2017
07.17

自分との対話

Category: 雑記つれづれ
2015/08/15更新記事


■自分との対話をより良いものにして、最高の自分を作っていく方法

普段、自分とどんな会話をしていますか?

人は普段から自分と会話しています。

「こうしたほうがいいんじゃないか」
「これはどうなんだ」
「どうすればいいんだ」

人によってそれぞれ違います。

ですが、その中にも健康的ではない会話もあります。

たとえば、

「自分はなんで出来ないんだ」
「なんて自分はダメなんだ」
「もうだめだ」など、

聞いているだけで力が弱まってしまうような会話です。

何が怖いかというと、こうした不健康な会話を自分とし続けることが、自殺や殺人、事件などにつながるからです。

自分のことを痛めるような会話ばかりしていると、自信がなくなってしまいますし、

相手を痛めつけるために、自分のモチベーションを高める会話をすると狂気が湧いてきます。

このように、自分との会話を上手くしないと、いつのまにかひどい状況になるということも少なくありません。

■健康的な会話とは?

不健康な自分との会話を続けることで、取り返しがつかないほど力があるということは、健康的な会話を続けることで、自分が思ってもいないような嬉しい結果を出すことが出来るということになります。

事実、有名人やスポーツ選手などは、自分を高める会話が非常に上手いです。

だから、普通の人が諦めてしまいそうな時でも楽しそうにこなしてしまう理由の1つでもあります。

たったそれだけのことで凄いことが出来るというふうに思える人は少ないかもしれませんが、自分との健康的な会話は大きな力を持っています。

スポーツ選手を例にとると、普通の人は「なんでこんな辛い練習をしているんだろう」という会話を自分としているのに対して、

一流になっていく人は、「これをやることでより理想的な自分になれる」など、自分を高める会話をしています。

人は、自分と他人との会話を通して現実を認識します。

なので、同じ状況でも寂しいと感じる人もいれば、面白いと感じる人もいるわけです。

どちらが自分の良い状態を引き出せるかは明確でしょう。

■癖は身につけることが出来る

とはいっても、今まで不健康な会話を自分としていた人にとっては、中々変えることが出来ない、面倒くさいと感じてしまう人もいるでしょう。

ですが、そうして日々を過ごしているときでも、常に自分との会話は続けられ、気付いたら嫌な気持ちになっていたりするものです。

これを変えるには癖をつければいいのです。

たとえば、「なんで自分はだめなんだろう」という会話をしていたら、その次に「そして、なぜ自分は素晴らしいのだろう」と会話をしてみてください。

それを続けると、不健康な会話をした後に健康的な会話をするという癖がつき、だんだんとそれが定着していきます。

不健康な会話をしたと思ったら、すかさず健康的な会話をしてみてください。

それが一連の流れの癖となって身につけることが出来るでしょう。

■話したことが自分の現実になる

自分が痛いと感じることを、他の人は気持ちがいいと感じることはあると思いますか?

たとえば、自分は痛いと思う整体や鍼灸、電気風呂などのリラックス関連をはじめ、筋力トレーニングや辛い練習などは、他の人が夢中になって取り組むことでもあります。

これは生まれつきトレーニングが好きとかではなく、どこかの時点で好きになったといえます。

そこには健康的な会話があったことはいうまでもありません。

仮に好きなことをやっていても「なんで俺こんなくだらないことやってるんだろう」などの不健康な会話をしていれば、いつかそれは好きではなくなるでしょう。

それだけ自分との会話には力があります。

好きだったことを嫌いにしてしまうほどの。

好きなパートナーと別れることも一言で完了するでしょう。

ですが、パートナーと付き合うことも一言で完了します。

これは、自分の気持ちが高まるといった人生の一部のことに限らず、話したこと自体が自分の現実を作るといえるほどです。

なので、自分との会話が健康的な人が他の人より凄い結果が出るのはそういう原理といえます。

■言葉をマスターする

ある意味、人は言葉という凄いツールを持っているのに、そのツールを使いこなせず振り回されているといえるでしょう。

人によっては自分の人生を終わらせたり他人を傷つける原動力になっているほどです。

ですが、健康的な言葉をマスター出来れば、どんな状況にいても自分の現実を変えることが出来るといえます。

そのためには、どんな言葉が自分の状態を引き上げるか、得たい感情を得られるか、他人の原動力になるか、他人を幸せにするかということを考えて、実践していくといいでしょう。

もちろん最初は上手くいかず、自分も周りも振り回すことになるかもしれませんが、大切なのは常に健康的な会話を自分にし続けることです。

すると、だんだんとアイディアが磨かれてきて、よりよい現実を作りだすことが出来るようになるでしょう。

本当の意味での神との対話

エゴに気がつく方法としては、ネガティブな感情が上がってきたとき、

「なぜ自分はこんなに悲しいのだろう?」

「なぜこんなに自分は怒っているのだろう?」

とその感情を観察し、掘り下げてみることをおすすめします。

掘り下げていくことで、その根っこ、原因が見えてきます。

それに「気がつく」ことです。

気がつき、観察するのです。

受けれいる、手放す、それができる人はやってみてください。

できなくてもいいです。

気がつくこと。

それだけでも十分です。

~~~~~~~~~~~~

観察、掘り下げを一度やっただけでは気がつかないかもしれません。

原因が見えても、すぐには楽にならないかもしれません。

情況や体調が変われば、「また君か!」と同じようなネガティブな感情が、上がってきたりもします。

それは、その情況や体調(パターン)によって生まれる、反射・反応(感情)なのです。

したがって、その都度対応していくことが必要です。

何度でも繰り返し、自分の感情と向き合う、掘り下げる、そして気がつく。

それが自分との対話、本当の意味での神(自分)との対話だと思います。

特別な人だけ、選ばれた人だけが神(自分)と対話できるわけではありません。

誰でもできるのです!

神様は差別はしません。

~~~~~~~~~~~~

あなた(神)が、自分で設けたゲームのルール、

あなたがかけた思考の鎖をほどくことができるのは、他の誰でもないあなた(神)です。

ほら、いますぐ神(自分)と対話をしましょう。

神との対話を、この制限解除のゲームを楽しみましょう♪

自分(神)に語りかけましょう♪

■大切な自分自身との対話

メンタルをコントロールして上で、大切なこととして、自分自身との対話があります。

その方法の一つとして、「ノートに思ったことを書き綴っていく」というものがあります。

リラックスした状況で、特に深いことは考えず、ただただ浮かんでくることを書き記していってみてください。

アウトプットとして、「書く」ということで、押しとどめていた感情を外に出すことができ、気持ちは随分と楽になります。

また、その感情を外に出したことで、さらにその下にあった感情が現れてくることもあります。

一番上にある感情が邪魔をして、下でくすぶっている感情が出てこれない状況になっていることもあります。

そういった感情に気づくことで、核心的に何に対してストレスを感じているのか?

何に対して不安を感じているのかといったことが見えてくるのです。

「上司の会議での発言が腹たった。自分が責められているように感じた。」

「契約をとることはできなかった。でも、心の広い価値観の方に出会えて勉強になった」

「最近、面白いことをしていない。週末はどこかに遊びにいきたい」

「忙しすぎて、飲みにいくこともでいていない。無理やりにでも同期を誘ってのみにいきたい」

など。何でもいいのです。

自分のありのままの感情をつづることで、ふと 内容を読んで、自分が考えていることを客観的に見られるようになるのです。

また、「書く」というアウトプットは、今のご時勢では、面倒なことかもしれません。

なので、パソコンなどを活用して入力し、履歴を残していくことも有効です、 

しかし、敢えて「書く」ことをお奨めします。

「書く」ことは、入力よりもアウトプットは早いですし、履歴で見返してみれば、内容だけでなく、文字だけでその時の感情を把握できるため、データでの入力よりも情報がたくさんあるのです。

イライラしていたり、やる気がでていなかったり、楽しかったり、嬉しかったり、そういったメンタルは書いた内容だけでなく、文字からも見えてくるのです。

一日一回、場所や時間を見つけてやってみてください。

心の中にある客観的な自分を知ることができ、自分の核心的な本質と向き合えるようになるのです。

限られた時間なのに、もったいないと思われるかもしれませんが、しかし、まずは自分の感情を「知る」ということは非常に大切なことです。 

自分を知れば知るほど、その対処方法が効果的になるからです。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/541-56093079
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top