FC2ブログ

続・「いい人」をやめると、気が楽になる。



前回の記事「いい人をやめると気が楽になる」の続きです。

誰でも、人から嫌われるより、好かれる方が良いに決まっています。

だからといって、人の機嫌を気にする必要なんてありません。

「自分が相手からどう思われるか?」なんてのも、気にし始めると身動きがとれなくなります。

「自分らしく」いられなくなります。

■人の機嫌なんて、とらなくて良い。

職場の上司や先輩、あるいは周りの誰かが、なんだか不機嫌そうだと気になります。

ついつい、機嫌をとりたくなります。

でもね、それは相手の都合なのです。

体調が悪いのかもしれないし、どこかでイヤなことがあったのかもしれない。

相手の都合で勝手に機嫌を悪くしているのですから、あなたまで付き合う必要はありません。

厳しい言い方をすれば、関係のない人にまで自分の不機嫌を見せるなんて、いい歳をした大人がやることじゃありません。

「上司か先輩か知らんけど、なんでアンタの機嫌を私が取らなきゃならないの?」って話です。

そんな「かまってちゃん」に反応していたら、よけいクセになります。

普段通りのあなたで接しましょう。

その相手の不機嫌は、その相手の問題です。

「自分でなんとかしなよ」って、割り切って気にしないことです。

■みんなに好かれなくても良い。

「いい人」であろうとするのは、嫌われたくないからですよねぇ。

だけど、よく考えて下さい。

・嫌いな人

・相性が合わない人

・どうでも良い人


そんな人にまで、好かれたいですか?

そんな人から嫌われたって、なんか問題ありますか?

「私もアンタ嫌いだもん」ってのが本音でしょ?

だから、そんな相手にまで「いい人」ぶる必要はないです。

「普通」でいいのです。

「普通」で。


勿論、険悪な関係はイケマセン。

そんな相手ほど、最低限の差し障りのないつき合いに徹しましょう♪

■意外と、相手はそんなに気にしていない。

「自分が言ったことややったことで、相手が気分を害していないか?」

そんなこと、お互い様です。

その相手の言ったことややったことで、あなたが気分を害したこともあるハズ。

気にする人もいれば、気にしない人もいます。

問題は、その不快さを態度に出すか出さないかです。

だけど、あなたが気に病むほど、相手は気にしてないものです。

なぜなら、みんな自分のことで忙しいからです。

■誰からも好かれるのは無理

アメリカの臨床心理学者カール・ロジャースさんによる「人間関係の2:7:1の法則」というのがあります。

これを知っておくと、人間関係が苦手な人も気が楽になるはずです。

人間関係の2:7:1の法則とは?

あなたの周りに10人の人がいたとします。

そのうち、

①2名は気の合う人

②7名はどちらでもない人

③1名は気が合わない人

という法則です。

つまり、あなたがどんなに「いい人」を心がけても、必ず一人は否定的な奴がいるということです。

でも、気が合う人は、10人中2人もいて、残りの7人は、その場の状況次第で、あなたの味方になったり敵になったりすると言う法則です。

確かに、いろんな価値観を持つ者同士が交わる人間関係ですから、実際の比率はこんなもんです。

だから、どうしても相性が悪い「無理!」な1名のことは、割り切って「ポイ!」でいいのです。

むしろ、2名の「気の合う人」と大事につき合いながら、7名の「どちらでもない人」とより良好な関係を築いてゆくことにエネルギーを使いましょう。

■自分が機嫌よく生きることが最優先

私たちは、人の機嫌をとるために生きている訳じゃありません。

私たちは、自分が幸せになるために生きているのです。

だから、どんな出来事や状況に置かれても、自分の機嫌をとることをゲームだと思って楽しみましょう。

最後に、人間関係のキモは「程よい距離感」です。

仲の良い関係であっても、距離感を詰めすぎて、相手を束縛したり、依存するかのような関係は長続きしません。

親しき仲こそ、程よい距離感を心がけましょう。

関連記事



熟年夫婦の仲良しの秘訣


スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

熱烈歓迎

検索フォーム

プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
今年63歳になる「迷えるデブなおっさん」の雑記帳です。運が良くなるための生き方を調べて書いています。