FC2ブログ


   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2018 >>
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
熱烈歓迎
検索フォーム
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集


自分のモノサシでは測れない人もいる。

   


自分のブログ記事を読み返すことがあります。

その中に、6年前の9/22に更新した記事があります。

まずは、お読み下さい。



■自分の今の「モノサシ」が最適とは限らない。

モノの見方や出来事への解釈が変わると、評価が変わります。

イヤでイヤで仕方なかった奴が、自分が心底困っている時に、手を差しのべてくれると感謝感激!

「なんだぁ、本当は善いトコもあるじゃん!」と評価が変わったりします。

モノの見方や出来事への解釈が変わると、評価が変わります。

良い例が「氷」です。

真冬は見るのも嫌ですが、 真夏は実にありがたいモノです。

氷は最大0度で、冷やせばどんどん冷え、 絶対零度すなわち-273度まで冷えます。

例えば、同じ-30度の氷でも、夏は「気持ちいい」と思い 、冬は「寒々しい」と思います。

同じモノが、自分の都合や考え方、解釈で変わる訳です。

現在、困ったと思うこと、イヤな奴だと思うことなどなど…。

自分の考え方や解釈を少し変えてみることで、また違った評価が出来るようになるかもしれませんね。

今、自分が使っているモノサシがベストとは限らないのですから。

この記事を書いた当時には、こういうモノの見方をすれば、確かに気持ちが楽になると考えていました。

しかし、最近は、自分のモノの見方を変えるだけでは、まだ足りないのではないかと考えるようになりました。

■あなたの周りにこんな人いませんか?

下記の緑枠内の順位は、500名を対象として実施した「gooランキング」でのある順位です。

何の順位かは後回しにして、あなたの周りにこんな人がいないかをチェックしてみて下さい。

1位 自分に不利なことがあるとすぐに怒る。

2位 自分より立場が下だと思う人を見つけて偉そうな態度をとる。

3位 間違いを指摘しても素直に認めない。

4位 失敗を他人のせいにする。

5位 イライラすると物に当たる。

6位 ゲームに負けると不機嫌になる。

7位 嫌なことを他人に押し付ける。

8位 他人の自慢話には必ず自分の自慢話を重ねる。

9位 好きな人と嫌いな人への態度がまるで違う。

10位 他人の揚げ足を取って喜ぶ。

11位 不機嫌そうな態度で周りを不快にさせる。

12位 自分が幸せになることしか考えず、傍若無人な態度をとる。

13位 自分の要望を絶対に押し通そうとする。

14位 他人がチヤホヤされているとイライラする。

15位 集合時間に必ず遅刻する。

16位 嫌なことがあると「自分は不幸」と騒ぎ始める。

17位 趣味が合わない人がいると「あの人は変わっている」と陰口を言う。

18位 他の友だちと仲良くすると怒る。

19位 不幸な人を見つけて「あの人より自分はマシ」と思う。

実は、これは「精神年齢が低いと思われている人の特徴ランキング」なのです。

※引用先:シゴトノ
https://shigotono.com/youchi-3500

■最近の私を悩ます「困ったちゃん」の話

私がどんなに、モノの見方を変えようと試みても、「ウソだろう?」という位、私の神経を逆なでする人(Tさん)がいます。

Tさんには、私の「人を理解する」モノサシが通用しないのです。

相手のことを考えたら、私なら「絶対やらない」ことを平気でやってくれます。

仕事上の事情で、明日もTさんに会わないといけない日は、マジでブルーな気分に陥ります。

魂磨きをやるんだと決意して、人と接する時は「徳積み」を心がけている最中だというのに、「神様、こんな人がいるなんて、反則じゃないのですか?」と言いたくなります。

■「精神年齢が低い幼稚な人」の特徴とは?

上記で「精神年齢が低いと思われている人の特徴ランキング」を紹介しましたが、最近の私を悩ませているTさんを観ていて感じることは、



①自己中心的で思いやりがない。

②自分を客観的に見ることができない。

③感情をコントロールできない。

という特徴が言えると思います。

特に①については、Tさんが人に対して「思いやり」だと思ってやっていることの殆どは、「お節介」なのです。

その挙句に、「俺は優しいだろう?」なんて自慢げな顔をしています。

精神年齢が低い(幼稚な)人というのは、「自分の気持ちが中心で、自分の感情に支配されて、自分の基準が世の全てだ」と思っています。

対人関係の中から学びを積んできた人なら、「自分の基準は他人には通用しない」というのが分かるはずなんです。

しかし、幼稚な人というのは、自己理解が甘くて自分を客観的に見れないために、感情をどうしたら良いか分からず、そのまま表現してしまうのです。

まだ人生経験が足りない幼い子供のまま大人になった感じです。

・その場の状況や空気が読めずに、視点が「感情と今ココ」にしかなく、視野が物凄く狭い。

・相手の立場や気持ちが分からない。

つまり、自分がそんな振る舞いをしているという自覚がないのです。

自覚がないから反省がなく、いつまでも人付き合いが改善されてゆきません。

キリスト教では、「汝の隣人を愛せよ」と教えていますが、

こんな幼稚な人にまともに向き合えば、「こいつなら大丈夫だ」とウザい言動はどんどんエスカレートしてゆくだけなのです。

あまり関わりすぎると⾯倒な事にもなってくるので、適度な距離感で受け流すのが⼀番です。

■精神年齢が低いまま大人になる理由?

精神年齢が低いまま、幼稚な大人になってしまう理由として、

①親からの愛情不足

②親の過保護

③他人を正面から向き合わない

④自己理解が甘い

などが挙げられます。

特に「④自己理解が甘い」という自覚の足りなさについては、本人が気づいて改善してゆくべき「その人の問題」なのです。

「そんな人には、適度な距離感で受け流すのが⼀番」というと、なんだか冷たいように感じる方もいるかと思いますが、「その人の問題」はその人しか解決できないのです。

本人にその自覚や、それを改善する心の準備が出来ていない状態の時に、いくら周りがそれをなんとかしてやろうと考えても無理であり、お節介なのです。

■対処法は、自分と違う存在をただ受け入れるだけで良い。

他人の気持ちを察することができる人は、相手が不快になる言動を控えようと心がけます。

同じことを言うのにも、できるだけ柔らかい言い回しをしようと配慮します。

私がTさんに対して不快感を拭いきれないのは、「自分だったら他人にやらないことを平気でやるなんて許せない!」と責める気持ちがあるからだと思います。

それぞれに生まれ育った環境は違います。

その人がどんな価値観を持っていようが自由です。

その違いを受け入れようとしないのは、私の単なる傲慢さではないかと気づきました。

ただ「そんな人もいるんだなぁ」と受け入れれば良いだけでした。

そんな相手に「他人を思いやる気持ち」を期待しなければ良いのです。

重要なことは、幼稚な振る舞いをしてくる相手に対して、「自分も幼稚な反撃をしていないだろうか?」と省みる視点です。

『人の振り見て我が振り直せ』

思い返せば、私もTさんに対して、かなり辛らつな応対をしていました。

相手の気持ちを察するスキルが低いTさんは、それでメゲるどころか、私が反応したことに喜んで、よけい幼稚な言動をしてくる繰り返しでした。

『人の振り見て我が振り直せ』

世界人口は、74.42億人。

自分の常識や感性と違う人がいるのが当たり前なのです。

自分と違う反応をしてくる人に対して、いちいち目くじらを立てる必要なんてないのです。

ただ「そんな人もいるんだなぁ」と受け入れて、一定の距離を保つようにすれば良いだけです。

そんな人に否定や批判をして、心を奪われることの方が問題です。

自分が不快な気分でいると、さらに不快な事態を引き寄せてしまいます。

相手が不快な振る舞いをしているのではありません。

相手の振る舞いを「不快だ!」と自分が解釈しているのです。


相手は自分らしく振舞っているだけなのです。

だったら、こちらも自分らしく振舞えば良いのです。

人付き合いは、できるだけ「柔らかく」「温かく」という心がけを良しとするなら、どんな相手にもそれを貫けば良いのです。

そんなことをTさんから学んだ気がします。

もちろん、Tさんには一定の距離を保ちながらの話ですが…。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/590-c2ea6ef4
<< NEW | TOP | OLD>>