FC2ブログ


   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2019 >>
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
熱烈歓迎
検索フォーム
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集


睡眠タイムは、魂の休息タイム。

   


私は今年63歳ですが、バカみたいによく寝ます。

少なくとも、一日6時間以上は寝るようにしています。

「やりたいことが多すぎて、寝るのが勿体ない」という人もたまにいますが、それはそれでOKだと思います。

私がなぜ、出来るだけ睡眠時間を増やそうとするかと言えば、「たくさん寝ておけば、何が起きても実力が発揮できる!なんとか対処できる!」と思い込んでいるからです。

人生、良いことばかりが起きる訳ではありません。

時には、「マジで?」と戸惑う予想外の事態に遭遇することもあります。

そんな時に、充分な睡眠時間を取っていれば、「昨日たくさん寝た分、今の俺はエネルギー満タンだから、絶対に対処できるハズ!」と、ひるみそうになる自分の背中を押すことが出来る気がするのです。

根拠なんてありません。ただ、そんな気がするのです。

本日、転載してご紹介する記事は、そんな私の思い込みを裏打ちしてくれるピッタリの内容です。

「嘘か本当か」

私にとって、そんなことはどうでも良いことです。

私が「やっぱりなぁ!」と思えば、私の人生の教科書になります。

そんな意味で、あなたにも是非、読んで頂きたい記事です。



■睡眠は魂のエネルギー充電と守護霊さんたちとの作戦タイム

スピリチュアルな観点では、「人間の身体には魂が宿ってる」と考えます。

じゃあその魂はどこから来たの?っていうと、あの世とか天国って言われる場所から来たと考えます。

あの世って、物質とか物理法則に囚われないエネルギーが全ての自由な世界なんですよ。

距離も時間も一切関係無い世界。おまけに人間関係も自分と波長の合う人としか付き合わなくてオッケー。

でも、この世ってそういう訳にいかないじゃないですか?

どこか移動するにも時間かかるし、何か物を得るにも部屋の収納スペースやお金の事を考える必要がある。

人間関係だって色んな人がいる。

なので基本的に人間は日々色んな事考えて生きてるので、エネルギーは消耗する訳です。

(人が何かを考える回数は一日に6万回なんて言われてますね。)

なので1日に1〜2回、あの世に里帰りして潜在意識に入ってきた情報を整理したり、エネルギーの充電する必要があるんですね。

それが睡眠です。

仕事が終わったら、家に帰ってリラックスしたり、その日の資料をまとめたり、家族に「今日こんなことがあってさ」って話しますよね?

それと一緒です。

そしてその里帰り中に、自分の担当の守護霊さん等と、今後の歩み方について作戦会議をしたり、「これから会う人」に先にご挨拶したり、「これから行く場所」に事前に下見をしたりするんです。

デジャヴ(既視感)や「この人どこかで会ったことある気がする」とか、「この場所初めて来た感じがする」ってのが起きるのはその為ですね。



知ってました?

寝ている時に、私達の『魂』は休息に入ってるようです。

最近私の周りの方が『寝ても寝ても寝足りないんです~』と聞くのですが、それは正に魂に還って休息が必要な時なんですよ。

逆に寝なくても全然平気っていう方も中にはおられます。

それは、起きてる時に魂に沿って生きている状態なんですって。

自分らしく、自然体で生きている方は、無駄なエネルギーを使わずに過ごしているからこそ、寝る時にそんなにエネルギー充電をせずにでも活動出来るようなのです。

眠たい・寝ても寝ても寝足りないと言う方は、それぐらいエネルギー充電を必要として、日常を自分らしく生きていないのかも知れません。

何処かで自分を『抑圧』し、『我慢』して生きているのかも知れません。

自分を制限し、窮屈な状態に閉じ込めてる時間が多すぎると『魂』は疲れてしまいます。

生まれたての赤ちゃんはこの世に誕生して、とにかくよく寝ます。

赤ちゃんがよく寝るのは『魂』に還って充電してるのです。

『魂』と『身体』が馴染む様に徐々に慣らしていくものが、『寝る=魂の充電』なのです。

そうして、赤ちゃんは月日と共に魂が身体に馴染んで、寝る時間も段々と短くなっていくようです。

魂の世界は制限が無い世界であり、身体の世界は制限だらけの世界なのです。

大人の私達はこの身体の世界の中で、過酷な制限を設けて魂の存在を忘れて過ごしているのです。

魂の存在は『本来の自分』であり、『本当の姿』です。

例えば、相性の良い神社に行くと、エネルギー充電が出来て、心も体もとても元気になります。

これも神社のフィールドで魂のエネルギー充電が行われて魂が喜んで活力が整うのです。

もしくは、人と会ってめちゃくちゃ疲れたり、逆に元気になったりするのも、

『魂』が喜んだり、逆に『魂』が疲れたりして、心身に良くも悪くも出るのです。

私達が『魂』で生きているモノサシは、寝る時間と比例するようです。

寝ても寝ても寝足りないくらいの方は、抵抗せずに寝まくって下さい。

宇宙の力が『個人』に働いて、浄化しているようなので。

そして、しっかりと休息されたら、自然と自分の活力が戻って、次なるステージに向かって進んでいったら良いのです。

しっかりと休息出来ずに、中途半端な状態を続けてると、次なるステージへと向かっていく活力が養われないので、

自分が行きたいステージへ向かう事を止めてしまいます。

ですから、しっかりと魂を休息する事が大切になっていくのです。

私達の身体はとても良く出来ています。

身体が示す大半のサインは快・不快で、教えてくれるのです。

眠たい時にはしっかりと休息を取って、不快で表されるサインの時はしっかりとそのサインに従っていく事が大切なこと。

身体は正直で素晴らしいセンサーなんですね。

この体感を無視し続けてると、どんどんこのセンサーは鈍くなって、使えなくなって、心・身体・頭を一致させる事が難しくなってしまいます。

難しくなるとどうなるのか?と言えば、どんどん魂の声も聞けなくなり、身も心も魂も枯渇しちゃうのです。

枯渇してしまうと無気力になり、やる事する事が面倒くさくなったり、時折ボ~とする時間が多くなって、時間に追われてしまう日常になっていきます。

そうなると、自分自身に余裕が無くなって、情緒も整わずに、どんどんどんどん悪循環していくのです。

もしこの様なパターンになっていたとしたら、

お仕事があるかも知れないけれど、

用事が立て込んでるかも知れないけれど、

どうか勇気を持って、自分を取り戻す時間を与えて下さい。

仕事を暫くの間 自分の為だと思って、長期で休んで下さい。

3日くらいのお休みでは取り戻せません。

1週間休んでやっとこさ自分の体感覚が元にもどりつつある様になってきます。

自分の為に、これからの人生の為に、家族の為に、お休みを取って自分を取り戻して下さい。

1度枯渇しきった活力(魂)が元気になるのは、休息する時間が必要なのです。

そうすると、その休息の時間をキッカケに、よい流れが起こるモノになってきます。

長期の無気力感から脱するキッカケになるのです。

焦らないで、しっかりと休息をとる事が、これからの流れを変える転換期となっていくと思います。

「自分を大切に扱う」「自分を愛する時間」を是非勇気を出して取ってあげて下さい。



スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/592-a220de01
<< NEW | TOP | OLD>>