--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.28

ペットを飼うごりやく

Category: 雑記つれづれ


       

最近、娘がコザクラインコをもらってきました。


頭と首のまわりの色が小豆色だというので
「にまめ」と名付けました。


生まれて1ヶ月前後らしいのですが
自分をインコと思っていないようで


ゲージに入れられると、とても機嫌が悪く
「出せ、コノヤロー!」とばかりに
とたんに鳴きわめき出します。


我が家のペットは、
もう長いことハムスターだけでした。



   ↑↑↑
写真のハム君は、もう8代目ぐらいになります。


コイツは、かなり臆病な奴で、

私がたまの気まぐれで
「出ておいで。おじちゃんと遊ぼー!」と


饅頭のかけらを手に乗せて、ゲージを開けると、
饅頭だけサッと奪って、巣の中に逃げてゆきます。

まったく、

「ペット道」をわきまえぬ、
けしからんヤローです。


といいながらも、コイツは、


以前、私が仕事でしくじりをやらかして
がっくり凹んで酒を飲んでいる時に、


「おっちゃん、元気だしーな!」と


心配そうなまなざしで、
じっと私の方を見てくれていました。


実は、意外といい奴なんです。



ペットを飼うと、


家族の共通話題が増えるという、
とても有難い「ごりやく」を得られます。


子供たちも大人になり、
それぞれ独自の世界を持つようになると、


同じ家の中に住みながらも
あまり話をする機会が少なくなりがちですが、


そこにペットがいるというだけで、
「今日はああだった、こんなことがあった」などなど、


お互いに関心のある、共通の話題ができ、
ほんわかとした、家族団欒が生まれてくるようです。


少々、キカン坊なペットでも、
人間関係のうざったさに比べたら
その程度はカワユイものです。 


ワンちゃんにも憧れはありますが、





ご近所さんが、雨の日も風の日も
散歩に連れて出る姿を見るにつけ、
自分たちには無理だなと思います。


その点、小動物は手間がかからず、
気軽に飼うことができます。


家族との会話がめっきり少なくなったなと
寂しい思いをなさっているのなら、


ハムスターや小鳥、あるいは金魚さんなど
飼ってみてはいかがでしょうか?


つかの間の家族だんらんが
蘇ること請け合いですよ。 





本日はここまで。 よろしかったら1クリックを!
   ↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://dejimablog.blog39.fc2.com/tb.php/82-8d94bded
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。