2016
09.12

異邦人のつぶやき



生きていれば、

思い通りに行かないことがいっぱいあります。

そんなとき、

「今の人生は、魂磨きの人生だ」と思い起こすために

私が時折読み返す、良質のサイトをご紹介します。

管理人さんは、転載厳禁だということですが、

どうしてもご紹介したいので、1ページ分だけ、

紹介を兼ねてこっそり、転載させてもらいます。



人間が死後に思う10の内容

人間が「死後」に、アノ世でどんなことを思っているのかを、

私の記憶と、多くの魂を観て来た経験から書いて置きます。

 ↓ ↓





死んでみて、誰も悪く無かったことが真から分かった。

すべてが自分の「ため」であり、自分が原因だっただけなんだ。

お父さん、お母さん、本当にごめんなさい。

もう1度、生まれ出たい。




人生で、あんなことで

くよくよ悩まなければよかったなあ。


人間は、何も悩むことは一切無かったんだ。


生まれ出るだけでも、生きているだけでも、

もの凄いプレゼントだったんだ。


コノ世に生まれさえすれば、

後は何にでも感謝して楽しめば良かったんだ。





他人が自分のことをどう思うかなんて、

気にしなければよかった。


他人が思うことばかりを気にして、

自分が思うことは気にしていなかった。


自分の思う内容を大切にしていなかった。


他人は、自分自身のことで一杯であり、

私のことなど気にもしていないのが本当さ。


私は、もっと自分のことを

考えて上げるべきだったんだ。


今生の自分よ、本当にごめんよ。





もっと他人に親切にして、

励ますだけでもすれば良かった。


他人に優しい言葉を話し、

親にはもっと感謝するべきだったんだ。


死後の世界が、これほど厳格に

反射の法則だけで出現しているなんて、

誰も教えてくれなかったし、知らなかった。


もし、もう1度だけ

生まれることが許されるならば、

他人を助けることを誓うよ。


だって、自分自身を真から救うには、

それしか無いのが真実だからさ。





生きている時に、あんなに心配しなければよかった。

必ず死ぬのに、何を守ろうと自分はしていたのか。


どんな懸念があっても、なるように成れ。


で本当に良かったんだ。


嫌な事、苦しいことほど、

今では良い思い出に変わっているし、

その時の自分を褒めてあげたい気分に

成れることが分かったんだ。


死後にも、こんな世界が在るならば、

心配せずにもっとゆっくり楽しめば良かった。


次は、貧乏でも笑い飛ばせる自分を試したいなあ。

神様、お願いします!




他人の言葉よりも、

もっと自分の思いを信じればよかったなあ。


他人の言葉を信じて決めれば、

必ず後で後悔することが分かった。


自分の思いを信じて決めれば、

どんな結果でも人生を楽しめるのが分かった。


だって、どんな選択も、

せっかく神様が自分のために

用意してくれていたものだったことが

死後に分かったんだ。


神様、

次は自分で決めることを誓います。

ごめんなさい。





ああ、一瞬一瞬を

もっと大切に生きればよかったなあ。


生きている時は、人生は絶望するほど長かったけど、

死んでみればほんの一瞬だったことがよく分かった。


こんなに直ぐに終わる人生ならば、

もっと全力で走りながら楽しめば良かったなあ。


何も恐れるものなど無いのが真実だったんだ。


自分は何を恐れて、人生に絶望したんだろうか。


もう紙芝居にはダマされずに、

ただ感謝して生きることに挑戦したいな。





他人と言い争いなどしなければよかったなあ。


他人に文句を言わずに、

ただ見守ってやれば良かったんだ。


他人とケンカせずに、

違う他人と自分で楽しめば良いだけだったんだ。


他人との別れは突然に来るから、

他人には良い言葉だけを話す人生を次は送りたいな。


どんな他人でも今生で出会うということは、

これほど深い縁のガンジガラメだとは想像していなかった。


自分の方が、今回は謝ればちょうど良かったんだ。


その前の過去生の時の他人よ、アノ時はごめんね。


今回も怒ってしまったけど、

自分が引けばお互いにイーブンだったんだよね。





もっと他人のために何でも尽くせばよかった。


他の人のために行うことは、

それは自分自身を救っていたんだな。


今生は、他人から取ることばかりを考えていたから、

死後の自分には何も残されていなかったよ。


死後には、これが他の魂から一目で分かるから、

今のみすぼらしい自分が本当に恥ずかしいよ。


そして、もっと幸福に感謝して生きればよかったな。


幸福は、やって来るものでは無くて、

自分で創造するものだったことが死後によく分かった。


自分の感謝の気持ちで創られるものであることを、

生前に知りたかったなあ。





もっと自分自身を大切に扱えばよかったな。


自分をイジメてばかりいた。


クヨクヨ悩み、自分に絶望し、他人を非難し、

食べる物も配慮せずに、

心身ともに自分で自分をイジメていたことに気付いた。


これにより、多くのチャンスを

自分で潰していただけだったんだ。


でも、死んだ今では遅いんだ。


神様、

今回は健康な体に生み出してくれて

有り難うございました。


それなのに、大事にしなくてごめんなさい。

もう1度だけ、挑戦したいな。





以上の内容を信じる必要はありません。

私から言えますことは、「これが答えです」。


ただ、すべての言葉に共通する内容に

気付いて頂ければ幸いです。


生きている間に、自分の人生経験を通じて、

自分に共通する内容に気付いて頂ければ

幸いであり十分です。


人間は、自分が経験したことは深くよく理解します。

生かして頂いて ありがとう御座位ます。




無断転載 申し訳ございません。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/494-30323783
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top