FC2ブログ
2018
07.23

熱中症対策のカギ「深部体温」とは?

Category: 雑記つれづれ


スマホで配信されてくる記事の中に
熱中症対策として興味深いネタがあり、
備忘録としてブログに書きます。

すでにご存知の方も多いと思いますが、
テーマは「深部体温」についてです。

配信されてきた記事から抜粋します。

★熱中症による「めまい」の原因

まずは、熱中症の初期症状である
「めまい」がなぜ起きるのかの
おさらいからです。

暑さで体温が上昇すると、
体にこもった熱を外に逃がして

体温を下げようと、
皮ふの血管が広がります。

すると、

全身を流れる血液の量が減り、
血圧が下がり、脳への血流が減少します。

炎天下や暑い室内での長時間労働や
スポーツなどにより体内に熱がこもり、

脳への血流が減ることと、
脳そのものの温度が上昇することで

めまいや立ちくらみ、
一時的な失神といった
熱失神の症状へとつながります。

呼吸の回数も増え、脈は速く弱くなり、
唇のしびれなども見受けられます。

★「深部体温」とは?

では、本日のテーマ「深部体温」について。

「深部体温」は、なじみのない言葉ですが、
「臓器の温度」のことを意味します。

臓器の温度は、皮膚温度よりも
普段から1度ほど高い状態にあるそうです。

★猛暑で体内に熱がこもる要因

普段は運動したり気温の影響で
体温が上昇しても、

かいた汗が蒸発することで
表面の温度を下げ、

熱を放出することで
深部体温も併せて低下していきます。

しかし、今は気温が
体温よりも高い状態にあることが多く、
外の熱が体内に入ってきてしまうそうです。

汗の蒸発が不十分な状態になり、
熱が体内にこもることによって

深部体温が下がらない状態が
続いてしまいます。

熱中症のような、
嘔吐や頭痛などの症状が出てきた時は、
深部体温も上がっている可能性があります。

深部体温が…

①40度で全身けいれん
②42度で多臓器不全
③44度で脳障害の可能性あり

場合によっては、
死に至るケースもあるそうです。

★深部体温を効果的に下げるコツ

首や脇の下など、大きな血管の近くを
氷などで冷やすのが、体温を下げるのには
効果的と考えがちですが、

その方法では、急速に冷えることによって
脳が「体温が下がりすぎた!」と感知し、

それ以上体温を下げないようにする
機能が働いてしまうそうです。

★「脳から遠い部分を冷やす」べし!

上記したように、身体を急激に冷やすと
脳が防御反応をしてしまうので、
脳から遠い部分を冷やすこと。

手や足などの末端は、
冷えるまでに時間がかかるので、

循環器系の血管の熱を
脳が勘違いしないように
ゆっくりと冷ますのが有効。

具体的には、

手のひら、足裏、頬を
(氷水ではなく)10~15℃の水に
5~10分ほど浸すのが良いそうです。

<参照サイト>

TV「直撃LIVE グッディ!」7月19日放送分より
https://www.fnn.jp/posts/00339310HDK

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/586-4d23dd31
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top