最近の私のテーマは、
「自分にウソをつかない」です。

自分本意にワガママにふるまう
そんな意味ではありません。

自分を殺してまで
周りの空気に流されないというニュアンス。

まだ答えが見つかりません。

本日は参考になりそうな記事を掲載します。


▲https://happylifestyle.com

人は、何かを発言するとき、
人目を気にしやすいものです。

「それは違う」と、
否定されたくはありません。

やはり、人からホメられたり
認められたりするような意見を
言いたいと思うものです。

できるだけ嫌われず、
できるだけ周りの人に認められる意見を
言いたがろうとします。

しかし、
周りの目を気にした発言をしても、
むなしいだけです。

本当の自分の意見ではないからです。

周りの人が喜ぶような意見を、
さも自分の本心のように口にするのは、
偽りが混じっています。

周りの目を気にした発言は、
周りに躍らされているだけです。

本当の自分ではありません。

周りの人から「そうだね」と
言われるであろう意見ばかりを考えていると、
何が本当の自分なのかを見失うのです。

周りの人の顔色ばかりをうかがっていると、
自分の顔色が悪くなります。

そもそも、自分の考えは、常に正しいです。
自分が考えたことだからです。

自分で考えたことだからこそ、
本当の意味で「自分の考え」と呼べます。

まず、自分が素直に考えたことを
言う習慣を身につけましょう。

自分を見失わないために、
必要な習慣です。

よくない考えであれば、
人から叱られることもあるでしょう。

そのときに、あらためて
自分の考え方を修正すればいいのです。

自分の考え方を修正しつつも、
自分の考えを口にする習慣だけは続けます。

自分を見失うことはないのです。

スポンサーサイト

<< メンタル強っ! | ホーム | 答えは自分の中にある >>

コメント

おはようございます。

自分にうそをつく。やっぱりやっているんでしょうね。
私の場合は家族や親せき、友人ぐらいで、周囲も少ないですが・・・。

自分にうそをついても、やはり相手を立てて、相手の喜ぶことを言い、相手を傷つけないようにする…そんなことをしているようです。
そしてはっきりと、相手に対して自分の思っている心底のことを言ってわからせた方がいいのか、黙っていた方がいいのかと思うときがあり、それでも後者で済ませてしまうことが
ませるなあと思いました。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム