FC2ブログ

感情は選択できる



会社を定年で円満退職して、
「これからは自分らしく生きよう」としても
やっぱり人間関係はついて回ります。

相手が職場の人間関係から
相手が家族や趣味サークルの
人間関係に変わるだけのことです。

相手が家族だからといって
同じ趣味仲間だからといって

全員が自分と同じ価値観とは
自分と同じ反応をするとは
限りません。

自己チューな人もいれば
おせっかいな人もいます。

体調を壊して入院した場合でも
病室が個室でない限り
4人部屋の中での人間関係は発生します。

つまり、「自分らしく生きる」とは
対人関係の中で「自分らしくある」という術を
身につけることに他ならないのです。


本日のブログテーマは、
「感情は選択できる」です。

たとえば、なんらかの共同作業の中で
「なにやってんの、バカ(怒)」と
相手から言われたとします。

たいていは、
「なんだとぉー(怒)」とムカつきます。

そして、

いかに自分が傷つけられたか
いかに相手が理不尽かの根拠探しに
頭の中はいっぱいになります。

被害者意識を満喫?する訳です。

しかし、本当にあなたは
被害者なのでしょうか?

大したことないことにキレて
「バカ!」と罵倒してくる相手こそ
大人げない「ガキ」とも言えます。

「バカ!」と言われて

「あんたからバカと言われたくないよ!」
と切り返せば、被害者にならずにすみます。

「こんなことでキレてどうするの?」
とたしなめれば、相手も黙り込みます。

怒りには怒りで反応する

そんな反応パターンだけでは
こちらの気分が悪くなるだけです。

人間関係が悪化したとき、
あなたの感情を不快にしているのは、


相手の発言や振る舞いではなく、
それに対する自分の解釈や反応なのです。


傷つけられたと解釈するから
ムカっと頭にくるのであって

「すぐに感情的になってバカじゃないの」と
相手の単純さをあきれる選択もできます。

せっかちな人から見れば、
マイペースなあなたのことを
「のろま」とイラつくかもしれません。

もの静かな人から見れば、
話好きなあなたのことを
「うざい」と辟易するかもしれません。

けれども、

「バカ」「のろま」「うざい」と
相手から言われたとしても

それはその相手がそう思うだけで
世界中の人がそう思っている訳ではありません。

あなたの価値は、あなたにしか決められません。

ここが重要な点です。

対人関係で悩んでいる人は、
自分が相手の発言や振る舞いで
被害者になっていないかを
再点検してみてください。

あなたを苦しめているマイナス感情は
あなたの解釈や選択次第で
吹き払い、塗り替えることができるのです。


といっても、

言われっぱなしにせず
配慮ない相手をやり込めろと
言いたいわけではありません。

ある現象に対して
自分を不快にする解釈や反応をする
悪しき思考クセを見直してはどうですか
と提案しているのです。

なんかの参考になれば幸いです。

湧き上がる悪しき感情の
奴隷にならないように
反応の選択肢を広げませう!


参考サイト
 ↓↓↓

▲上画像にURLのリンクを貼っています。


▲上画像にURLのリンクを貼っています。




スポンサーサイト
幸せの思考法 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/09 18:12
コメント

管理者のみに表示