何が悲しいかって、気分良く寝ているのに
朝方に尿意で目が覚めるぐらい、
腹立たしいことはありません。

まさか、60歳間近にもなって
オネショする訳にも行かず、

這うようにしてトイレへ向かう毎日です。



飲み友達に医者がおり、彼に相談したら、

「夜間排尿」とかいって、加齢による
腎臓の尿濃縮力の低下が原因だそうな。

寝る前に、水分、特にアルコールやコーヒーなど
利尿作用がある飲み物をとると
尿量が増えるのは言うまでもありませんが、

若いうちは、寝がけに「ジョンジョロリン」と
絞り出しておけば、朝までぐっすり眠れたものです。

 

年のせいといえば、それまでですが、
オシッコの悩みは、まだ続くのです。



あなたッ!


 


またトイレに、
オシッコをこぼしているわよ(`Δ´)!



そのたびに、ペコペコせねばならず
ダンナの権威はどこへやら…


オシッコも便座に座ってしたら!


業を煮やした家内から、
ついに言われてしまいました。


しかし、あーた!

50数年間、守り続けてきた男のプライドを
簡単に捨てる訳にはいきませんよ!

オシッコを立ってやるのが男
オシッコを座ってやるのが女


大昔から、そう決まっているのです。

おカマちゃんじゃあるまいし、
その境界線だけは、何が何でも
踏み越えたくはありません。

今更、オシッコを便座に座ってやるぐらいなら
死んだ方がマシです。


 

うーん、どうにかしなければ…。




そうだ!

あと一歩、
便器の前に立ってからやれば良いんだ!



だけど、進み過ぎたのが悪かった。

なんと、立ててある便器のフタの裏に
ションベンがまともにかかってしまった。


「バレたら、殺される!」


トイレットベーパーで
慌てて拭きあげました。

1歩は距離が大きすぎたのだ。
半歩にすれば良いに違いない!

とはいえ、いきなり半歩の距離感を
つかむのは難しそーだ。

そこで、試行錯誤の末、
私が編み出したワザは、

 

まず、1歩前進してから、
ムーンウォークの要領で
少し後退するというテクニック。

うーん、この感覚か。
よし、これなら大丈夫そうだ!


こうしたことを、
大事な「セガレ」をズボンからむき出しにしたまま

延々と15分もやっていたのですから、
思えば、情けない話です。


 

※もっとも私の場合、「しめじ茸」の露ですが…




おい、セガレよ
どうしてお前は、俺にそう迷惑ばかりかけるのだ?


と、お風呂につかりながら、
手にとってしみじみと語りかけるのです。

若い時分には、確かにお前のおかげで、
ちょっとは良い思いもさせてもらったが、
いま頃、どうしてグレたんだい?


いくら尋ねても、不良「息子」は重く小首を傾げて
ジョンボリと黙り込んだままです。

ちょっと、言い過ぎたかな…





といっても、コトの起こりは、

この不良「息子」にある訳ですから、
親としては、キチンと躾(しつけ)をしなければなりません。

ホント、バカな「息子」を持つと、
苦労させられますワイ!

※毎度、くだらない下ネタで申し訳ない (^o^;)

本日はここまで。 よろしかったら1クリックを!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
にほんブログ村 

  人気ブログランキングへ   

スポンサーサイト

<< 地獄坂 | ホーム | 腹筋、何回できますか? >>

コメント

良く話題が尽きませんね^^
感心して読ませていただいてます。
文才もあり楽しいですよ。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム