スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ったことは起こらない




      

  

-------------------------------------------

 

人間を「成功に導く階段」があります。

 それは「困ったこと」です。

 

「困ったこと」が起きたとき、

「困った」と言うと、

階段を一歩降りてしまうことになるんです。

 

ただ、そんなとき、

「おもしろいことが起きた!」と言うと、

階段をひょいと飛びあがるんです。

 

「おもしろい!」と言った時点で、

世間にも神様にも
「こんなことで困ってないよ!」という勝利宣言になるわけ。


 
このひと言で
「あなたの勝ち」が決定するんですよ!

 

-------------------------------------------


私ごときが、今さらご紹介するまでもなく、

 

斎藤一人氏の数々の著書から溢れ出る

教えや教訓に、目からウロコ!


勇気づけられたり、救われたりした人は、
山ほどいるのではないでしょうか?


もしかしたら、自殺を思いとどまった方さえ
おられるかもしれませんね。

 

斎藤氏の教えの中で、私が最も好きな言葉は、

困ったことは起こらない!」です。 

 

以前より、「山より大きな猪はいない!」

という言葉もありましたが、
 

この教えは、楽に生きるための

即効性のある妙薬だと思っています。 

私なりの解釈で、

ちょっと、極端な事例を挙げてみます。


 


会社が倒産して、
失業してしまったとします。



普通だと、とても「困った」出来事です。


 

しかし、「うーん」と唸ってみても、

職を失った事実は変わらない訳です。


経営者の無能を恨んでみても

自分の運のなさを呪ってみても

なにも変わりはしません。


つまり、


「では、これからどうするか?」という

問題解決の方向に思考を切り替えていかないと、

 

まさに、「困った」状態が続く訳です。

  

「ナゼ?どうして?」と


禅問答みたいなことを繰り返したところで、

そこには悟りなどありません。


 



ここで、大切なことは、


「失業した」という現実を受け入れて、

いかに早く次のステップに進めるかです。

 

大人になれば、お金、健康、人間関係…、

挙げればキリがないほど、

いろんな解決すべき問題が降りかかってきます。

 

そのたびに、困っていては、

神経がすり減るばかりです。

 

 


まずは、起こった現実をキチンと受け止めること、

次に最善の解決策を考え抜くことです。


 

「困ったこと」というのは、


自分がまだ手を付けていない

「未処理問題」にすぎないと

 

斎藤一人さんの教えから、

割り切ることができました。

 

今はもう、「なんでも来い!」の心境です。


 


 

相変わらず、いろんなことは起こるのですが、

 

おかげさまで、「本当に困ったこと」は

起こらなくなりました。

 

どんなことが起ころうと、

解決策を一生懸命考えて、

 

まわりの方のお力を借りながら

精一杯努力してゆけば、

 

なんとかなるみたいです。


 

 

なせば成る、なさねば成らぬ何事も

成らぬは人のなさぬなりけり

 

---上杉鷹山--- 米沢藩(山形県)藩主

 

自分の力を信じて

「困ったこと」をひとつずつ解決しながら、

楽しく生きていきましょう p(^^)q

 

おたがいに!


本日はここまで。 よろしかったら1クリックを!
 ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集
熱烈歓迎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。