FC2ブログ

マイルールを見直そう!



交通ルールと同じように、プロ野球にも大相撲にも「ルール」があります。

そして、あなたや私にも「マイルール」があります。

長い人生経験の中で培った自分なりの処世術・決まりごと・こだわりみたいなものです。

見方を変えれば、その人のマイルールがその人らしさを形づくっているのかもしれません。

本日は、「定期的にマイルールを見直そう!」というテーマです。

なんでかといえば、より「気楽に生きる」ためです。

このブログを読んで下さる方は、「幸運のタネをまこう!」というタイトルですから、そんな若い世代の方ではないと推察しております。

私を初めとして、数年後もしくは10~20年後には、「お迎え」が来てもおかしくない世代の方が殆どだと思います( ◜◒◝ )♡

ならば、残された人生を深刻に生きたって仕方ない。

もっと、「気楽」に生きましょうよ!と言いたい訳です。

■「ねばならない思考」が自分を傷つけている。

どこかのブログで読んだフレーズですが、「自分はこうあらねばならない」という思考グセが自分自身を必要以上に追い詰め、人生を生き辛くさせたりしています。

例えば、あなたが何か失敗をしたとします。

・そんなつもりではなかった失言で相手を傷つけてしまったり、

・考え事をして上の空だったために、いつもはやらない凡ミスで相手に迷惑をかけたり…

そんな時、あなたは「そんな自分が許せない!」とガンガンに自分を責めたりしていませんか?

何を隠そう、私がそうなんですぅ(・・。)ゞ テヘ

でも、知っておいて下さい。

実は、あなたが「何をどんな風に失敗したか?」よりも、あなたが「どう自分を責めたか?」の方が心の痛みは大きくなるのです。

いくら悔やんでも、「やっちまった」失敗はどうしようもありません。

大事なことは、「それからどうするか?」に集中することです。

汚名挽回のチャンスなんて、いくらでもあるのですから(♥◠‿◠)ノ

■マイルールを見直そう!

こんな拙いブログを読んで下さる、私にとってかけがえのない友人であるあなたが、もし、なにか辛いことがあるとすれば、私も切ないです(´_`。)

そんな時は、あなたのマイルールを見直してみたらいかがですか?

車だって、定期点検があるのですから、マイルールだって、定期点検が必要ですよね(*^ ^* )V

『ポジティブな人は、問題にフォーカスするのではなく、問題解決にフォーカスする』

こんなことを前回の記事の中に書いたと思いますが、私もこれを自分のマイルールに加えました。

極端な事例を挙げると、

「あなたは胃ガンです」とお医者さんから宣告されたとします。

『ポジティブな人は、問題にフォーカスするのではなく、問題解決にフォーカスする』

この教えに従えば、「胃ガンになった」という問題にいくらフォーカスしても苦しいだけなのです。

「そうか、胃ガンになったか…」と受け入れ・開き直って、「では、どうするか」という問題解決にフォーカスしたら良いのです。

それは、闘病生活の覚悟を決めることだったり、家族に迷惑をかけることを詫びることだったりするのかもしれません…。

「ああ、胃ガンなんて、俺はなんてツイていないんだ!」と嘆かれても、家族が迷惑します。

極端な事例でしたが、起こったことは仕方ないのです。

嘆く暇があれば、さっさと、その問題解決の方法を考えた方が良いのです。

嘆いて解決するのなら、いくらでも腹いっぱい嘆けば済む訳ですが、それは起こった問題にフォーカスしているだけで、問題解決にはつながりません。

『ポジティブな人は、問題にフォーカスするのではなく、問題解決にフォーカスする』

あなたが、この教えに「なるほど!」と思うのならば、ご自分でも「不快な問題が起こった時は、問題そのものではなく、問題解決にフォーカスすべし」とマイルールに付け加えてみたら如何でしょうか。

本日のブログでは、これが伝われば充分です。

■最近、見つけた2つのお勧めのフレーズ。

私は、暇な時間、人様のブログを徘徊するのが趣味なものですから、気になるキーワードがあれば、その都度検索していろんな記事を読んでいます。

そんな私の、最近お気に入りのフレーズを2つご紹介して終わります。

①脳は、同時にひとつのことしか考えられない。

②現象は、現実化した時点で完結している。

興味のある方は、ご自身でキーワード検索してみてはいかがですか?

私もいずれ、このブログで記事にしたいと思うテーマです。

では、また。

「ご機嫌好う」です。



過去の記事ですが、マイルールを書き換えるための参考記事です。

上画像にURLを貼り付けておりますので、ご興味のある方はお読みください。


スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

熱烈歓迎

検索フォーム

プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
今年63歳になる「迷えるデブなおっさん」の雑記帳です。運が良くなるための生き方を調べて書いています。