内容紹介です^^

「お金がなくて、将来が不安……」。

「今月の家賃も払えるか分からない……」。

そんなあなたに、「お金の神様」に上手にお任せすることで、

お金や豊かさをたっぷり受け取る方法をご紹介します!


Ameba人気ブログランキングの2部門で1位に輝く著者が、

初めて執筆した、ブログでも大反響のお金のお話です!

頑張っても、頑張っても、報われずに「自分なんて……」

と思っていてはいつまでたってもお金の神様は振り向いてはくれません。

あなたはありのままで完全です。

そのことを認めて、自分の願いをお金の神様にお任せしてしまいましょう。

実はあなたが頑張るより、神様の方があなたを幸せにできるのです!

本書では、


【1、今月の家賃がままならないレベル】
【2、意識改革のリハビリ期間】
【3、幸せなお金持ち体質になる段階】
【4、放っておいてもお金が流れ込むレベル】
まで、お金の神様に上手にお任せする方法を順番に解説していきます。

豊かさを受け取る準備はよろしいですか?
読めばお金に困らなくなり、心まで軽くなる一冊です。





神様にお任せで、勝手にお金が流れ込む本、


大木ゆきのさんの本を読んだ。

この本には、福の神様が出てくる。


福の神っていうのは、あなたに

お金や豊かさをもたらす

創造の源のことです。

※福の神様へ、願いを届ける

福の神はあなたに豊かさを

与えたくてたまらないんですよ。


願い事をしても、届いていないと

思う人。



自分のことを、否定していることが

原因かもしれない。



福の神様を信じて、任せてみる。



--------------------

※お願いするための言葉

「福の神さん、あなたにお任せしますから、

--------------------

で、お願いを始める。



福の神様に、お任せする。



そのために、何が起きても

受け入れるという思いを、持つ。


※大木ゆきのさんの場合

前の仕事を辞める時、マンションの

ローンが約1/3残っていた。



福の神様にお願いをする。



これからやりたいこと。
残っているローンの、具体的な額。
必要なお金の額。

----------------

あなたにお任せしますから、

何とかして下さい。


---------------------

と願う。



すると、

会社が、早期退職者の募集を始めた。



大木ゆきのさんは、早期退職をして、

お願いした額よりも、多く受け取ることが

できた。



福の神様は、やりたいことを

しようとする時、希望より

多くの豊かさを与えてくれる。


※自分を受け入れる

自己否定から解放されて、

自分を受け入れるようになる

トレーニング。



3秒でできる。



朝、目覚めた時。

体は、横たえたまま。

目を閉じて、胸に両手を置く。


---------------------

「私はありのままで完全です。」と

唱えます。

------------------

寝起きの時は、潜在意識に届きやすい。



自分を肯定する価値観が

染み込んでいく。



自分を受け入れていくことで、

福の神様と、周波数が合っていく。



福の神様からの、豊かさを

受け取りやすくなる。



※福の神様が住む家にする


気軽に、できることから、始めよう。


1)朝、窓を開けて、気を入れ替える

家の中に、古い気があると、

福の神様と、周波数が合いにくくなる。



窓を開けて、新しい気を入れると

運気も上がる。



2)朝日に当たる


朝日は、古い気をクリアにする。



朝日が見えない日も、

「朝日は、自分をリセットする。」と

思うだけで、効果がある。



3)朝、掃除をする


簡単で良いので、毎朝、掃除をする。

床を拭く。
掃除機をかける。
ほこりをはらう。
など。



3)カーテンを洗う

カーテンは、面積が大きい。

古い気も、多くついている。



汚れが付いていないようでも、

洗った後、カーテンをつけると、

きれいになったと感じる。



年に1度くらい、洗うと良い。

--------------------
福の神様と、話そう
-----------------



福の神様は、私たちの話を聞くのが好き。


うれしいこと
悲しいこと
感謝すること


何でも話してみる。



絆が深まり、福の神様と通じ合うようになる。




大木ゆきのさんは、今、

福の神様から、豊かさを

どんどん受け取るようになった。



そのことを伝えたくて、

この本を書いた。


スポンサーサイト

<< 任せてみるか | ホーム | 「このことからは、なぜかいいことしか起きない」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム