--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.12

風邪の楽しみ?「たまご酒」

Category: 健康について


季節の変わり目は、風邪をひきやすいといいますが、
私も風邪をひいてしまいました。

以前、風邪のひき始めの特効薬として
「生姜湯」をブログに書きましたが、

もうひとつ、呑ン兵衛の私の大好物
「たまご酒」があります。





これは、風邪を引いた時の
楽しみでもあります。

「たまご酒って、本当に効くの?」

冗談ではありません!
効果抜群!

このたまご酒は、古人の叡智なのです。

ベースになる日本酒の成分は
水・アルコール・糖分・アミノ酸など。

発汗で失われた水分を補給し、
血行をよくして体温を高め、
アルコール成分は寝付きをよくしてくれます。

ウィルスと闘うための重要な栄養素になる
糖分・アミノ酸も含まれています。

そして卵の方には、
良質な蛋白質のほかカルシウム・ナトリウム・
ビタミンA・B群・Dなどが含まれています。

また、市販の風邪薬などにも含まれている
「塩化リゾチウム」というのは卵白に含まれている
酵素・リゾチウムを精製したもので、

たまご酒は、ウィルスを退治するために
必要な要素が全て集められた特効薬だったというわけです。

ただしこの酵素、熱に弱い性質を持っていますから、
思いっきり煮立たせてしまうと
せっかくのリゾチウムが壊れてしまいます。

日本酒のアルコール分が飛んだら、
一度火を弱めてから卵を入れるようにしましょう。

一般的に言われる効能は酒によって血行を良くし
身体を温める効果と眠りを誘い身体を休める効果、
そして、卵の栄養と言われていますが、実は、

卵白に含まれるリゾチームによる
解毒・回復にその真髄があるとされています。

昔の人は経験的に知っていたのでしょう。
 
市販の風邪薬にも良く含まれている「リゾチーム」は
卵白由来の薬効成分です。

①細菌の細胞壁を溶かして死滅させる
②免疫や白血球の作用を増強させる
③痰や鼻汁の切れをよくし病原体や老廃物を速やかに体外へと出す
④病原体の侵入や炎症によって損傷した組織の再生力を増強させる

こんな働きがあるようです。
 
ひき始めに飲んで二次感染予防に良し、
最中に飲んで免疫強化に良し

治りかけに飲んで回復力アップに良しと死角なしですね。
「生姜湯と並んで風邪の時の民間療法の双璧だ」と私は思っています。 

 
※たまご酒と風邪薬の併用は厳禁です!

但し、たまご酒と風邪薬を一緒に飲むのはNGです。
風邪薬の多くは、アレルギー疾患の治療に使われる
「抗ヒスタミン薬」が含まれています。

この「抗ヒスタミン薬」は、睡眠薬と同じように
中枢神経を抑制させる働きがあるので
アルコールの作用を強くしていまいます。

基本は、かぜ薬を飲んだら
アルコールは飲まないようにします。

玉子酒だけであれば
中枢神経に作用する成分がないので大丈夫ですが、

たまご酒と一緒にかぜ薬を飲めば
中枢神経に対して抑制効果が強くなりますので、
副作用の危険性が高くなってしまいます。

また、かぜ薬とアルコールの併用は
中枢神経の抑制作用だけではなく、
肝臓の分解や解毒する働きにも影響を与えます。

薬もアルコールも体内に吸収されると
肝臓に運ばれて分解されますが、

薬とアルコールが肝臓に一緒に入ってくると
アルコールの分解が優先されて薬は後回しになります。

処方される薬は、肝臓で分解されることを考えて調整されています。
肝臓で薬の分解が遅れることによって
薬の血中濃度が高くなりすぎるので効果が強くなりすぎるのです。

☆インフルエンザは、当然、たまご酒では治りません!

軽い風邪の症状なら、カラダの芯まで暖まってぐっすり寝れば、
それで治まることもありますが、

その症状が単なる「風邪」の症状ではなく、
「インフルエンザ」の前触れだったとしたら、話は別。

インフルエンザ対策には、特効薬のたまご酒をもってしても、
効き目はありませんのでご注意を!

☆たまご酒の作り方
http://www.marukawaya.com/mamechishiki/mamechishiki24.html

■あまり火にかけすぎないことがポイント。
とろんとし始めてからは、目を離さないで、

ひたすら混ぜ続ければOK!泡立ちすぎる人は、
泡だて器で少しゆっくりめにかき混ぜてみてください。


本日はここまで。
よろしかったら1クリックを!
 ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↓↓↓
 

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/65-f51dc0d5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。