてくれる磁石の力を持つのです。


▲https://happylifestyle.com

私たちは生まれつき、
万能のコミュニケーションツールを
身につけています。

それは「笑顔」です。

笑顔があれば、あらゆる存在と、
コミュニケーションができるようになります。

たとえば海外旅行で、母国語が異なる外国人と
コミュニケーションを交わすのなら笑顔です。

笑顔になって話しかければ、
言葉は理解されなくても、
好意を伝えようとする意思が表現できます。

笑顔になり、地図上の行きたい場所を指させば、
きっと親切に答えてくれるでしょう。

言葉をまだ理解しない
赤ちゃんとのコミュニケーションも笑顔です。

笑顔になって話しかければ、
言葉は理解されなくても、

赤ちゃんも笑顔という表現で
返事をしてくれることでしょう。

言葉という概念のないペットとの
コミュニケーションも笑顔です。

笑顔になって接していれば、
言葉という概念のないペットにも、
愛情表現をしようとする様子が伝わります。

しっぽを振ったり、体をすり寄せたりして、
飼い主との意思疎通ができます。

万が一、宇宙人と出会ったのなら、笑顔です。
言葉は分かりませんが、きっと通じるものがあるはずです。

こう考えると、笑顔は
なんと素晴らしいツールなのでしょうか。
あらゆる障壁を超越しています。

笑顔とは、神様が与えた
まさに万能のコミュニケーションツールです。


▲http://josei-bigaku.jp

ふと鏡を見たら、
自分が物凄いしかめっ面をしていた
なんてことありませんか?

日々仕事や家事に追われて
余裕がない生活を送っていると、

眉間にしわがよってしまい、
笑顔を忘れてしまいがちですよね。

勿論、笑えないときだってあります。
でも、笑顔って大切なんです!

笑顔だけで人生が変わるなんてことも
大げさではありませんよ!
気づいたときに笑顔を作ってみませんか?

笑顔のチカラ

笑顔は難しいものではなく、
本当にシンプルなものです。

でも、驚くほどに
笑顔がもたらす効果は絶大なのです!

1) 人々をひきつける

笑顔を浮かべているだけで、
人は魅力的に見えるものです。

ブスっとしていたら、
何か嫌なオーラが漂っているような感じがしませんか?

微笑めば微笑むほど、
あなたのオーラは明るいものとなり、
人々をひきつけてくれるのです。

そして人々があなたの周りにいると心地よい、
一緒に居たいなと思って、寄ってきてくれるです。

友達や職場の人たちは勿論、
道行く人もひきつけてくれます。

皆、明るくて幸せな人に惹かれますよね?
ハッピーなエネルギーを皆必要としているのです。

2)前向き、楽観的になる

ムスっとしていたり、暗い顔をしていると、
何か世の中が悪いことばかり、

私ってなんてだめなんだろうって
思えてきてしまいませんか?

笑顔を作っているだけで、
不思議と世の中が明るく見えてきてしまうのです。

苦しいときこそ笑ってみましょう。
下がってしまっている口角をちょっと上げてみてください。
自然と前向きな気分になれますよ。

3)幸福感と歓楽感

笑顔は幸福と歓楽の象徴です。
笑うだけで幸せな気分になれます。

不幸な気分の時でも、笑顔を作るだけで、
自然と幸せが引き寄せられるのです。

4)健康

笑うことで、心身ともに健康になれるのです。
「ストレスで体調を崩した」なんて話も聞きますよね?

笑顔はその逆なのです。

笑うことで、ストレスをやっつけてくれ、
心身ともに不調を整え、健康に導いてくれるのです。

5)近寄りやすい

ブスっとしている人に近づきたいと思いますか?

単に道を聞くのであっても、
知らない人ばかりのパーティーに参加したときであっても、

声をかけやすいのは、
にこにこしている人ではないでしょうか。

笑顔を浮かべているだけで、
人は受け入れられている、
歓迎されているという感覚を受けるため、
交友関係も広がっていくのです。

6)他人を幸せにする

相手が笑っているだけで、
自分も自然と快適に感じ、
幸せな気分になってくるのです。

笑顔は人の冷えた心を暖めてくれます。

しかも即効性があります。

笑顔で自分だけでなく、
他人まで幸せにできるなんて、
すごく素敵ですよね!

7)笑顔は伝染する

人が笑っているだけで、そのハッピーな感情が
他の人にも伝わり、その人にも自然に
笑顔をもたらしてくれます。

笑顔から出てくるオーラは凄いのです。

ちなみに、欧米では道行く人と目が合えば、
殆ど皆にっこりとします。

これは相手に

「自分は怪しいものではありません」
「あなたに危害を加えませんよ。」
といった意味合いがあるのです。

これは少しマナー的なものですね。

笑顔にチャレンジ

笑顔の物凄い効果は
わかっていただけたことと思います。

私も笑顔を作りたい!って思われた方、
ちょっとこれからご紹介する方法で
チャレンジしてみませんか?

1)見知らぬ人に笑いかけてみる

道を歩いていても、エレベーターに乗っても、
電車やバスに乗っても、毎日必ず
知らない人に会うことと思います。

そこで、ちょっと
その人達と目が合ったら、微笑んでみましょう。

露骨に微笑んだりするのではなく、
例えば、エレベーターの中で
短時間自分と相手2人きりだとしても
相手が安心できるような微笑をしてあげるのです。

愛想笑いで口だけ笑うのではなく、
目から笑うと純粋で自然な笑顔になります。

会った人に笑顔という
小さな贈り物をするって考えてみてください。

知らない人とは目が合ったら
そっとそらすなんてことは日常茶飯事ですが、

あなたがまずニコっとしてあげると、
相手も「あれ?」と思って、何
となく暖かい気持ちになり、
もしかしたら微笑み返してくれるかもしれません。

なお、異性に微笑むときには
勘違いさせない程度の笑顔にとどめてくださいね。

2)よく顔を合わせる人に
社交辞令以上の微笑を向ける


通勤時や会社内等でよく顔を合わせる人や
ちょっと見知った人に、礼儀としての笑顔だけでなく、
友達に向けるような笑顔を向けてみましょう。

きっかけとなって、友達になれるかも知れませんよ。

3)会社内で笑顔を作る

仕事が忙しかったり、ストレスが多いと、
特に会社内では疲れてしまい、

生気のない力のない表情を
浮かべてしまうことも多いでしょう。

確かに会社は仕事をするところで、
業務が滞っていなければ会社は機能しますし、
問題はないことでしょう。

でも、それって何かロボットみたいですよね。
上司にレポートを持っていくとき、
同僚や先輩に相談するとき、
ちょっと笑顔を向けてみませんか?

声をかけるときと会話が終了したときに
にっこりとしてあげるだけでもいいのです。

相手も色々と余裕がなくて、
無表情になっていたり、
むっとしていたりするかも知れませんが、

あなたがちょっとにっこりしてあげるだけで、
それが伝染し、少しほっとした気分を
相手が感じることができるかもしれません。

会社の雰囲気や周りのあなたへの接し方が
変わるなんてことも十分にありえるのですよ。

4)ちょっとほめ言葉を加えてみる

笑顔に加えて、嫌味のない、純粋な、
小さなほめ言葉を加えてみましょう。

「そのアクセサリー素敵ですね」とか、
「綺麗な字ですね」とか、

「○○さんの声を聞くだけで、何か落ち着きます」とか、
ちょっとしたことでいいのです。

柔らかな笑顔に加えて温かい言葉は
相手の心を和らげてくれます。

そんな言葉一つで、相手の一日がうきうきとした、
すばらしいものに変わるかもしれません。

更に、相手のいいところを探すことになるので、
自分自身がポジティブになれるという
おまけもありますよ。

明るい印象を与える笑顔

自分の笑顔を鏡でチェックしながら
いつもほほえんでいるような印象を
与えられるように意識してみてください。

顔の表情筋を動かして明るくするために
笑い顔を常に記憶させましょう。

歯を見せて笑うクセをつけていると
自然に口角があがり
優しい目になり運気がアップします。

笑顔は周りの人を幸せにします。
その幸せは、必ずあなたに帰ってきます。

鏡を見て笑顔を作る習慣を
作ってみてください。




▲https://happylifestyle.com

対人関係において、
しかめ面や硬い表情では
「拒否」や「警戒」「不安」を表します。

相手が硬い表情であれば、
こちらも話しづらくなります。

それに対して、笑顔という表情は
「受け入れましょう」
「楽しんでいます」という喜びのサインです。

コミュニケーションのときには、
笑顔を意識してみましょう。

しかし、ここからがポイントです。

今までは楽しければ、
笑顔になるという状態だったのではないでしょうか。

しかし、これからは、
楽しくなる前から笑顔を心がけましょう。

「楽しくなくても笑顔、面白くなくても笑顔」を、
意識して表情を作るのです。

笑顔になると話が弾みやすくなります。
話が弾むから、笑顔になるのではありません。
笑顔になるから、弾みやすくなるのです。

笑顔は「受け入れる」というサインですから、
話しやすい雰囲気になります。

話しやすい雰囲気になるから、
冗談も言いやすくなり、話を盛り上げやすくなります。

結果として、話が弾みやすくなるのです。

楽しくなる前から楽しそうな表情をしていれば、
本当に楽しくなるのです。

最近、家族間で会話が少ないなと感じるのならば
まずはあなたの方から笑顔を向けましょう。

笑顔は待つものではありません。
笑顔はあげるものです。



電車を待つ駅のホームで
一人の男性が突然思い出し笑い。

笑い声はどんどん大きくなって、
戸惑い気味だった周囲の人もだんだん……。

笑いは伝染していくものです。
あなたも映像を見て、一緒に笑っちゃいましょう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

笑顔。

笑顔ってとっても大事なものですね。
私も鏡を見るのはあまり好きでないけれど、どんな笑顔をしたらいい感じがするのか、勉強の合間に研究してみましょう。^-^;

今日は科学館に行きましたが、バス停で私よりお若いでも年配の方が話しかけてこられて、バスが来るまで雪の生活を話しました。そんな時笑顔だったかどうか自信はありません。
でもその方と前後ろでバスの背に座り、、バスが動くや否や、何かごそごそして飴を一個、後ろの私に手を伸ばしてくださいました。ありがたくいただいて、駅で私はお礼を言ってわかれました。たぶん笑顔だったと思うけど意識していませんでした。これからは十分意識していきます。

小さな子供と目が合った時は必ず満面の笑顔で無言の返事をします。これは自信があります。^-^
今日もいいお話でした。ありがとうございました。ブタローさんに笑顔をプッシュ!
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集
熱烈歓迎