2016
04.08

壁は自分の中で生まれる



先日のエストニアでの10日間の研修期間の中で
宿舎に戻った夜のひと時での息抜きと言えば、
ユーチューブで日本のドキュメンタリー番組を観ることでした。

私が連日観ていたのは、NHKの
「プロフェッショナル・仕事の流儀」と言う番組。

各分野の第一線で活躍するプロフェッショナルの方々の
生きざまを描いたドキュメンタリーです。

ちょっと昔の番組だから、すでにご覧になった方も
きっと多いかと思いますが、私は今回初めて観ました。

たくさん観たので、誰のセリフだったか
分からなくなりましたが、

「…壁って自分の中で生まれるだよね…」


「なるほど!」と思いました。

悠々自適なシニア生活を
満喫している方であっても、
いずれ未体験の壁に遭遇します。

それは、「老い」や「死」に
自分が向かい出したなと
実感する時の「閉そく感」です。

※「閉そく感」とは、
閉じふさがったように先行きが見えないさま。


しかし、それは自分の中で生まれた壁にすぎないと
自分に言い聞かせることができれば、
少しずつ許容できるのではないかと思います。

「壁って受け入れることで、
向こうに行けたりするんだよねぇ…」


番組中のある方の抽象的な一言ながら、
深く頷けるものがあります。

本日は、私が異国の空の下で観ていた
動画のいくつかをご紹介します。

お暇な時に、スピーカーをONにして
お楽しみ頂ければ幸いです。




















スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/467-46b9bffd
トラックバック
コメント
思わず見入ってしまいました。そして最後まで見てしまいました。
いつもの仕事をいつも通りにきちんとやる。
細部に髪はやどる
2ミリと3ミリの稚貝は大きい。

老いても、記憶の組み合わせで創造力は衰えない
あくなきこうじょうしんをもつ
満足しないこと

厳しいスイーツへのこだわりを見せていただきました。
昔は何回もいろんな人のものを見たことがあるのですが
今の生活ではもう全然です。早寝が災いしていますが。
これも老化現象何でしょうね。
ローズコーンdot 2016.04.10 20:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top