FC2ブログ


   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2019 >>
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
熱烈歓迎
検索フォーム
プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集


「不安」はありがたい番人

   


それまでは、割と機嫌良く過ごせていたのに、

「もし、こんなことが起きたらどうしよう…」という漠然とした不安がふと頭をよぎると気分は急降下。

以前は、そんなことがたびたびありました。

実は、不安になるのは、悪いことではありません。

「(頭をよぎったような)最悪な事態が実際に起きてしまったらどうするの?」という自分の内からの質問だと捉えれば良いだけです。

「そうならないように、事前にこうしておくよ。有難うね♪」とその質問への答えを返せば終わりです。

そんな対策を自分自身に返そうともせず、「どうしよう!そうなったらマジでヤバいなぁ…」とただ不安がっている状態がいけない訳です。

自分の内から質問が来たら必ず答えを返してゆく。

答えに正解なんてありません。

今出来る範囲の対策で良いのです。

これで不安感にさいなまれることはかなり減らせます。

自分の内からの質問への答えをキチンと返さないから、いつまでも質問が心をノックし続けるのです。

不安に関して、良い記事がありましたので、サイト紹介を兼ねて転載します。

タイトル画像にサイトURLを貼っています。

是非、アクセスして他の記事も読んで下さいませ♪




不安はあなたを守る番人だった
「不安」を無理に消そうとしなくていい。

「不安」がある自分を責めなくていい。

「不安」がゼロの人っていないですから。



「不安」はあって当たり前なんです。

何でかと言うと、「不安」はある種のセンサーなんです。

あなたが、人生をより良い方へ歩めるように導く役割があるんです。


ここまで、【昨日のブログ】で話しましたが、

例えば、「痛み」という感覚。

これが嬉しい人はいないですよね(笑)

「痛みが大好きなんです」って人いますか?(笑)

当たり前ですが、極力ない方がいいですよね。

でも、だからって、「痛み」という感覚が無くなると大変なんです。

例えば、床に釘が落ちていて、踏んずけてしまったとします。

刺さった瞬間に、「イテッ!」て感じるから、少しだけ刺さった時点で足を引っ込めて軽傷で済む。



なのに、「痛み」という感覚が無かったら、最後まで釘が足を貫通してしまいます

その後も、刺さったことに気付かず、手当もせず、血を流したまま歩き続けて、重症になってしまう。

「痛み」って嫌なものですが、無くなると困ってしまうんです。

あなたの身を守る為に、必要な一つの機能なのです。

これと、同じように、実は、「不安」も嫌なものですが、無くなると困ってしまうんです。

「何も困らないよ!」と言いたいかも知れませんが(笑)

それは、この宇宙の仕組みを忘れているから、そう思ってしまうんです。

ここで指す、宇宙の仕組みは現実が出現する順調のこと

【思考⇒現実】 

あなたが考えたこと・感じたことに、この宇宙が正確に反応して、「現実」として返答してくれます

ここで、試しに想像してみて欲しいのですが、

①この先、健康なあなた

②この先、不健康なあなた

①と②で、それぞれどんな感覚になりましたか?

きっと、

①は良い気分で

②は不安を感じますよね。

「不健康」について考えると、「不安」を感じるのは、床に落ちた釘が少し刺さった状態と同じなんです。

「イタッ!」って、つまり、それ以上踏み込んだら危険!というサインです。

「はやく足を引っ込めて!それ以上踏み込むと、重症を負ってしまう!」

というメッセージです

なぜなら、不健康について考え続けるということは、「思考」の力を使って、不健康な現実を自分の元へ引き寄せている状態なのです。

「それ以上、不健康について考えていると、望まない現実が、あなたの元へきてしまうよ!」ということを知らせるサインです。



つまり、「不安」という感情は、「望まない現実」を自分の元へ連れて来ようとしていることを知らせるサインなのです

「思考を向ける方向を変えて下さい」といサイン。

「不安」を感じる=望まない現実を引き寄せているサイン

不安とは、あなたを守る一つの機能なんです

無くすべきものではなく、感じたら意識を向ける・方向を変えるだけ。

自分が何について、考えているか気にしてみる。

「望む状況」について考えて、ワクワクすることも出来るはずなのに、「望まない状態」について一生懸命考え続けていないか確認してみてください。

「不安」は敵に見えて、本当は、味方なのかも。

あなたの元へ「望まない現実」を連れてこないため「番人」なのかも。



ありがたいですね。

だから、無理に消そうとするのでなく、受け入れて、認めてあげる。

そして、サインがきたら、自分の思考をチェックしてあげる。

あなたの元へどんな現実が来るかは、自分次第なんです

それは、他の誰にもコントロールできないのです。

自分が心地よくなる思考に意識を向け続けて下さい。

あなたが、心地よくなる情報を集めて下さい。

そうすれば、あなたの元へくる現実は、それに応じた現実になるのです。

難しく考えなくていいんです。

宇宙から見れば、どんな状況でもあなたは順調。

▲引用サイト:https://ameblo.jp/arinomama-imanori/entry.html


▲不安な感情には「こうする」と選択して折り合いをつける


スポンサーサイト



| comments(1) | trackbacks(0) | page top |
No title
最近は覗かずにおりまして、申し訳ありません。あら題名も変わっていて、私のためにかかれているように思いました。私も自分自身を60点で良し、あるいは50点で良しとする事にしましょう。自分をダメな人間だと思わないようにしようと思います。

今の自分にぴったりだと読ませていただきました。
ありがとうございました。


この記事のトラックバックURL:
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/644-e853a273
<< NEW | TOP | OLD>>