「覚悟の話」 文字起

はい、おはようございます。
この話は本当に大切な話なので繰り返し聞いてください。

あのですね、時々ですね「ついてる」とか
「嬉しい」「楽しい」「感謝してます」とか

「幸せありがとう」「許します」の天国言葉言うんだよって事で、
「ちゃんと私言ってます。」とか言っているんだけど、

「イマイチ心が、なんか辛くなってしまう事があったり、
否定的な事を考えてしまうことがあるんですよ」って
相談があるんですけれど、
人間と言うのは、『悩みというのは実は無くならない』んです。

はっきり言うと、お釈迦様っていうのはものっすごい大天才で、
すごい頭の良い人でもお本当に心も最高の人なの。

その人が、悩みという物をなくそうっていうんで、
滝にも打たれたの、ものすごい断食もしたの、難行、苦行、
本当に死ぬ寸前まで自分を追い詰めたの。

それでも、実は、悩みというものは無くならなかったの。

だからお釈迦様が難行苦行の後に言った言葉が、

「無駄である」

人間というのは難行苦行しようが無くならないんだよ、
っていうことがわかったのね。

それで私が何を言いたいのかと言うと、
お釈迦さんもそうんだんよ、仏の顔っていうのがあるね。
阿弥陀さんでもなんでもみんないい顔してるよね。

ということはどういうことですかっていうと、
悩みがあっても良いんです。ないようなを顔して下さい。

それで悩みがあっても良いから
言葉から天国言葉を喋って下さい。

そいでいつも幸せそうにしてて下さい。

そうすると、あなたの周りの人が
「ああ、あなた幸せなんだ、良かったね」って
周りがみんな安心します。

どんなストレスがあっても、
たとえば部長から言われようが、
周りから嫌なことを言わようが、

自分で受け止めて、自分は絶対に
外に嫌な顔を出さないで下さい。
地獄言葉を吐かないで下さい。

よくそういうことすると、
ストレスが溜っちゃうって人がいるんだけど、
溜めといて下さい。

よくストレスが溜ると、
早死にするっていう人がいるんですけど、
死んじゃって下さい。

なにを言いたいのかと言うと、
ダラダラダラダラ長生きしながら、
地獄言葉を周りにまきちらすと、迷惑なんです。

徳を積むっていうことは、
嫌なことがあっても自分から絶対外には出さない。

どんな嫌なことも、自分で受け止めて、
人に出すときは良い言葉、
良い笑顔でしか絶対出さないという覚悟なの。

その覚悟をすると、始めてその人に奇跡が起きるの。

だからみんなに奇跡が起きないのは、
あまりにも覚悟が足りない。

その覚悟で奇跡を起こしたいつっても起きないよ。

今日から自分は絶対に、
嫌なことがあっても人に出さないんだって。

孔雀妙王というのがいてね、
孔雀っていうのはサソリだとか毒虫だとか
毒蛇なんかみんな食べちゃうの。
だけどその毒にあたることがなく、鳥の中で一番キレイなの。
だから、今から私が言ってるのは、孔雀妙王の修行なの。

この事さえしっかり分かって、絶対に今日から、
私は何があっても幸せそうな顔してるの。

幸せな言葉を話すの。

周りの人から、「あなた苦労した事ないんでしょ!」
って言われたら、自分の勝ちなの。

なぜかっつうと、顔とか言う言葉が苦労に負けていないの。

だから嫌なことが起きようがなにしようが、
絶対!言葉に出さない人は、必ず苦労に負けない人なの。
だから、まず覚悟しなくちゃダメなの。

しっかり腹を決めて、やるぞと思った人に、
必ず奇跡が起きるの。

だから幸せになる覚悟をする、しなくちゃいけないよ、って。

覚悟が決まった時、明日からでも奇跡が起きるからね。
頑張ってやってください。


スポンサーサイト

<< 心の世界に生きる | ホーム | 人間関係は、魂の修行 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム