FC2ブログ


   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2019 >>
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
熱烈歓迎
検索フォーム
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集


「現状肯定」が不機嫌を解消するコツ

   



あなたや私を「不機嫌」にさせる要因を書き出してみます。











運 







便

調







利益

愉快

出来

経済

…etc

もうお分かりでしょう。



現状否定

今の状態・今の状況・今の関係・今の環境など、現状を「不」と否定している自分の査定基準が、あなたや私を不機嫌にさせているのです。


「不」を生み出しているのは現状否定

もっと上を目指したい気持ちは、私も同じです。

けれども、よく考えてみて下さい。

現状を否定しても、

現状を肯定しても、

現状は変わりません。

別に、年金が増える訳でなし、

別に、顔のしわが減る訳でなし、

別に、宝くじに当たる訳でもありません。

けれども、自分の現状を、

「考えてみたら、有難いよねぇ!」

そう肯定することが出来たら、それだけでごきげんになれます。

年金も顔のしわも宝くじも関係ないけれど、なんか得した気分に浸れます。



そう、「不」は自分で貼ったり、剥がしたりできるのです。

不満の「不」

不便の「不」

不足の「不」

不運の「不」

不幸の「不」

「不」って、自分が勝手に貼りつけているシールです。

だから、剥がすことも簡単にできるのです。



「不」のシールではなく、「当たり!」のシールを上から貼り重ねることもできます。

ものの見方を変えるのに、自分に都合よく変えるのに、お金は1円もかかりません。

「今の自分は、ちょっときげんが悪いなぁ」

そう思ったら、自分が貼りつけてしまった「不」のシールを見つけて、さっと剥がしてしまいましょう。

自分が勝手に貼りつけているだけなのです。



満杯でなければ、満たされませんか?

足りてないのは、イヤですか?

精一杯頑張っているのに、あなたはなぜ、いつも満たされませんか?

不満足 

その査定基準は、本当にあなたの基準ですか?

その査定基準は、本当に正しいですか?

その査定基準は、絶対ですか?

足りていることを「当たり前のこと」だと、ろくに感謝もしないで、足りてないことにばかり目が向いていませんか?

歩けることは当たり前ですか?

目が見えることは当たり前ですか?



水に浮かんだアヒルのおもちゃ。

それは、「現状」という水面に浮かんだあなた自身。

満足感というその目盛の位置は、あなたが頑張れば頑張るほどに、「もっと上へ」「もっと上へ」と欲張って上がってゆきませんか?

向上心

確かにそれはとても大切だけど、度を過ぎて欲張るとあなたを不機嫌にする目盛になります。

あの時が一番良かった!

自分の瞬間最大値を査定基準にしてはイケマセン!

あなたが一番若かった頃を査定基準にしてはイケマセン!

あなたが一番きれいだった頃を査定基準にしてはイケマセン!

あなたが一番偉かった頃を査定基準にしてはイケマセン!

あなたが一番金回りが良かった頃を査定基準にしてイケマセン!

これまでの自分の人生の最高値と比べてはイケマセン。

今の自分が低く見えてしまいます。

今の自分が「不」だと感じてしまいます。

あの人は素晴らしい!

他人の良いところを自分の査定基準にしてはイケマセン!

周りのお金持ちを査定基準にしてはイケマセン!

周りの優れた人を査定基準にしてはイケマセン!

今の自分が低く見えてしまいます。

今の自分が「不」だと感じてしまいます。

現状の査定基準

あなたがあなたの現状を査定する基準は、あまりにも高すぎるのです。

「こうあるべき」が、あなたを「不」にしているのです。

ごきげんの査定基準

もっと優しい目を自分に向けて下さい。

昔と比べた100点なんて要らないのです。

人と比べた100点なんて要らないのです。

今がどれだけ楽しいか?

そのことが問題です。

その査定基準こそが必要なのです。

もっともっと、自分に優しい目を向けて下さい。

あなたに「不」なんてないのです。

あなたは、既に満たされています。

あなたは、既に恵まれています。



そんなのウソだ!

そう言い張るのなら、

どうぞ、大人の紙おむつをはいて実際に大便をしてみて下さい。

私は、かつて海外の技術研修時代に一度経験があります。

そんな羽目になった状況説明は割愛しますが、

「こんなみじめな思いをまたするぐらないなら、少しぐらいイヤな奴がいても大したことない!」

「こんな情けない思いをまたするぐらいなら、少しぐらい奥さんが冷たくても大したことない!」

「こんな哀れな思いをまたするぐらいなら、少しぐらい貧しくても大したことない!」

ガマンしきれずに、脱糞した後のお尻のまわりの屈辱的な不快感に、そんなことを思い知らされた体験があります(泣)

元気で生きていられる

それだけで、いまのあなたは最高なのです。

今日もごきげんに過ごして下さいね。

そうそう、できるだけ「不」を外すことを忘れないで下さいね (^-^)/



スポンサーサイト



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/627-350205b6
<< NEW | TOP | OLD>>