東京土産の赤パンツ

最近、東京に遊びに行って来た妻から
お土産に「赤いパンツ」をもらいました。



「赤パンツの元祖 巣鴨のマルジ」


明るい色は心理的にいいものですが、
アンチエイジング(抗加齢療法、抗老化療法)
にも良いとのこと。

 
昔から、「赤ふんどし」は有名ですが、

どうも、色というのは波長を発していて、
肌もその波長を感じることができるらしい。

肌にとっては赤やピンクのような明るい色の波長が良く、
暗い色の波長は良くないようです。



グレーや黒、紺系のパンツばかりはいている方は
一度お試しあれ。

※ただし、パンツの中の「モノ」まで、元気を取り戻せるかは保証しかねます。  

                                       
 

※おまけ

最近、ネットで見つけた面白いデザインのコップです。
これでジュースを飲むのは、ちょいキツいかもです。



ドイツのハンブルグで活動しているdonkey productsさんが
デザインした作品だそうです。
 

参照サイト
http://cambriangraphics.blog43.fc2.com/blog-date-200902.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナガサキブタロー

Author:ナガサキブタロー
シニア初心者の
悩める求道ブログです。
当サイトはリンクフリー、
転載フリーです。
相互リンクも大歓迎♪

特選ブログ・リンク集
熱烈歓迎